投資

個人事業主の方必見

個人事業主の方必見
個人契約の看護師、またはフリーランスの看護師を名乗ることは簡単ですが、一定の収入を得るまでには時間がかかることは理解しておかなければなりません。もちろんボーナスや退職金はなく、収入に波があることも珍しくありません。仕事が少ない時期の生活費などをまかなえるよう、 計画的に資金を用意しておくことも大切 です。

個人事業主必見!確定申告の青色申告と白色申告の違いは何?

青色申告は複式簿記による帳簿の記録が必要(65万円控除の場合)なため、ある程度の簿記の知識が必要になり手間もかかります。
白色申告では、以前(税制改正前)は所得が300万円以下の場合、帳簿の記録は必要ありませんでした。これが白色申告の最大のメリットだったわけですが、 2014(平成26)年の税制改正により、白色申告でも記帳義務と領収書の保管義務が所得の金額にかかわらず課せられるようになりました。
違いは、白色申告の帳簿の記帳は単式簿記(家計簿のようなもの)で行ってもよいことです。白色申告のメリットがなくなった現在では、青色申告のメリット(青色申告特別控除)が際立つようになりました。以下が青色申告のメリットです。

青色申告の65万円控除と10万円控除の違いは?

さて、青色申告の中でも65万円の控除と10万円の控除があるということはお分かりいただけましたね。この違いは65万円控除の方は記帳を複式簿記で行うことと、決算時に貸借対照表が必要なこと。10万円控除は単式簿記での記帳が可能なことと、貸借対照表が不必要なこと。控除額以外のメリットはどちらも同じです。
しかし簿記の知識がなくても、会計ソフトを使えば日々の収入と支出を入力するだけで、複式簿記に展開できるのでさほど難しくはありません。同じ青色申告をするなら断然65万円控除の方を選択してください。それでも、税務処理に費やす時間がない、経営に集中したいという方は税理士に相談してみましょう。
顧問料金は記帳までを依頼する場合と、確定申告の時だけ依頼する場合でかなり違いがあります。おすすめは日常的な記帳処理は会計ソフトを使って自分で行い、確定申告の時だけ税理士に依頼する方法です。
初めての確定申告は多くの疑問点も出てくるため、調べる時間や労力も大変です。専門家の助けがあるとやはり心強いですね。

確定申告を青色でする場合、あらかじめ「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出しておく必要があり、 申請期間は新規開業の場合は開業日から2ヶ月以内となっています。
開業してからは何かと忙しく忘れてしまいがちですが、賢く節税をするためにも、早い目の申請をしておきましょう。

個人事業主とは?個人事業主が開業届を出すメリットとデメリットを解説

ただし開業届を出している個人事業主は、この失業保険を受け取ることができない可能性が高くなります。失業保険を受け取る条件の1つとして、本人に再就職する意思と能力があることが求められます。開業届を出しているなら既に事業を行っていると判断されるため、再就職する意思がないと判断されるケースが多いようです。開業届を出しているだけで全面的に失業保険を受け取れないわけではないようですが、基本的に受け取ることができないと考えておいた方が良いでしょう。

事業所得で申告した場合、会社にばれる可能性が高い

会社に副業を隠しておきたい場合は、確認してから事業所得で申告するようにしましょう。

開業届の職業欄に注意

個人事業主の開業届に関する疑問と誤解

開業届を出す事は義務ではあっても罰則は無い

とにかく、開業届を出さないからといって何か問題があるわけではありません。メリットとデメリットを考えた上で出すかどうかを決めた方が良いでしょう。

個人事業主の開業届を出しても事業所得で申告できるわけでは無い

事業所得で申告することになると会社に副業をしていることがかなりバレやすくなりますが、開業届を出すことと事業所得での申告が許されることはイコールではありません。特に副業の場合は開業届を出しても 雑所得 で申告することになる可能性が高いです。開業届を出したからといって、会社に副業がバレることとは直接関係ありません。

副業だと事業所得で申告するのは難しい

その影響で副業の所得を事業所得として申告することに、税務署はかなり厳しくなっています。勝手な判断で事業所得として申告すると、修正申告になる可能性があります。税務署に 相談 してから申告することが大切でしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる