FXチャート実践帳

仮想通貨デイトレードのやり方

仮想通貨デイトレードのやり方

GMOコインのスプレッドは現在0.08%とかなり低水準であり(※2019年2月12日時点であり、相場によって変動)、アプリでもテクニカルチャートを利用できる為初心者でも使いやすいです。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)でデイトレード!メリットやデメリットは?

デイトレードとは?


デイトレードとは、株やFX、暗号資産などの投資で使われる取引方法の一つです。デイトレードはその名の通り、1日の間でトレードを完結させ、それを繰り返して利益を生み出す方法のことです。

デイトレードの取引に求められる要素って一体?

暗号資産のデイトレード


1日のうちに取引が完結するデイトレードを行うには、投資対象が一定の条件を満たしていることが好ましいと考えられています。

1. 一定の出来高がある

2. 1日の値幅が大きい

ビットコイン(Bitcoin/BTC)でデイトレードをするメリット

ビットコイン(BTC)のデイトレード


ビットコイン(BTC)でデイトレードをするメリットとして、取引量が多い点や価格変動が大きい点のほかに、例えば2つ挙げられます。

1. いつでも取引が行える

2. 手数料が安い取引所がある

ビットコイン(Bitcoin/BTC)でデイトレードをするデメリット

ビットコイン(BTC)のデイトレード


ビットコイン(BTC)のデイトレードはメリットも多い反面、デメリットもあります。大きく分けて3つあります。

【完全版】仮想通貨の短期トレードのやり方やコツ|メリットや注意すべき取引所の手数料も解説

GMOコイン公式サイト


GMOコインのスプレッドは現在0.08%とかなり低水準であり(※2019年2月12日時点であり、相場によって変動)、アプリでもテクニカルチャートを利用できる為初心者でも使いやすいです。

また、2019年2月現在新規登録を一時停止していますが、既に登録済みの方であれば「bitFlyer」もおすすめです。

仮想通貨を短期トレードする場合も利益が出ると税金がかかる場合があるので注意

なお、仮想通貨の短期トレードで利益が出た場合は「雑所得」として分類され、所得税における総合課税の対象となり「確定申告」が必要となります。

所得税率

なお、その利益は「累進課税」の対象となり、以下の図に従って他の所得と合計して算出されます。

まとめ:仮想通貨の短期トレードで儲ける為のスキルを磨こう!

以上が仮想通貨の短期トレードについてでしたが、短期トレードで勝ち続ける為に最も大事なのは、自身で日々の相場を分析して、試行錯誤しながら勝率を上げていく事に限るでしょう。

執筆者プロフィール

ペイ編集長

キャッシュレスPAY編集長。2級ファイナンシャル・プランニング技能士。 新卒で大手総合金融機関であるSBIホールディングスに入社し、広告の運用やマーケティングに従事。 その後11ヶ月で退職して、現在は前職で培ったフィンテックやFPに関する知識を活かし、キャッシュレス決済に関する研究を続けている。

【仮想通貨投資の始め方講座】仮想通貨の短期トレードの様々な方法

bitFlyer


東証プライム上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社であるGMOコイン株式会社が運営する暗号資産取引所。FX取引高『世界第1位』※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月)のGMOクリック証券で培った金融サービスのノウハウが活かされている。日本円の出金手数料と、仮想通貨の入出金手数料が無料な他、GMOあおぞらネット銀行、ジャパネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行から手数料無料で即時入金が可能。

bitFlyer


2014年創業の独立系企業ビットフライヤーが運営する仮想通貨取引所。現物取引以外に証拠金取引や先物取引といったサービスを提供しており、差金決済/先物取引を含むビットコイン取引量は6年連続で国内 No.1の実績を誇ります(Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 仮想通貨デイトレードのやり方 2016年-2021年の年間出来高)。

DMM Bitcoin


株式会社DMM.comのグループ会社であるDMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所。FX口座数国内No.1(2020年1月時点に75万口座)のDMM.com証券で培った金融サービスのノウハウを活用し、株式などの金融商品取引経験のある投資家が利用しやすい取引サービスを提供している。レバレッジ取引の銘柄数は国内最多であり、スプレッドを解消する独自機能として「BitMatch注文」を現物取引とレバレッジ取引の両方に導入しています。クイック入金と仮想通貨の入出庫は手数料無料。

④スイングトレードに最適な仮想通貨取引所

  1. ステーキングサービスが利用できる
  2. レバレッジ手数料が低い

Coincheck

Coincheck


東証プライム上場企業(マネックスグループ)のグループ会社であるコインチェック株式会社が運営している仮想通貨取引所。使いやすさに定評がありスマホアプリは、2021年6月時点に累計ダウンロード数415万件を突破している。Coincheckでは「LSK」(リスク)を対象としてステーキングサービスが行われており、Coincheckの口座で10LSKを保有するだけで、週単位で自動的に報酬が付与される。

bitFlyer

bitFlyerのステーキングリワードサービスでは、1 日あたり平均 10 LSK 以上を保有しているユーザーに、bitFlyerが得たLSK報酬の一部を週単位で分配している。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる