取引プラットフォーム

リスク説明

リスク説明
リスク・アペタイト・ステートメントは、野村グループのリスクに対する基本認識と取り組みを文書化したものです。経営目標の実現に向けて野村グループが経営戦略を遂行する際に、選択的に受け入れるリスクと、いかなる場合においても取ってはいけないリスクについて定めています。
リスク・アペタイト・ステートメントは、経営会議で承認され、リスク・アペタイトの運営状況は日々モニタリングされています。万一リスクの水準がリスク・アペタイトを超過した場合には、経営陣は関係者と協議し、超過解消に向けた対応を検討し、必要に応じて実行します。
2021年には、気候変動を含むESGに関する要因が、さまざまなリスクカテゴリーに大きな影響を与えると認識し、管理に取り組むと定めました。

【所属金融商品取引業者等】
株式会社SBI証券 リスク説明 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入する協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
楽天証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第195号
加入する協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第2884号
加入する協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
AlpacaJapan株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第3024号
加入する協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ソニー銀行株式会社 登録金融機関 登録番号:関東財務局長(登金)第578号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

金融商品と預金等との違いについて

手数料等について

リスクについて

CONTACT

  • 個人向けサービスに関するお問い合わせ
  • 法人向けサービスに関するお問い合わせ
  • 採用に関するお問い合わせ
  • 業務提携に関するお問い合わせ

0120-920-118

商号等:株式会社Fan 金融商品仲介業者 登録番号:北陸財務局長(金仲)第35号
当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。当社は金融商品仲介業に関してお客様から直接金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

【所属金融商品取引業者】
株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
楽天証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第195号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第2884号 リスク説明
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
AlpacaJapan株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第3024号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ソニー銀行株式会社 登録金融機関 登録番号:関東財務局長(登金)第578号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

リターン÷リスクとは?~なおちゃんの婚活編~

リターン÷リスクとは?~なおちゃんの婚活編~

例で示してみますと、
けんじ君の毎月の収入をならしてみると、毎月平均20万円の収入です。
1月の収入は23万円なので、毎月平均20万円からの差額3万円分振れがあった、つまり3万円分“わくわくハラハラ”したということです。
2月は収入が20万円なので毎月の平均からのカイリはなく、わくわくもハラハラもしませんでした。
3月は収入が18万円だったので、“わくわくハラハラ”は2万円分でした。平均からのカイリ幅、振れ幅なので、プラスマイナスは関係ありません。

けんじ君の収入

こうじ君の収入

収入
(リターン)
わくわくハラハラ
(リスク)
収入÷わくわくハラハラ
(リターン÷リスク)
けんじ君 240万円 26万円 9.2
こうじ君 480万円 400万円 1.2

結婚

みつのり君

投資の解説

ポートフォリオのイメージ

例えば、値動きの安定した商品と値動きの激しい商品を同時に持つことで、値動きの激しい商品のリターンが大きくマイナスになった場合でも、値動きの安定した商品が下支えしてくれます。
逆に、値動きの激しい商品のリターンが大きくプラスになった場合は、ある程度その上昇についていくことができます。また、反対の値動きをする商品を一緒に持っておくことも安心につながります。
リスクを考え、プラス・マイナス両面どちらにも備えているのが、大切なお金を運用する上で大事なことです。
資産運用はギャンブルではありません。値動きの激しい商品、同じ方向に動く商品のみを保有していると、大きなリターンを得る可能性がある反面、悲しくなるくらい損してしまう可能性もあります。
なおちゃんのようにバランスを考えた戦略が必要ですね。

8つの資産に均等配分

リターンはいい時もあれば悪い時もあって、なかなか予想することはできません。
リスクの値も期間によって大きくなったり、小さくなったりすることはありますが、振れ幅の大きな商品とか振れ幅の小さな商品など、他の商品と比べた大まかな傾向が大きく変わることはまれです。
みなさん自身がどういった商品に投資しているのかを数字の目安で知っておくことは投資をしている時の安心につながります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる