FXの相対取引とは

オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう

オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう
FX入門・初心者

バイナリーオプションはテクニカル分析で勝率UP!

テクニカル分析

バイナリーオプションは、基本的に取引したい金融商品を選び、2択で決めるルールがあります。その為、勝率は適当に取引をしても50%。
つまり10回取引したら5回は成功するのではという確率です。

テクニカル分析で勝率が上がる理由

なぜテクニカル分析を行うと勝率が上がるかというと、

テクニカル分析とは 「 過去チャートの値動きのパターンから相場の先行きを予想するもの 」 だからです。

ですから、過去のチャートを分析して「 ~~のようなパターンの時は??%の確率で価格が反発する! 」といったように統計上の根拠を持って取引ができることになります。そのためおのずと勝率は上がります。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析の基本

テクニカル分析には準備がいる

  • パソコンまたはスマホ
  • インターネット環境
  • FX会社から提供されているMT4、MT5ツール

テクニカル分析で出てくる専門用語はしっかり覚えておこう

バイナリーオプションでテクニカル分析の知識は必須

  • 相場(レート)
  • チャート
  • ローソク足
  • オシレーター
  • インジケーター
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • トレンド
  • エントリールール
  • エントリーポイント

テクニカルチャートの見方について

チャートの見本図

実際の分析ツールの画面

テクニカル分析は取引する期間でやり方が変わる

オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう

期間 時間
短期 1分、15分、30分
中期 1時間、1日
長期 数日、1週間

オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう
期間 ローソク足
1分から1時間 1分足、5分足 15分足
1時間から1日 30分足、60分足 1日足

期間 主な手段 意味
短期 スキャルピング 数秒から数分単位で取引を何回も行うこと
中期 デイトレード 数分から数時間単位で取引を2回位行うこと
長期 スイングトレード 数日数週間単位で1回の取引を行うこと

テクニカル分析にはカテゴリーが存在する

インジケーターの基本図

トレンド系のテクニカル分析について

  • ローソク足
  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • パラボリック
  • 酒田五法

移動平均線

テクニカル指標の中でも移動平均線はとくに有名で、使用しているトレーダーが多いです。

一目均衡表

一目均衡表はとは昭和初期に生み出されたテクニカル指標で、 トレンドの方向性を見定めたり相場の強さを判断したりする 為に用いられています。和製テクニカル指標の一つで特徴的な「雲」という抵抗帯があります。一般的にローソク足と合わせて使用し、5本の補助線があります。

先行スパン1と先行スパン2の間が抵抗帯である「雲」となっており、この抵抗帯が厚ければ突破はしづらく薄ければ価格変動の前兆と予測することができます。「雲」と呼ばれる領域に着目するのが典型的な例です。一般に転換線が基準線を下から上に突き抜けている場合は「好転」(買いシグナル)、逆に転換線が基準線を上から下に突き抜けている場合は「逆転」(売りシグナル)となります。また 遅行線がローソク足を下から上に突き抜けたら買いのシグナルで、遅行線がローソク足を上から下に突き抜けると売りシグナル となります。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差で計算された上下の価格帯(バンド)を示したものです。この価格帯は相場のボラティリティー(価格変動の度合い)によって大きさが変化するもので、±1σ標準偏差内で動く確率は68.3%、±2σ標準偏差内で動く確率は95.4%とされています。 バンドが拡大傾向にあれば値動きが大きくなっている傾向にあり、縮小傾向であれば値動きは小さくなっている傾向に あります。ローソク足が±2σを抜けたタイミングで逆張りして戻りを短期で狙うスキャルピング手法で使われるほか、バンドが縮小から拡大傾向にあるタイミングでローソク足が終値で+2σを越えた段階で順張りする(バンドウォーク)を狙うことも可能です。

酒田五法は 基本的に上記の5つで構成 されています。

オシレーター系のテクニカル分析について

RSIとは相対力指数とも呼ばれており、買われすぎ・売られすぎが指数化されたもので、一定期間の相場の「値上がり幅」と「値下がり幅」を基に算出されます。数値は0~100で示され、一般的に70%~80%を超えると買われ過ぎ、逆に20%~30%を下回ると売られ過ぎで反転のサインとされています。逆張りトレードの参考指標として使われることが多く、持ち合い相場(レンジ相場)で有効に機能しやすいです。逆に相場に強い勢いがあってトレンドが出ている場合は逆張りのポイントでも機能しない場合があるため注意が必要です。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは持ち合い相場(レンジ相場)で、 一定期間の高値と安値を元にして現在の価格が買われすぎなのか売られすぎなのかを判断するテクニカル指標 です。動きの速い%K(パーセントK)ラインと動きの緩やかな%D(パーセントD)ラインの2つがあります。%Kラインが75%を超す水準では買われすぎで、逆に%Kラインが25%を下回る水準では売られすぎとなります。また、売買の目安として%Kラインが%Dラインを上抜けたら買いシグナル、%Kラインが%Dラインを下抜けたら売りシグナルです。ストキャスティクスは感応度が高いためダマシも発生しやすく、感応度を抑えたスローストキャスティクスを用いるトレーダーも多いです

MACDは移動平均収束拡散手法とも呼ばれており、「マックデイー」と読みます。移動平均線を発展させてより精度を高めるために開発されたテクニカル指標で、短期の移動平均線と中期の移動平均線の差によって算出されます。MACDラインとシグナルラインの2本があり、MACDラインが0よりも上にあるときは上昇トレンドで、反対に、0よりも下にあるときは下降トレンドになります。またMACDとシグナルラインのゴールデンクロス・デッドクロスで相場の転換点を捉えることも可能で比較的使いやすいテクニカル指標です。

TSUTAYA オンラインショッピング

ウルトラマンかるた

第1章 テクニカル分析を使いこなす4つのポイント(株価チャートの意味を理解することが大切;テクニカル指標は2種類に分けられる ほか);第2章 トレンド系のテクニカル指標を活用する(株価の動きが一目でわかるローソク足;株価のトレンドを把握できる移動平均線 ほか);第3章 オシレーター系のテクニカル指標の使い方(オシレーター系とトレンド系を併せ持つMACD;株価の上昇幅で過熱感を分析するRSI ほか);第4章 トレンドを分析して株式市場の状況を見極める(株価の方向性がわかるトレンドライン分析;株価のトレンドに合わせて売買方法を使い分ける ほか);第5章 売買タイミングをテクニカル指標で見極める(損失が発生するリスクを低減するテクニカル分析;テクニカル分析を行う流れ ほか)

【お届けの際のご注意】
▼発送時期について
BOOK予約商品のお届けにつきましては直送・店舗受取りにかかわらず、弊社倉庫に届き次第、発送手配を行います。
また、原則として、発売日に弊社の倉庫に到着するため一般の書店よりも数日お届けが遅れる場合がございます。
なお、書籍と書籍以外の商品(DVD、CD、ゲーム、GOODSなど)を併せてご購入の場合、商品のお届けに時間がかかる場合があります。あらかじめご了承ください。

▼本・コミックの価格表示について
本サイト上で表示されている商品の価格(以下「表示価格」といいます)は、本サイト上で当該商品の表示を開始した時点の価格となります。
この価格は、売買契約成立時までに変動する可能性があります。
利用者が実際に商品を購入するために支払う金額は、ご利用されるサービスに応じて異なりますので、
詳しくはオンラインショッピングサービス利用規約をご確認ください。
なお、価格変動による補填、値引き等は一切行っておりません。

■オンラインショッピングサービス利用規約
(1) 宅配サービス:第2章【宅配サービス】第6条において定めます。
(2) TOLピックアップサービス:第3章【TOLピックアップサービス】第12条において定めます。

【サイト表記の書籍カバーについて】
書籍のカバーは、期間限定で変更する場合がございます。
そのためサイト上で表記されたものとお届けした作品のカバーが異なる場合がございます。
カバー違いによる交換は行っておりません。

レンジ相場ではオシレーター系指標を参考にするのも一考

田嶋 智太郎

1964年東京都生まれ。1988年慶応義塾大学卒業後、(現)三菱UFJモルガン・スタンレー証券勤務を経て独立転身。名古屋文化短期大学にて「経営学概論」「生活情報論」の講座を受け持った後、経済ジャーナリストとして主に金融・経済全般から戦略的な企業経営、引いては個人の資産形成、資金運用まで幅広い範囲を分析・研究してきた。民間企業や金融機関、新聞社、自治体、各種商工団体等の主催する講演会、セミナー、研修等の講師を数多く務め、これまでの累計講演回数は3000回前後に上る。新聞・雑誌・WEB等の連載も数あり、現在は、日経BizGate(https://bizgate.nikkei.co.jp/)にて「先読み&深読み 経済トレンドウォッチ」などの執筆を担当。ほかに、自由国民社『現代用語の基礎知識』の「貯蓄・投資」欄の執筆も手掛ける一方、定期的に日経CNBCコメンテーターも務める。 閉じる

20150225_tajima_graph.jpg

コラム執筆:田嶋 智太郎
経済アナリスト・株式会社アルフィナンツ 代表取締役

吉田恒の為替デイリー

吉田恒の為替デイリー

吉田恒の為替デイリー

世界的インフレの波 バフェットに学ぶ 円安局面の投資の考え方 高配当株の選び方

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

スイングトレードで勝ち続けるためのテクニカル指標の使い方

○ RSIが指し示している方向が株価の進む方向であると判断
○ 50%ラインは節目(サポート・レジスタンス)として機能する場合が多い
○ RSIが50%ラインより上にある場合は上昇トレンドと判断
○ RSIが50%ラインより下にある場合は下降トレンドと判断
○20%以下の安値圏でクィッと上昇に転じたら買いサイン
○ 80%以上の高値圏でクィッと下落に転じたら売りサイン
○ RSIが50%ラインを下から上に突き抜けた時は買いサイン
○ RSIが50%ラインを上から下に突き抜けた時は売りサイン
○ 逆行現象が起こった場合は大きくトレンド転換するサインと判断

ストキャスティクスを使ってスイングトレードをする

ストキャスティクスの重要ポイント

DMIを使ってスイングトレードをする

DMIとは、『Directional Movement Index』の略で、日本語では『方向性指数』と呼ばれることが多いです。この指標は、先ほどのRSIと同じくアメリカのJ.W.ワインダー氏が考案したテクニカル指標です。

DMIの重要ポイント

○ +DIと-DIの乖離幅が最大になった所が利食いポイント
○ +DIより-DIが下にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIより-DIが上にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIが-DIを下から上に突き抜けたら買いサイン(補助的に使用)
○ +DIが-DIを上から下に突き抜けたら売りサイン(補助的に使用)
○ ADXが上昇してきた場合は、上昇または下降トレンドの勢いが強くなってきていると判断

スイングトレード実践編

銘柄選びのポイント

○ 値上がり率ランキングから銘柄を探す
○ お気に入り銘柄、監視銘柄から銘柄を探す。
○ 5日移動平均線がクィッと上向きになっていて、きれいな陽線が出ている銘柄選ぶ
○ 前日より出来高が増えている、もしくは同じぐらいの銘柄を選ぶ
○ トレンドがはっきりしている、読みやすいきれいなチャートを選ぶ
○ グランビルの法則と同じパターンの動きの銘柄を選ぶ
○ テクニカル指標を利用して総合的にチェックする(指し示している方向を確認する)

トレードシナリオを描くポイント

○ 節目となる株価をチェックする
○ 現在の株価より、すぐ上にある節目は上値目処と判断する
○ 現在の株価より、すぐ下にある節目は下値目処と判断する
○ 週足、月足も節目として機能することが多いためチェックを忘れない

295円(5日移動平均線株価) ⇒ 300円(前日終値) ⇒ 320円(上値目処)

エントリーのポイント

○ エントリーポイントは節目付近でする
○ ギャップアップで寄り付いた場合は、前日終値付近まで下落してくるのを待ってエントリー
○ 大きくギャップアップ(上値の節目付近)で寄り付いた場合は見送り
○ 大きくギャップダウンして、5日移動平均線を割り込んで寄り付いた場合は見送り
○ ギャップアップ後も大きく上昇していく銘柄は追いかけない(高値掴みとなる)
オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう 上値の節目まで到達したら一度、利益確定をする
○ オシレーター系テクニカル分析をマスターしよう エントリー後は5日移動平均線の上に乗っかるように推移していればホールドでも可
○ 株価が急上昇して5日移動平均線より大きく乖離した場合は1度、利益確定する
○ エントリー後は5日移動平均線が下向きになった場合は即撤退

FXテクニカル分析とは?初心者でもすぐに使えるおすすめ分析方法

FX入門・初心者

湊

明日香

  • FX相場(チャート)の分析方法は2つ
  • FXの代表的なテクニカル分析6つ
  • FX初心者におすすめのテクニカル分析
  • FX初心者におすすめのテクニカル分析組み合わせ
  • FXのテクニカル分析を使う際の注意点3つ
  • FXのテクニカル分析を勉強するのにおすすめの本

FX相場(チャート)の分析方法は2つ

テクニカル分析

ファンダメンタルズ分析

FXの代表的なテクニカル分析6つ

FXで使われるテクニカル分析には、「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類があります。

トレンド系テクニカル分析

トレンド系は、現在の相場の方向性を示す指標です。わかりやすく言い換えると、現在の相場のトレンドが「上昇トレンドなのか」、「下降トレンドなのか」を判断するための指標です。

移動平均線

移動平均線」とは、一定期間の価格(通常は終値)の平均を結んだものです。テクニカル指標の中でも代表的なもので、多くのトレーダーが利用しています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、標準偏差などを用いた計算によって導き出された「この範囲内でレートが推移するだろう」という範囲を示すものです。

さくら

一目均衡表

一目均衡表は日本で開発されたテクニカル指標で、相場のバランスを視覚的に捉えるのに役立ちます。

  • ローソク足が「雲」よりも上にあれば上昇トレンド、下にあれば下落トレンド
  • 転換線が基準線を下から上に突き抜けると上昇トレンド、逆に上から下に突き抜けると下降トレンド
  • 遅行スパンが26日前のローソク足を上回ると上昇トレンド発生、逆に遅行スパンが26日前のローソク足を上から下に抜けると弱気相場への転換

オシレーター系テクニカル分析

RSIはオシレーター系の中でもよく用いられるもので、0〜100%の数値で買われすぎ・売られすぎの度合いを示します。

MACD(マックディー)はトレンド系とオシレーター系の両方の機能を持つ分析手法です。「より新しいデータほど価値が高い」という前提に基づいて、移動平均線をさらに発展させたものとなっています。

MACDがシグナルを下から上へ抜けると「ゴールデンクロス」と呼ばれる買いサイン、MACDがシグナルを上から下へ抜けると「デッドクロス」と呼ばれる売りサインと判断します。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、RSIと同様に「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する分析手法です。レンジ相場において現在のレートを過去の一定期間のレートと比較し、0〜100%の数値で買われすぎ・売られすぎを判断します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる