トレーディング手法

株式投資

株式投資
学君も気になる投資サロン。どんな雰囲気なのか実際にのぞいてみました=東京都千代田区

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the 株式投資 NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site 株式投資 is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not 株式投資 株式投資 guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities 株式投資 by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be 株式投資 deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the 株式投資 United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

東証に上場している株式のリアルなデータを
用いて本番さながらの株取引を体験。
株取引の知識と経験を身につけましょう!

3ヶ月に1度行われる大会は上位入賞
で豪華景品獲得のチャンス!
毎週のランキングでも上位入賞者には
景品をプレゼント!

株取引の練習の場として多くのユーザーが
満足して利用しています。
トレダビをきっかけに実際に投資を
始める方も多くいます。

投資の指南本をもとに株取引を開始したのですがうまくいかず。
試行錯誤するにも元手がいりますし、あまりにたくさんの方法がありどれが本当に役に
立つのか、自分に合っているのかわからなくなっていました。

そこでトレダビに出会い、 ゲーム内で実際に本で読んだ手法を試したり、ほかの人の取引状況
から学んだり して、なんというか注文する感覚と、 度胸みたいなものを得ることができましたね。
その後に改めて投資を再開しました。

その他の体験談

会社員/男性/27歳

投資家/男性/35歳

会社員/女性/28歳

仮想マネー1000万円を元手に実在する上場企業の株式を売買し、株式投資のトレーニングができるサービスです。
1999年にサービスを開始し、既に130万人の方が利用している株式投資シミュレーションの決定版です。
証券取引所が発表しているセミリアルタイム(20分遅延)の株価情報を用いているため、臨場感溢れる本格的な株取引を体験することができます。

大丈夫です!
株取引で利益を上げられるようになるためには、失敗も含む様々な経験をして相場観を養うことが重要だと言われています。
ゲーム内でどれだけ売買しても、どれだけ損失を出しても、実際のお金は全くかかりませんので、安心してご利用下さい。

「今投資をするなら○○」! 株式投資のポイント、プロに聞いてみた

Webで事前に参加申込み頂いた方へは、各日程3社分の動画アンケートにお答えいただくことで各回500円相当のポイントをプレゼント致します。
Webで事前に参加申込み頂いていなくても、各日程3社分の動画アンケートにお答えいただくことで抽選150名様に各回500円相当のポイントをプレゼント致します。
なお、開催中止に伴い、参加申込は既に締切らせて頂いております。
※ポイントを受け取るにはプレミアムBS会員(無料)にご登録頂く必要がございます。
※抽選150名のポイント付与につきましては、動画を見て頂き、選択・記述式の回答について、有意なコメントを頂いた投資家の方を優先させて頂きます。
※ポイントの付与は、アンケート締め切り後となります。

「人生100年時代」の到来。投資は不可欠?

学君

保阪会長

そうですね。年金制度がどうなっていくかわからない状況で、将来を不安に思う方は増えていると思います。銀行の預金金利も0.001%と超低水準ということもあり、政府自らが「貯蓄から投資へ」と国民に呼びかけるようになりました。その一環がNISAと呼ばれる制度なんです。

学君

保阪会長

はい。ズバリ、投資は不可欠です。実際、当社が個人の投資家向けに開いているセミナーでも、参加者は年々増えてきています。特に20~30代の参加率が伸びていますね。

トイレで株価を見て一喜一憂! それってどうなの……?

学君

保阪会長

株式投資と聞くと、「短期間で売買して儲ける」というイメージが強いですよね。ですが、私たちが対象とする投資家は中長期投資がメインなので、それとは真逆です。長いスパンで資産形成をしなければならない「人生100年時代」では、トイレで株価を確認して一喜一憂するような投資家は損してしまうかもしれません(笑)。

学君

保阪会長

そんなことはないですよ! 反対に、中長期で投資することでさまざまな株式に投資できたり、時間分散ができたりと、リスクは抑えられるんです。30銘柄ぐらい持っているとリスク分散ができるのですが、まずは10銘柄、200万円程度で始めてみてもいいかもしれませんね。

株式投資の際におさえるべき、意外なポイント

学君

保阪会長

日本の上場企業は3700社超あるので、どこに投資しようか悩みますよね。私は、中長期投資に適している「中小型株」に注目しています。

学君

中小型株? 有名な大企業の株ではなく……? それは意外です。

保阪会長

そうですね。中小型株の特徴は、なんといっても企業の成長ポテンシャルの高さです。基本的には株価は企業の成長に応じて上昇するので、株価の値上がり率も高くなります。
例えば、世界的に有名な日本のあるアパレル企業ですが、90年代前半の上場当時は中小型株に分類される規模の時価総額でした。ですが平成が終わるまでの約20年間で大きく成長し、その株価は100倍以上になったんですよ。中小型株は地味なイメージを持つ人もいますが、実は成長株ともいえるんです。

成長する中小型株を見つける「二つの方法」

学君

保阪会長

私としては、
①世の中の動きから、成長する中小型株を先読みする
②IRセミナーを活用する
この二つの方法をおすすめします。

学君

保阪会長

例えば、最近の世の中の動きとして、よく取りあげられるテーマに「5G」や「IoT」などがあります。5G関連では半導体を始めとした電子部品メーカーや、自動運転に関わるシステム開発企業などが要注目です。また、5Gが実用化されることで、工場でのIoT化・省人化も中長期的に進んでいくでしょう。こういった世の中の動きを“裏方”として支える企業の株に目を向けるとおもしろいですよ。

学君

保阪会長

そこで活用してほしいのが「②IRセミナー」です。当社も「ブリッジサロン」というIRセミナーを開いています。

学君

保阪会長

いえいえ、そんなことしませんよ(笑)! IRセミナーは、経営者が自社のビジネスモデルや業績、ビジョンを語る場です。
ブリッジサロンでは基本的に3社の企業トップが登壇します。年間で20回以上、累計500回以上開催しているので、何回か通うとなじみの会社ができて、「あの社長いいな!」「この会社の事業おもしろいぞ!」と思えるようになるんです。逆に、実績が伴っていなければ厳しい目で注文をつけることもできます。

学君

へぇ! 面白そうですね! 経営者が登壇するのには意味があるのでしょうか?

保阪会長

実は、経営者が登壇することがポイントなんです。経営者というのは「会社の顔」です。経営者の話しかたや理念・行動を直接見聞きすることで「この企業は成長しそうか?」、ひいては「この企業に投資をして私は幸せになるか?」と自問自答することができます。

学君

保阪会長

その通りです。日経平均株価の推移と、2014年末のブリッジサロンに登壇した23社とを比べると、2019年10月末までの5年間で日経平均は31%の上昇だったのに対し、この23社は98%上昇したというデータもあります!
また、ブリッジサロンでは、投資することで企業と株主が一緒に明るい未来をつくり出す「応援投資」という理念も掲げています。社会に貢献しているか否かは、投資先を選ぶうえで欠かせない要素ですよね。

実際の「ブリッジサロン」に突撃!

学君も気になる投資サロン。どんな雰囲気なのか実際にのぞいてみました=東京都千代田区

~セミナー後~

学君

保阪会長

今日は少ないくらいですよ。簡単にセミナーの流れをおさらいすると、まず「ワンポイント講演」を行います。ここでは投資に影響を与える世の中の動きについて毎回お話ししています。その後、各企業のプレゼンに移り、ビジネスモデルやビジョン、業績にかかわるトピックを語ってもらいます。

学君

保阪会長

ありがとうございます。企業としては、さまざまな投資家に自社を知ってもらい、ゆくゆくは株主になってもらえればという目的で登壇されているので、そう言ってもらえるとイベント主催者側としてもうれしいですね。
不動産業の「ムゲンエステート」さんは今回で12回目の登壇なんですが、回数を重ねるうちに興味を持って株主になってくれた方がいると聞いていますよ。

学君

保阪会長

他の投資家の質問を聞いていると、投資のヒントになることも多いですよ。サロン後には企業との交流会も設けているので、気軽に質問や会話ができるのもブリッジサロンの特長です。

学君

保阪会長

こちらこそ、ありがとうございました。人生100年時代に不可欠な投資、ぜひブリッジサロンを活用して「成長する中小型株」を見つけてくださいね。

世論調査

株式・国債・社債・投資信託などの証券の取引を行い,資産を運用することを証券投資というが,現在証券投資を行っているか聞いたところ,「現在行っている」と答えた者の割合が9.8%,「以前行っていたが,現在は行っていない」と答えた者の割合が8.8%,「行った経験はない」と答えた者の割合が79.7%となっている。
都市規模別に見ると,「行った経験はない」と答えた者の割合は小都市,町村で高くなっている。
性別に見ると,「行った経験はない」と答えた者の割合は女性で高くなっている。
年齢別に見ると,「行った経験はない」と答えた者の割合は20歳代,30歳代で高くなっている。

(2) 今後の証券投資の意向
ア 株式

今後,株式への投資を行ってみたいと思うか聞いたところ,「行ってみたい」とする者の割合が11.4%(「行ってみたい(現在保有している方は続けたい)」7.1%+「どちらかというと行ってみたい(現在保有している方はどちらかというと続けたい)」4.3%),「行うつもりはない」とする者の割合が82.7%(「どちらかというと行うつもりはない(現在保有している方はどちらかというとやめたい)」5.6%+「行うつもりはない(現在保有している方はやめたい)」77.1%)となっている。
都市規模別に見ると,「行ってみたい」とする者の割合は大都市で高くなっている。
性別に見ると,「行ってみたい」とする者の割合は男性で,「行うつもりはない」とする者の割合は女性で,それぞれ高くなっている。

「株式投資を行うつもりはない」とする者(1,779人)にそのように考える理由を聞いたところ,「株式投資に関する知識を持っていないから」を挙げた者の割合が33.3%,「株価の下落により損失が発生するリスクがあるから」を挙げた者の割合が32.5%,「まとまったお金がないと購入できないから」を挙げた者の割合が32.4%と高く,以下,「株式投資を行うのに充分な資産や収入がないから」(25.5%)などの順となっている。
なお,「わからない」と答えた者の割合が13.6%となっている。(複数回答)
都市規模別に見ると,「株価の下落により損失が発生するリスクがあるから」を挙げた者の割合は中都市で高くなっている。
性別に見ると,「株式投資に関する知識を持っていないから」を挙げた者の割合は女性で高くなっている。
年齢別に見ると,「株式投資に関する知識を持っていないから」を挙げた者の割合は20歳代,40歳代で,「株価の下落により損失が発生するリスクがあるから」を挙げた者の割合は30歳代,40歳代で,「まとまったお金がないと購入できないから」を挙げた者の割合は30歳代で,それぞれ高くなっている。

投資信託を行うつもりはない」とする者(1,881人)にそのように考える理由を聞いたところ,「投資信託への投資を行うのに充分な資産や収入がないから」を挙げた者の割合が31.8%,「投資信託の仕組み等,投資信託に関する知識を持っていないから」を挙げた者の割合が31.3%と高く,以下,「預貯金と比べるとリスクが高いから」(21.1%),「資産運用は預貯金で十分だから」(16.6%)などの順となっている。
なお,「わからない」と答えた者の割合が16.9%となっている。(複数回答)
都市規模別に見ると,「資産運用は預貯金で十分だから」を挙げた者の割合は小都市で高くなっている。
性別に見ると,「投資信託の仕組み等,投資信託に関する知識を持っていないから」を挙げた者の割合は女性で高くなっている。
年齢別に見ると,「投資信託への投資を行うのに充分な資産や収入がないから」,「預貯金と比べるとリスクが高いから」を挙げた者の割合は30歳代で,「投資信託の仕組み等,投資信託に関する知識を持っていないから」を挙げた者の割合は20歳代,40歳代で,それぞれ高くなっている。

今後,国債への投資を行ってみたいと思うか聞いたところ,「行ってみたい」とする者の割合が5.8%(「行ってみたい(現在保有している方は続けたい)」2.9%+「どちらかというと行ってみたい(現在保有している方はどちらかというと続けたい)」2.9%),「行うつもりはない」とする者の割合が87.7%(「どちらかというと行うつもりはない(現在保有している方はどちらかというとやめたい)」6.3%+「行うつもりはない(現在保有している方はやめたい)」81.4%)となっている。
都市規模別に見ると,「行うつもりはない」とする者の割合は大都市で高くなっている。
年齢別に見ると,「行うつもりはない」とする者の割合は30歳代で高くなっている。

個人投資家が証券投資を行うにあたって,機関投資家などプロの投資家と比べて不利だと思うか聞いたところ,「不利だと思う」とする者の割合が59.8%(「不利だと思う」38.2%+「どちらかというと不利だと思う」21.6%),「不利だと思わない」とする者の割合が8.9%(「どちらかというと不利だと思わない」3.7%+「不利だと思わない」5.2%)となっている。
なお,「わからない」と答えた者の割合が31.3%となっている。
都市規模別に見ると,「不利だと思う」とする者の割合は大都市で高くなっている。
性別に見ると,「不利だと思う」とする者の割合は男性で高くなっている。
年齢別に見ると,「不利だと思う」とする者の割合は30歳代,40歳代で高くなっている。

「不利だと思う」とする者(1,286人)にそのように考える理由を聞いたところ,「個人投資家は知識,経験の面で機関投資家などプロの投資家よりも劣るから」を挙げた者の割合が79.6%と最も高く,以下,「個人投資家は機関投資家などプロの投資家に比べて証券投資の金額が少ないから」(24.株式投資 株式投資 1%),「証券を発行している企業が,特定の証券会社や機関投資家などプロの投資家に,会社の情報を詳しく伝えているから」(22.6%),「証券市場において,一部のプロの投資家が不透明・不公正なことをしていると思うから」(19.2%)などの順となっている。(複数回答)
都市規模別に見ると,「証券を発行している企業が,特定の証券会社や機関投資家などプロの投資家に,会社の情報を詳しく伝えているから」,「証券市場において,一部のプロの投資家が不透明・不公正なことをしていると思うから」を挙げた者の割合は大都市で,それぞれ高くなっている。
性別に見ると,「個人投資家は機関投資家などプロの投資家に比べて証券投資の金額が少ないから」を挙げた者の割合は男性で高くなっている。

人気記事ランキング

利上げすると為替はどうなる? 米国の利上げとドル円の関係をわかりやすく解説

2022/4/15 17:株式投資 00

海運株が軒並み急落 商船三井9%超安、減益予想を嫌気(日本株ストラテジー)

海運株が軒並み急落 商船三井9%超安、減益予想を嫌気(日本株ストラテジー)

川崎重工業の株価が急落、子会社の不適切行為で記者会見

川崎重工業の株価が急落、子会社の不適切行為で記者会見

資産運用でFIREを実現するには 「4%ルール」とは?選択肢となる投資先は?(資産形成イロハのイ)

資産運用でFIREを実現するには 「4%ルール」とは?選択肢となる投資先は?(資産形成イロハのイ)

【QUICK Money World 辰巳 華世】「FIRE」という生き方に注目が集まっています。何となく聞いたことがある「FIRE」ですが、意外と詳しいことは知らない人が多いかもしれません。今回は、FIREの意味、FI […]

海運株が急落、想定上回るコンテナ船事業の減速で(日本株ストラテジー)

海運株が急落、想定上回るコンテナ船事業の減速で(日本株ストラテジー)

2022/4/28 19:45

海運株、供給網混乱の収束で失速か(チャートでズバリ!)

海運株、供給網混乱の収束で失速か(チャートでズバリ!)

【日経QUICKニュース(NQN) 三輪恭久】9日の東京株式市場で日本郵船(9101)や商船三井(9104)、川崎汽船(9107)といった大手海運株が急落した。 昨年から大幅高を演じてきた背景には、輸送の回復や物流網の混 […]

市場の話題「実質金利」とは何か?名目金利との違いや計算方法、株価に与える影響も解説!【点検・資産配分】

市場の話題「実質金利」とは何か?名目金利との違いや計算方法、株価に与える影響も解説!【点検・資産配分】

(2021年8月10日 10:58更新) 【QUICK 株式投資 Money World 辰巳 華世】長期金利から物価変動の影響を除いた実質金利の低下が注目を集めています。7月26日の米国市場で実質金利が低下し過去最低を更新しまし […]

注目テーマ「水素」 脱炭素で注目、日本の関連株の本命は?FCVではトヨタやホンダも

注目テーマ「水素」 脱炭素で注目、日本の関連株の本命は?FCVではトヨタやホンダも

【QUICK Money World 辰巳 華世】まったなしの環境問題に直面し、各国政府や企業は脱炭素社会へ向けた取り組みを進めています。この流れの中、燃やしても水になるだけの水素をエネルギーとして利用する動きが世界各地 […]

資産運用は資金100万円でも始められる!おすすめの投資方法とは?(資産形成イロハのイ)

資産運用は資金100万円でも始められる!おすすめの投資方法とは?(資産形成イロハのイ)

【QUICK Money World 辰巳 華世】資産運用に興味を持つ人が増えています。今回は100万円の資産運用の方法について、資産運用は100万円から始めることはできるのか、100万円の資産運用におすすめの投資方法、 […]

ボリンジャーバンドの見方・使い方 σ(シグマ)とは何?チャートのパターンも解説

ボリンジャーバンドの見方・使い方 σ(シグマ)とは何?チャートのパターンも解説

【QUICK Money World 辰巳 華世】投資家にとって株を買うタイミング、売るタイミングはとても気になります。株式投資にはチャートが付き物であり、チャートは投資家に色々な情報を教えてくれます。テクニカルチャート […]

MSCI指数とは? 世界の投資家が注目する指数の特徴など分かりやすく解説!

MSCI指数とは? 世界の投資家が注目する指数の特徴など分かりやすく解説!

【QUICK Money World 荒木 朋】株式投資におけるリスク・コントロールのひとつの手法として「分散投資」があります。投資対象を日本国内のみに絞らず、世界の様々な国・地域の株式にグローバルに広げて投資することも […]

注目テーマ「アンモニア」 新たな発電燃料として注目!本命の関連銘柄を紹介

注目テーマ「アンモニア」 新たな発電燃料として注目!本命の関連銘柄を紹介

【QUICK Money World 辰巳 華世】脱炭素社会の実現に向け、アンモニアが注目されています。アンモニアは燃やしても二酸化炭素(CO2)が出ないうえ、輸送手段などがすでに確立されているので、エネルギー分野での活 […]

【銘柄リスト】東証プライムへの昇格期待銘柄(日本株ストラテジー)

【銘柄リスト】東証プライムへの昇格期待銘柄(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 株式投資 片平 正二】大和証券は3日付のクオンツリポートで、東証プライム市場への昇格が期待される銘柄をリストアップした。メルカリ(4385)が6月7日にプライム市場に昇格する予定だが、「プライ […]

2022/6/7 08:00

インバウンド銘柄を再チェック、旅行・観光ランキング1位生かせるか(日本株ストラテジー)

インバウンド銘柄を再チェック、旅行・観光ランキング1位生かせるか(日本株ストラテジー)

【QUICK Market Eyes 加治屋 雄基】政府が6月に外国人観光客の新規受け入れを再開すると伝わり、インバウンド(訪日外国人客)関連銘柄への物色が活気づいている。26日の東京株式市場では空運や鉄道に加え、百貨店 […]

東証、IRジャパンの制限値幅を拡大 9日のストップ安水準は370円

東証、IRジャパンの制限値幅を拡大 9日のストップ安水準は370円

市場の話題「東証プライム」とは何か?昇格・降格に要注意、TOPIXはどうなるの?【点検・資産配分】

市場の話題「東証プライム」とは何か?昇格・降格に要注意、TOPIXはどうなるの?【点検・資産配分】

【QUICK Money World 辰巳 華世】東京証券取引所が大きく変わろうとしています。2022年4月に東証1部など今ある4市場の区分から、「プライム市場」などと名前や上場基準も変え、新たな3市場体制に移行します。 […]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる