おすすめ記事

サポートラインの定義

サポートラインの定義
「持続可能な開発目標(SDGs)の実施指針を本日決定しました。日本は、これまで、持続可能な経済・社会づくりのため、国際社会のモデルとなるような優れた実績を積み重ねてきています。 今回決定した指針には、経済、社会、環境の分野における8つの優先課題と140の施策を盛り込みました。この指針で、世界に範を示し、持続可能な世界に向けて、国内実施と国際協力の両面で国際社会をリードしてまいります。 一点目は、国際保健の推進です。国際保健機関に対し、総額約4億ドルの支援を行う予定です。 二点目は、難民問題への対応です。今般、新たに5億ドル規模の支援を行います。 三点目は、『女性の輝く社会』の実現です。2018年までに総額約30億ドル以上の取組を行います。 来年7月には、国連で我が国の取組の報告も行う予定です。関係閣僚においては、今後も本実施指針の下、緊密に連携し、政府一丸で取り組むようお願いします。 」

カワサキ

メニュー

PRODUCT LINEUP 製品ラインナップ

751cm³~

Ninja H2R

Ninja H2 CARBON

Ninja H2 SX SE

Ninja H2 SX

Ninja ZX-10RR

Ninja ZX-10R
KRT EDITION

Ninja ZX-10R

VERSYS 1000 SE

Z H2 SE

Ninja 1000SX

Ninja 1000SX

Z1000

Z900RS サポートラインの定義 SE

Z900RS CAFE

Z900RS 50th Anniversary

Z900RS

Z900RS

Z900 SE

Z900 50th Anniversary

MEGURO K3

W800 STREET

W800 CAFE

401~750cm³

Ninja ZX-6R
KRT EDITION

Ninja ZX-6R

Z650RS 50th Anniversary

Z650RS

Z650RS

Ninja 650
KRT EDITION

Ninja 650

VULCAN S

Ninja ZX-6R

KX450X

KX450

251~400cm³

Ninja 400
KRT EDITION

Ninja 400

Ninja サポートラインの定義 400

126~250cm³

Ninja ZX-25R SE
KRT EDITION

Ninja ZX-25R SE

Ninja ZX-25R SE

Ninja ZX-25R

VERSYS-X 250 TOURER

VERSYS-X 250 TOURER

Ninja 250

Ninja 250

KLX230 S

KLX230 S

KX250X

KX250

KLX230R S

KLX230R

~125cm³

Z125 PRO

Z125 PRO

KX112

KLX110R L

KX85 L

  • ・表記価格(リサイクル費用を含む)はメーカー希望小売価格です。
  • ・メーカー希望小売価格は参考価格です。詳しくはカワサキ正規取扱店までお問合せください。
  • ・表記価格には保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用は含まれません。
  • ・改良のため仕様および諸元は予告なく変更することがあります。
  • ・車体カラーは撮影条件などから、実際の色と多少異なる場合があります。
  • ・写真は実際のモデルと一部異なる場合があります。
  • ・撮影に使用しているモデルは一部現行モデルとカラーリングが異なる場合があります。

Copyright (C) 2013 Kawasaki Motors Corporation Japan サポートラインの定義 All rights reserved.

チョコレート効果は低GI食品です。 チョコレート効果は低GI食品です。

GI値とは? GI値とは?

そこで着目すべき指標が、食品に含まれる糖質量とは別のGI値というものです。 GI値はGlycemic Index(グライセミック・インデックス)の略で、食品に含まれる糖質の「吸収の度合い」を示すものです。
血中のブドウ糖濃度はGI値が高い食品を食べた時ほど急激に上昇してしまいますが、GI値の低い食品ほどおだやかに上昇します。

血中のブドウ糖濃度が気になる人は食品に含まれる糖質量に目が行きがちですが、同じ糖質量を含む食品を食べても、血中のブドウ糖濃度の上がり方は異なります。
実は 食後の血中のブドウ糖濃度の急激な上昇を抑える観点で、 GI値の低い食品に着目することこそ重要 と言えるのです。

チョコレート効果のGI値測定試験~血中のブドウ糖濃度の推移~ チョコレート効果のGI値測定試験~血中のブドウ糖濃度の推移~

GI値はブドウ糖を摂取したときの血中のブドウ糖濃度の吸収度合いを100として、食品ごとに相対的に表されます。 オーストラリアの大学で行われたGI値測定試験では、同じ糖質量を含む基準食品(ブドウ糖)または「チョコレート効果」を食べた後の血中のブドウ糖濃度を測定しました。その結果、同じ糖質量にもかかわらず、ブドウ糖を摂取すると、血中のブドウ糖濃度が急上昇した後、摂取前より下回りました。それに対して「チョコレート効果」を食べた後は、血中のブドウ糖濃度の上昇が非常におだやかで、食後90分以降も食前を下回らず、安定しているという結果が得られました。
このことから、「チョコレート効果」はGI値が低い“低GI食品”であるということが分かります。

「甘くないもの=低GI」ではない。~糖質量よりGI値に着目を~ 「甘くないもの=低GI」ではない。~糖質量よりGI値に着目を~

東京慈恵会医科大学附属柏病院
栄養部課長/管理栄養士
湯浅 愛 氏

1994年、東京慈恵会医科大学附属病院栄養部に入職。
2013年より同葛飾医療センター、2017年より現職。
腎臓病、糖尿病を中心に、医師と連携したチーム医療活動を行い、患者が実践できる分かりやすい食事療法をめざして活動の場を広げている。

血中のブドウ糖濃度を気にしたり、体調管理をしている人のなかには、食品に含まれる糖質量に注意している人が多いようです。でもたとえ同じ糖質量でも、食品によって糖質の吸収度合いは異なります。よって単純な糖質量より、その食品のGI値に着目することが大事なのです。
また砂糖が入っていない食品にヘルシーなイメージをもっている人もいるようですが、例えばおせんべいは、主成分がお米であるため高GI食品で、血中のブドウ糖濃度が上がりやすい食品です。
一方、 高カカオチョコレートの「チョコレート効果」は、低GI食品であることが分かっています。

何ごとも過度の我慢は長続きしません。ですからチョコレートが好きな人には、低GIの 「チョコレート効果」 を少しずつ食べることをすすめることもよくあります。好きなものを我慢することはストレスとなり、QOL(生活の質)が低くなることにも繋がります。おいしい高カカオチョコレートなら、栄養管理も無理なく、長続きします。

心とカラダに嬉しい低GIの「チョコレート効果」~チョコをコツコツ食べる習慣に~ 心とカラダに嬉しい低GIの「チョコレート効果」~チョコをコツコツ食べる習慣に~

「チョコレート効果」 は、低GIなだけでなくさまざまな栄養成分が含まれているのも特徴です。 例えば、食物繊維など、普段の食事で不足しがちな栄養成分が含まれている点、ポリフェノールを手軽にたっぷり摂取できる点もメリットです。さらに、脂質が含まれているので、少量で空腹感が和らぎます。香りによる癒やし効果もあり、気分転換や気持ちを前向きに切り替えたいときにもおすすめです。

SDGsとは?


UN Photo/Cia Pak

SDGsの17の目標

SDGsの169のターゲット

サポートラインの定義
1.1 2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。
1.2 2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。
1.3 各国において最低限の基準を含む適切な社会保護制度および対策を実施し、2030年までに貧困層および脆弱層に対し十分な保護を達成する。
1.4 2030年までに、貧困層および脆弱層をはじめ、すべての男性および女性の経済的資源に対する同等の権利、ならびに基本的サービス、オーナーシップ、および土地その他の財産、相続財産、天然資源、適切な新技術、およびマイクロファイナンスを含む金融サービスへの管理を確保する。
1.5 2030年までに、貧困層や脆弱な立場にある人々のレジリエンスを構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的打撃や災害に対するリスク度合いや脆弱性を軽減する。
1.aあらゆる次元での貧困撲滅のための計画や政策を実施するべく、後発開発途上国をはじめとする開発途上国に対して適切かつ予測可能な手段を講じるため、開発協力の強化などを通じて、さまざまな供給源からの多大な資源の動員を確保する。
1.b 各国、地域、および国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した開発戦略に基づいた適正な政策的枠組みを設置し、貧困撲滅のための行動への投資拡大を支援する。

世界におけるSDGsと達成状況

SDGsがパワフルなところは、この数値目標を定期的にモニタリングしていくことです。その進捗をモニタリングしていく枠組みとして、国連ハイレベル政策フォーラム(HLPF:High Level Political Forum)というものがあります。

OECD 各国 アフリカ

日本におけるSDGs

「持続可能な開発目標(SDGs)の実施指針を本日決定しました。日本は、これまで、持続可能な経済・社会づくりのため、国際社会のモデルとなるような優れた実績を積み重ねてきています。

今回決定した指針には、経済、社会、環境の分野における8つの優先課題と140の施策を盛り込みました。この指針で、世界に範を示し、持続可能な世界に向けて、国内実施と国際協力の両面で国際社会をリードしてまいります。

一点目は、国際保健の推進です。国際保健機関に対し、総額約4億ドルの支援を行う予定です。

二点目は、難民問題への対応です。今般、新たに5億ドル規模の支援を行います。

三点目は、『女性の輝く社会』の実現です。2018年までに総額約30億ドル以上の取組を行います。

来年7月には、国連で我が国の取組の報告も行う予定です。関係閣僚においては、今後も本実施指針の下、緊密に連携し、政府一丸で取り組むようお願いします。 」

  1. SDGsと連携する「Society(ソサエティー)5.0」の推進
  2. SDGsを原動力とした地方創生、強靭かつ環境にやさしい魅力的なまちづくり
  3. SDGsの担い手として次世代・女性のエンパワーメント

① 経済、ビジネスにおけるSDGs

ちなみにSociety5.0とは以下で表現されています。
狩猟社会(Society1.0)
農耕社会(Society 2.0)
工業社会(Society 3.0)
情報社会(Society サポートラインの定義 4.0)
超スマート社会(Society サポートラインの定義 5.0)

【千田泰弘のエアモビリティ新市場のすべて】Vol.1 新たなモビリティ「空飛ぶクルマ」の定義と将来像

このように「空飛ぶクルマ」と言う概念は、「自動車」が空を飛ぶという考え方が発端でしたが、NASAが2002年に「Personal Aerial Vehicle(PAV)」の研究に着手し、翌年その成果を発表します。そこで、これまで普及しているセスナなどに代表される小型航空機と技術的にも用途的にも全く異なる航空機として提唱したことから、世界の注目を集めるようになったといわれています。余談ですが、NASAは2004年にそれまでもっぱら軍用として利用されてきた無人航空機を産業用に利活用する提案を発表し、これが世界で最初に「空の産業革命」を提唱したといわれています。

垂直離着陸機と空飛ぶクルマの区分

NASAの提唱したPAVは、欧米で1990年代から政策課題として検討されてきた、交通渋滞のない、環境にやさしい「スマートシティ」実現のための最重要手段である都市部交通(Urban Mobility)改革の切り札と認識され、名称も「Urban Air Mobility(UAM)」と表現されるようになり、これが今日では国際標準用語として定着しました。「地上交通を改革するための、手軽に空の利用ができる航空機」と言う意味が込められた名称ですが、当然のことながら、滑走路を不要とする垂直離着陸機能(Vertical Take Off and Landing VTOL)を前提とした表現です。

世界の空飛ぶクルマ市場と未来予測

現在、全世界でUAMの開発が行われており、その情報は米国のVertical Flight Society(VFS)に最も多く集まっています。この組織は1943年にアメリカヘリコプター協会として設立された歴史のある非営利団体です。VFSには、現在300以上の企業や研究組織が開発中の642種の機体が登録されており公開されています。登録開始の2016年には6機種に過ぎなかったものが、わずか6年後にこれだけに増えたという事実は開発のスピードが驚異的であることを物語っています。ドローンのこれまでの開発スピードよりはるかに速いといえるでしょう。開発企業・組織の90%は欧米で、アジアは10%となっています。多くの市場調査レポートが最大の市場はアジアと予測しているなかで、このアジアでの開発状況は寂しすぎるといえるのではないでしょうか。

VT(Vector Thrust)固定翼を持ち上昇時と飛行時で同一プロペラを使い、上昇時と飛行時でプロペラの方向を変える方式で、チルトローターともよばれる。
例:Joby Aviation(https://www.jobyaviation.サポートラインの定義 com/)など、127企業・組織、220種
LC(Lift&Cruise)固定翼を持ち上昇時と飛行時で異なるプロペラを使う方式でプロペラは固定式。
例:Honda eVTOL(https://www.honda.co.jp/news/2021/c210930b.html)など、66企業・組織、106種
MC(Multi Copter)ドローンで最も多く使われ、上昇と飛行を兼ねる複数のプロペラを持つ機体。
例:SKYDRIVE(https://skydrive2020.サポートラインの定義 com/)など、100企業・組織、175種
B(Flying Bike)バイクのように跨る一人乗りの機体であり、厳密には航空機に該当しない。
例:A.L.I.Technologies(https://www.xturismo.com/)など、61企業・組織、97種
H(Electric Helicopter)ヘリコプタやオートジャイロをモータで駆動するもの。
32企業・組織、44種

千田 泰弘

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)副理事長
一般社団法人JAC新鋭の匠 理事

1964年東京大学工学部電気工学科を卒業、同年国際電信電話株式会社(KDD)に入社。
国際電話交換システム、データ交換システム等の研究開発に携わった後、ロンドン事務所長、
テレハウスヨーロッパ社長、取締役を歴任、1996年株式会社オーネット代表取締役に就任。
その後、2000年にNASDA(現JAXA)宇宙用部品技術委員会委員、2012年一般社団法人国家
ビジョン研究会理事、2013年一般社団法人JAC新鋭の匠理事、2014年一般社団法人日本UAS
産業振興協議会(JUIDA)副理事長に就任、現在に至る。

エス・エム・エスと47ホールディングスが業務提携 送客を開始し健康経営を推進するオフィスづくりをサポート


■社会背景
近年、過労や職場でのストレスなどに起因したメンタル不調が増加傾向にあり、うつ病などの気分障害が原因で医療機関を受診する患者数は128万人に達しています(※2)。また、新型コロナウイルスの感染拡大により、テレワークの導入・運用が進んでいるものの、「長時間労働になりやすい」「コミュニケーションが取りづらい」といった課題が生じやすいことも報告されており(※3)、メンタル不調の一因となっています。

■提携の背景
当社は2019年4月より、企業の人事・労務担当者に向けた産業保健業務のサポートプログラム「リモート産業保健」を提供しています。これにより、労働安全衛生法をはじめとする法令遵守や従業員の体と心の不調への対策等を含む産業保健業務、産業保健体制構築を支援してきました。
47ホールディングスは、全物件仲介手数料無料の賃貸オフィス情報・仲介サービス「officee」(URL:https://officee.jp/)や、国内最大級のオフィス家具通販サイト「Kagg.jp」(URL:https://www.kagg.jp/)などを展開し、オフィス仲介事業・内装事業・家具EC事業を通じて、ワンストップで「よりよいワークプレイスの構築」に取り組んでいます。
リモート産業保健をはじめとする健康経営ソリューションを提供する当社と、働きやすい環境づくりを手掛ける47ホールディングスの知見を活かし、網羅的な観点で健康経営を推進するため、2022年5月に47ホールディングスと業務提携をしました。

■提携の詳細
今回の業務提携により、当社と47ホールディングスとの間で健康経営に関心をもつ企業の送客を開始します。これにより、従業員のメンタル不調などに産業医・産業看護職がアプローチする「リモート産業保健」の利用企業に対し、47ホールディングスの快適な職場環境づくりの知見から、休憩室設置などの相談に対応できるようになり、健康経営オフィスの実現をサポートします。

【「リモート産業保健」について】
企業の人事・労務担当者に向けた産業保健業務のサポートプログラム。産業医訪問やストレスチェックの実施、衛生委員会の立ち上げ・運営などを支援。産業医と産業看護職の2名体制で、訪問とリモートを組み合わせ、企業経営者・人事労務の負荷軽減と従業員の健康を実現します。
URL:https://sanchie.net/

【エス・エム・エスの健康経営ソリューション】
健康保険組合と企業が協力しコラボヘルスで推進する「健康経営」をトータルでサポート。フィジカル面を中心とした保健事業をサポートする「保険者・健康保険組合向けソリューション」と、メンタル面のサポートや職場の健康管理の整備をサポートする「人事・労務向けソリューション」を提供しています。当社が保有する医療従事者ネットワークを活用した質の高いサービスをICT/IoTを活用して提供、併せてデータなどの効果検証をワンストップで行うことで、企業・健保が抱える課題に対応しています。

(1)保険者・健康保険組合向けソリューション
①リモートチャット指導特定保健指導サービスおよびリモートチャット指導重症化予防サービス
生活習慣病予備軍や軽度および中度の糖尿病対象者に向けたリモートチャット指導サービス。スマートフォンでのWeb面談後、チャットを通じ、担当の管理栄養士から定期的に指導を受けることができます。専門医監修のもと行うため、通院中や服薬中(※4)の方へのサービス提供も可能です。
②ICTを活用した禁煙サポート「パーソナライズ禁煙指導サービス」
幅広い喫煙層に向けた禁煙サポートサービス。禁煙情報の提供と卒煙担当アドバイザーによるインタラクティブなサポートを通じ、喫煙欲求を乗り越える意思をサポートします。

(2)人事・労務向けソリューション
①企業の健康管理業務サポート「リモート産業保健」(URL:https://sanchie.net/)
企業の人事・労務担当者に向けた産業保健業務サポートのトータルパッケージサービス。訪問とリモートを組み合わせ、産業医と産業看護職による2名体制で産業保健業務の支援や、従業員の面談サポートを提供しています。産業看護職にオンラインで気軽な内容の相談ができるため、カラダとココロの不調への早期介入が可能です。
②女性の健康経営サポート「LADY to GO!」
働く女性従業員とその管理者に向けたプログラム。女性の健康課題に対するリテラシー向上のための情報提供や、医療職による遠隔指導での生活習慣改善サポートを通じて、働く女性の健康推進を支援しています。

※1:平成27年度健康寿命延伸産業創出推進事業健康経営に貢献するオフィス環境の調査事業「健康経営オフィスレポート」より。「健康を保持・増進する行動を誘発することで、働く人の心身の調和と活力の向上を図り、ひとりひとりがパフォーマンスを最大限に発揮できる場」を健康経営オフィスと定義。従業員の心身の調和と活力の向上を図るために、①快適性を感じる ②コミュニケーションする ③休憩・気分転換する ④体を動かす ⑤適切な食行動をとる ⑥清潔にする ⑦健康意識を高めるという7つの分類の行動をオフィス内で日常的に誘発させることが重要とされている
※2:厚生労働省「平成29年患者調査」より
※3:厚生労働省「テレワークにおけるメンタルヘルス対策のための手引き」より
※4:症状や服薬数によるサービス制限あり

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる