バイナリーオプション教材

バイナリー オプション チャート

バイナリー オプション チャート
3つ目のステップは、 少額から取引の練習をすること です。

チャート分析でバイナリーオプションの予想をするには

▼足長同時線(あしながどうじせん)
足長同時線は、始値と終値が同じ価格のローソク足で、十字の形をしています。足長同時線を十字足と呼ぶこともあります。足長同時線は、安値圏に出現した時は下降トレンドから上昇トレンドへの転換点とされます。一方、高値圏に出現した時は上降トレンドから下昇トレンドへの転換点とされます。
次のチャートは、安値圏に出現した足長同時線です。

▼出合い線(であいせん)
出合い線は、2つのローソク足の組み合わせによるもので、新しく出現したローソク足の終値と1本前のローソク足の終値が同値で、新しく出現したローソク足が大きな陽線であることが条件になります。出合い線が安値圏に出現した時は下降トレンドから上昇トレンドへの転換点とされます。
なお、出合い線が高値圏に出現する時もあります。高値圏においては、新しく出現したローソク足の終値と1本前のローソク足の終値が同値で、新しく出現したローソク足が大きな陰線であることが条件になり、上昇トレンドから下降トレンドへの転換点になります。
次のチャートは、安値圏に出現した出合い線です。

▼つつみ線(包み線)
つつみ線は、2つのローソク足の組み合わせによるもので、新しく出現したローソク足が1本前のローソク足を包み込むような大きな陰線であることが条件になります。つつみ線が高値圏に出現した時は上昇トレンドから下降トレンドへの転換点とされます。
なお、つつみ線が安値圏に出現する時もあります。安値圏においては、新しく出現したローソク足が1本前のローソク足を包み込むような大きな陽線であることが条件になり、下降トレンドから上昇トレンドへの転換点になります。
次のチャートは、高値圏に出現したつつみ足です。

▼三羽烏(さんばがらす)
三羽烏は、3つのローソク足の組み合わせによるもので、同じような形の陰線が3本出現することが条件になります。三羽烏が高値圏に出現した時は下降トレンドの始まりとされます。
なお、同じような形の陽線が3本出現したものを赤三兵といい、安値圏に出現した時は上昇トレンドの始まりとされます。
次のチャートは、高値圏に出現した三羽烏です。

バイナリーオプションのチャートを基礎から解説【簡単に理解できます】

更新[2022/01/12]

予測するための第1歩として「チャート」を使いこなす必要があります。
しかし、 チャートの使い方が分からないとバイナリーオプションで稼ぐことはできません。

チャートとは?

MT4を活用しよう!

バイナリーオプションで稼ぐのであれば、MT4は必須ツールの一つです。
MT4に利用者利用者が多い理由 は2つあります。

MT4では自分でツールを開発できる

1つ目は、 投資家が自ら自動売買システムやインジケーターを開発できる 点です。
MT4が有名になったきっかけはまさにこの、自分で取引ツールを開発できるところにありました。

MT4は基本的に無料である

MT4が人気である理由の2つ目は、 テクニカル分析をより効率的にするインジケーターが大量に公開されており、そしてほとんどが無料 である点です。

ロウソク足とは

「始値」「終値」「安値」「高値」とは

  1. 「始値」とは市場(バイナリーオプションの通貨ペア)が取引開始したときの価格。
  2. 「終値」とは市場が開始したときの価格。一般に「価格」とは終値の事を指します。
  3. 「安値」とは市場の開始から終わりまでの最も安かった価格。
  4. 「高値」とは市場の開始から終わりまでの最も高かった価格。

ロウソク足はこの4つの値を示していて、上図の通りにロウソク足に反映されます。
なので、 安値が低ければ低いほど下ひげは長くなりますし、高値が高ければ高いほど上ヒゲが長くなります。

「陽線」「陰線」とは

ロウソク足が示すこと

移動平均線とは

移動平均線の活用法

ゴールデンクロス&デットクロス

移動平均線のテクニカル分析でいうと、最もポピュラーな方法が2つあります。1つ目が、「 ゴールデンクロス 」と「 デッドクロス 」です。

サポートライン&レジスタンスライン

次に、2つ目が
「 サポートライン(支持線) 」と「 レジスタンスライン(抵抗線) 」です。

理由は、投資家心理としてできるだけ割安で買いたいという意向が強く働いている相場で、短期移動平均線まで価格が下がると買いが先行するという風潮が出来上がっていたします。
すると、 短期移動平均線まで価格が下がると買いたいという人が増え、価格の下落が短期移動平均線で止まって反転するのです。

できるだけ割高で売りたいという意向が強く働いている相場で、短期移動平均線まで価格が上がると売りが先行するという風潮が出来上がっていたとします。
すると、 短期移動平均線まで価格が上がると売りたいという人が増えて価格の上昇が短期移動平均線で止まって反転するのです。

ハイローオーストラリアの場合

例えば、 60分線だとハイローオーストラリアでは期間が長すぎるため移動平均線が平になってしまいます。
一方で、1分線にすると移動平均線があまりにも敏感に動いてしまうためダマシが多くなり、テクニカル分析として機能しなくなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる