外国為替証拠金取引

FXでは売買比率が重要

FXでは売買比率が重要
第482回 ~チャートで読む円相場~ 2022年05月25日(水) 小池 正一郎 第481回 ~ユーロとパリティ~ 2022年05月18日(水) 小池 FXでは売買比率が重要 正一郎 第480回 ~足元は円高への調整予想~ 2022年05月11日(水) 小池 正一郎

マーケット情報

コラムイメージ

為替モーニング東京市場2022年5月26日 2022年05月26日(木) 鈴木 郁雄 為替イブニング海外市場2022年5月25日 2022年05月25日(水) 鈴木 郁雄 為替モーニング東京市場2022年5月25日 2022年05月25日(水) 鈴木 郁雄

毎日コラム マネパ為替分析 日刊レポート

コラムイメージ

臨機応変さが求められる局面…!? 2022年05月26日(木) 武市 佳史 意に反して“値を落とした”が…!? 2022年05月25日(水) 武市 佳史 「ボラティリティ旺盛」も、「様子見ムード」が立ちやすい…!? 2022年05月24日(火) 武市 佳史

週刊コラム 月曜日 外貨投資 転ばぬ先の智慧

コラムイメージ

第805回 米国株の乱高下に一喜一憂せず冷静に… 2022年05月23日(月) 田嶋 智太郎 第804回 “ステーブルコイン騒動”一服でリスクオフ後退 2022年05月16日(月) 田嶋 智太郎 第803回 やや過剰な正常化期待の向こうで燻る先行きへの警戒 2022年05月09日(月) 田嶋 智太郎

週刊コラム 月曜日 今週の為替相場、武市はこう見る

コラムイメージ

今週の為替相場、武市はこう見る [2022年5月23日(月)] 2022年05月23日(月) 武市 佳史 今週の為替相場、武市はこう見る [2022年5月16日(FXでは売買比率が重要 月)] 2022年05月16日(月) 武市 佳史 今週の為替相場、武市はこう見る [2022年5月9日(月)] 2022年05月09日(月) 武市 佳史

週刊コラム 水曜日 為替大観

コラムイメージ

第482回 ~チャートで読む円相場~ 2022年05月25日(水) 小池 正一郎 第481回 ~ユーロとパリティ~ 2022年05月18日(水) 小池 正一郎 第480回 ~足元は円高への調整予想~ 2022年05月11日(水) 小池 正一郎

週刊コラム 金曜日 YEN蔵の外国為替見聞録

コラムイメージ

しっかり利上げする通貨は上昇 2022年05月20日(金) YEN蔵(田代 岳) リスクオフの流れで新興国売りとなったが、ランド、ペソは反発 2022年05月13日(金) YEN蔵(田代 岳) FOMC前後で新興国通貨もボラが上昇 2022年05月06日(金) YEN蔵(田代 岳)

くりっく365 重要事項 (リスクについて)

AIゴールド証券

【流動性リスク】
取引所為替証拠金取引で提示する為替レートには価格差(スプレッド)がございます。取引所為替証拠金取引では、マーケットメイカーが買気配および売気配を提示し、それに対して投資家がヒットをして取引が成立する方式を取っています。そのため、状況(天変地異、戦争、政変あるいは各国為替政策・規制の変更、為替相場の激変等)によって、マーケットメイカーによる買気配および売気配の安定的、連続的な提示が難しくなることがあり、その結果、投資家に不測の損失が生じる可能性があります。また、一部の通貨においては母国市場等が休業となる場合等には、臨時に休場となる場合がございます。なお、平常時においても、流動性の低い通貨の取引を行う際には、希望する価格での取引ができないなどの不利益を被ることがあります。

【金利変動リスク】
取引対象である通貨の金利が変動すること等により、保有する建玉のスワップポイントの受取額が減少、または支払額が増加する可能性があります。建玉を構成する2国間の金利水準が逆転した場合等には、スワップポイントが受け取りから支払いに転じる可能性があります。また、一部の通貨においては対象通貨の需給の偏りにより、スワップポイントが金利差を反映せず、場合によっては金利の高い方の通貨を買い、金利の低い方の通貨を売る建玉を保有している場合であっても、スワップポイントの支払いが生じる可能性があります。

【コンバージョンリスク】
クロスカレンシー取引においては、決済が当該通貨ではなく円貨でなされることから、決済時に当該通貨の為替リスクの他に円との為替リスクがあります。

【システム障害リスク】
取引参加者及び東京金融取引所のシステム、または投資家、インターネット業者、東京金融取引所の間を結ぶ通信回線等に障害が発生した場合には、相場情報等の配信、発注・執行等が遅延したり、不可能になることがあり、その結果、不測の損失が発生する可能性があります。

【情報リスク】
取引参加者または媒介業者からご提供させていただく情報は、取引所為替証拠金取引の参考としていただく資料です。その記載情報は、信頼性、正確性、完全性において保証されるものではございません。また、情報内容も予告なしに変更することもございます。

【信用リスク】
取引所為替証拠金取引においては、投資家の取引を受託する取引参加者に対し東京金融取引所が取引の相手方となる「清算制度」を導入しており、投資家の証拠金は、全額、東京金融取引所が分別管理しているため、原則として保全されますが、取引参加者が破綻した場合には、その他の不測の損失を被る可能性があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる