オンライン学習サービス

強気相場と弱気相場

強気相場と弱気相場
ライブチャート

富裕層の人は相場急落にどう備えてる? 投資初心者が知らなかった資産運用

半年以上RIA JAPANのコラムを読んだ投資初心者に依頼して、「なるほど!と感じたポイント」「投資を始める前に知っておきたい!」と感じた内容について執筆いただきます。
投資初心者さんの執筆記事は第23回目になります。
今回の内容は相場急変時に富裕層はどう備えているかについてです。
誤解が無いように一部表現を校正した箇所があります(*)は編集部校正。

********************

今売らないと下がるけど売るのがいいのか

「今売らないともっと下がる」
揺れ動くという恐怖にさらされたときに出てきますよね。
でも、ここで動くのがいいのかというのが問題です。
下がったときに売るとします。
売れば損失を確定させ、さらに手数料を支払わないといけません。
損失に更に出費を重ねる事態。
それがいいのかと考えなければいけない場面ですが、Staying Powerという言葉があるのです。
これが富裕層の資産運用に対する心構えにつながっていきます。

Staying Powerってなに?

富裕層は、こういった局面でどういう行動をとるのか。
まずは慌てず、回復局面になるまでじっと耐える。
Staying Powerは(市場に)留まる力という意味です。
リーマンショックが発生したときにも出てきた言葉です。
安い価格で売却し、相場が回復したときのリターンも得られなくなる事態が起こりました。

富裕層に見習う留まる力

すぐに現金化しなければ!と感じる人も多いかもしれません。
「強気相場のリターンは、弱気相場の損失を補って余りある」
このようなメッセージもあります(詳細は関連記事に掲載)。
相場急変の今だからこそ、富裕層に見習って留まる力を発揮したいところです。

********************
(以下、編集後記)
今回、投資初心者さんには、市場に留まる力 Staying Powerについて執筆いただきました。
相場が急変している時は誰もが不安に感じるからこそ、相場急変に備えた心構えを普段から持ち、そして回復局面時にリターンを享受してほしいと考えています。
RIA JAPANではStaying Powerについて発信してきました。
下記のリンクより発信してきたコンテンツが閲覧可能です。

繰り返しになりますが、本記事はRIA JAPANが、投資初心者に弊社発信のコラムで、「なるほど!と感じたポイント」「投資を始める前に知っておきたい!」と感じた内容について記述してもらったものです(第23回目)。

回復への道

回復への道

・2021年の強気市場の第1四半期に蓄積されたコインが投資家のウォレットの中で使われずに残っているため、年齢が1年以上のコイン供給の割合が急速に過去最高値に近づいている。
・これは一般的に、多くのマクロおよび地政学的な逆風にもかかわらず、ビットコイン投資家がビットコインに対する強い信念を持っていることを意味する。
・これらの供給ダイナミクスを過去のサイクルと比較すると、ビットコインは弱気市場の後半に突入している可能性が高い。
・しかしながら、より成熟したコインの保有者によるゆるやかな売却(スマートマネーによる売却の可能性)が行われているが、35kドルから42kドルの間で大量の蓄積が行われており、売り圧力を吸収しているように思われる。

翻訳について

今週のオンチェーンダッシュボード
今週のオンチェーンニュースレターでは、すべてのチャートが表示されるライブダッシュボードをご用意しています。このダッシュボードと対象となるすべての指標は、毎週火曜日に公開されるビデオレポートでさらに詳しく解説しています。Youtubeチャンネルビデオポータルでは、より多くのビデオコンテンツや指標のチュートリアルをご覧いただけます。

古い供給が新たな高値に接近

ライブチャート

実現総額のHODL波動(The Realized Cap HODL)はこの査定に対して理想的なツールであり、下のチャートは同じような年齢が1年以上のコインにフィルターをかけたものである。以下のように見ることができる:

・2021年のQ2-Q4は、2021年5月から12月において年齢が1年以上のコインの保有総資産がサイクルの最小レベルに達した過去の弱気相場と多くの類似点がある。
・弱気相場フェーズ1:投資歴が長いかつ経験豊富な投資家が保有する資産の割合が低いということは、逆に新規で経験の浅い投資家が多くの資産を保有しているということであり、これはトップの形成と弱気市場の材料になる。
・弱気相場フェーズ2:この資産の不均衡は、より多くのコインが1年以上の年齢帯に移行し、より多くの資産と高いコストベースがHODLされる(過去のサイクルよりも高いフロア値が定着する)ことによって、強く回復している。

ライブチャート

RHODL比率(Realized HODL 強気相場と弱気相場 Ratio)はこのような動きを一つのエレガントなオシレーターとして捉えたものである。これは、1週間前と1年前の実現総額のHODL波動におけるバンド間の比率として計算される。新規投資家が最大限のドル資産を保有するときにピークを迎え(市場のトップ)、1年以上のバンドがより多くの資産を保有するときに底を打つ(市場の底値)。

ここでは、年齢が1年以上のコインが分母に移動していることを反映しており、マクロ的な下降トレンドが現在進行中であることがわかる。現在、RHODL は新規投資家と経験豊富な HODL の間で均衡しており、これは弱気相場後期と強気相場初期に当てはまる。しかしながら、2012年に限ってはRHODLはマクロ的に下降トレンドにあり、一方で市場価格は強気相場であったことに留意してほしい。

ライブチャート

ライブチャート

短期的な買い支えと長期的な売却が対立

売却高における年齢バンド(Spent Volume Age Bands,SVAB) を見ると、年齢が6ヶ月以上経過したコインの大部分が今年3月中に売却を増やしたことが分かる。チェーン上の全取引量の約2%がこれらのコインに関連しており、これは比較的重要なことである。

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

1、長期保有者は、より高い価格(> $45k)で取得された供給において非常に大きな割合を未だ保有している。これらのコインは未実現損失を抱えており、おそらく数ヶ月間もそうであっただろう。これらの投資家がまだロスカットしていないことは注目に値し、強いセンチメントが持続していることを示唆している。

2、短期保有者は、$38kから$45kの間に供給量の大部分を蓄積している。これは、多くの投資家が現在の調整レンジをバリューゾーンと見ていることを示しており、これは2021年5-7月の30kドルから40kドルのレンジ(2021年第29週)と同様の特性を持っている。

未公開のチャート

短期的な痛みと長期的な利益

未公開のチャート

・短期保有者の実現総額(ピンク色)は、より変動が激しく、通常は弱気相場では抵抗線となる(投資家はコストベースで売却する)。現在は$45.9kで取引されている。これは、市場がこれを突破し維持することができた場合に注目すべき重要な水準であり、より良い市場環境への体制転換を示唆する可能性がある。
・長期保有者の実現総額(青色)は、標準の実現価格(オレンジ色)より約155日の遅れで推移しており、下降トレンドになることはほとんどない。

155 日前が 10 月の ATH であることから、1)の可能性が高く、長期保有者が売却に入った、あるいは入りつつあることを示唆している。

ライブチャート

この観測を結論づけるために、長期保有者の実現総額ネットポジション変化 Zスコア(LTH Realized Cap Net Position Change Z-Score)を紹介する。この指標は:

・長期保有者へのドル建て資金の流入・流出を示す指標として、長期保有者の実現総額の30日間の変化を計算する。
・ドルのバリュエーションがはるかに小さかった過去のサイクルとの比較を可能にするために、Zスコアに変換する。
・高い値は、大量のドル価値が長期保有者の中で成熟され、彼らの総コストベースが上昇することを示す。
・安い値は、上記の1)および、または2)により、長期保有者のコストベー スが大幅に低下していることを示す。

ライブチャート

サマリーと結論

製品アップデート

Los HODLers Curtidos Doblan la Apuesta

Los HODLers Curtidos Doblan la Apuesta

Las repercusiones del desplome de comienzos de mayo, evidencia de se está fraguando un 強気相場と弱気相場 importante cambio en las tendencias de acumulación. La clase HODLer de Bitcoin sigue siendo la única presencia del network, y su acumulación se multiplica a medida que los 強気相場と弱気相場 precios corrigen bajo los 30.000$.

Une Brève Histoire de l'Etherverse

Une Brève Histoire de l'Etherverse

Nous plongeons dans les cas d'utilisation les plus importants d'Ethereum en quantifiant la consommation 強気相場と弱気相場 de gas dans les principales catégories de jetons, de protocoles et de transactions. Notre analyse 強気相場と弱気相場 met en lumière la complexité et la nature en constante évolution de l'écosystème Ethereum.

هولدرهای سرسخت،مصمم‌تر از همیشه

هولدرهای سرسخت،مصمم‌تر از همیشه

از پیامدهای سقوط قیمت در اوایل ماه می، تغییر روند 強気相場と弱気相場 در شدت انباشت سرمایه‌گذاران بود. در شرایط فعلی هولدرهای ‌بیتکوین تنها بازماندگان هستند و باوجود کاهش قیمت زیر 30 هزار دلار، به بیتکوین های خود اضافه می‌کنند.

弱気相場とは何ですか? 強気相場と弱気相場

弱気相場とは何ですか?

他の注目すべき弱気相場の例は株式市場から来ています。 大恐慌、2008年の金融危機、またはコロナウイルスのパンデミックによる2020年の株式市場の暴落はすべて注目に値する例です。 これらの出来事はすべてウォール街に大きな損害を与え、全面的に株価に影響を与えました。 ナスダック100、ダウジョーンズ工業株30種平均(DJIA)、SP 500指数などの市場指数は、このような時期に大幅な価格下落を経験する可能性があります。

弱気相場と強気相場の違いは何ですか?

注目すべき違いの1つは、クマ市場が長期間の統合、つまり横向きまたはレンジング価格アクションを持つ可能性があることです。 これらは、市場のボラティリティが非常に低く、取引活動がほとんど行われていない時期です。 同じことが強気市場にも当てはまるかもしれませんが、この種の行動は弱気市場でより一般的である傾向があります。 結局のところ、長期間にわたって価格が下落することは、ほとんどの投資家にとってあまり魅力的ではありません。

他に考慮すべきことは、そもそも資産のショートポジションに入ることが可能かどうかです。 証拠金やデリバティブを使用して資産をショートさせる能力がない場合、トレーダーは現金または安定したコインで売ることによってのみ市場で弱気な見方を表明することができます。 これは、購入意欲がほとんどない、より長く引き出された下降トレンドにつながる可能性があり、その結果、ゆっくりとした問題のない横向きの価格行動が発生します。

弱気相場で取引する方法

弱気相場の場合、これはバウンスでロングポジションに入るでしょう。 この動きは、弱気相場ラリーまたはデッドキャットバウンスと呼ばれることもあります。 多くのトレーダーが短期的なバウンスを長くする機会に飛びつく可能性があるため、これらの逆トレンドの価格変動は、悪名高いほど不安定になる可能性があります。 ただし、弱気相場全体が終了したことが確認されるまでは、バウンス直後に下降トレンドが再開すると想定されています。

これが、成功したトレーダーが(最近の高値付近で)利益を上げ、弱気トレンドが再開する前に終了する理由です。 そうでなければ、弱気相場が続く間、彼らはロングポジションで立ち往生する可能性があります。 そのため、これは非常にリスクの高い戦略であることに注意することが重要です。 最先端のトレーダーでさえ、落下するナイフを捕まえようとすると大きな損失を被る可能性があります。

結びの考え

弱気相場とは何か、トレーダーが自分自身を守り、弱気相場から利益を得る方法について説明しました。 要約すると、最も簡単な戦略は、弱気相場で現金を維持し、より安全な取引機会を待つことです。 あるいは、多くのトレーダーはショートポジションを構築する機会を探します。 私たちが知っているように、取引に関しては市場動向の方向に従うのが賢明です。

ビットコインSOPR 1回復 強気相場再開の兆候か【クラーケン・インテリジェンス】

[NEW!] LINE始めました!フォローをお願いします。
Twitter始めました!フォローお願いします。

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「イーサリアム対数回帰レインボー」)

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「ビットコイン強気相場 週間サポート」)

③ビットコイン対数成長曲線

2011年1月からのビットコイン価格の推移において、レジスタンス(天井)とサポート(底)を繋げた成長曲線を引いた。赤い対数の線を超えたら「買われすぎ」、緑の対数の線を下回ったら「売られすぎ」と考えられる。

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「ビットコイン対数成長曲線」)

ビットコインのMVRV Zスコア( Market Value 強気相場と弱気相場 to Realized Value) は、ビットコインの時価総額(価格×流通コイン数)と”実現”価値(コインが最後に動かされた時(2つの異なるアドレス間で移動した時)の価値の合計)からビットコインが売られすぎか買われすぎかを測る指標。7から11(ピンクのボックス)が「買われすぎ」を指し、0.9から−0.3(緑のボックス)が「売られすぎ」を指している。

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「ビットコインのMVRV Zスコア 強気相場と弱気相場 」)

ビットコインのMVRV Zスコアは1.42。先週の1.13から25.7%上昇した。 現在ビットコインの時価総額は1週間前と比べて0.2%増の7880億ドルで実現価値は横ばいで4550億ドルとなっている。

SOPR(Spent Output Profit Ratio)は、「売却」価格(送金時)/「購入」価格(受金時)で計算され、市場参加者がビットコインを売る際に利益(または損失)を出す状態かどうかを測る。

(出典:Kraken Intelligence’s OTC Daily「ビットコインのSOPR」)

現在、1を 大きく下回れば、ビットコインが大きな調整局面を迎えた可能性を示唆する。 ただ、以前の強気相場で は、価格が横ばいになる中でSPORが1に回帰する形で低下した後、価格の上昇とともに1を超える現象が見られた。

【朗報】ダウ、11年の強気相場に幕を下ろし、弱気相場が始まる 長期投資家にとって絶好のチャンス到来か

バフェット太郎の秘密のポートフォリオ【米連続増配高配当株・配当再投資戦略】 イメージ画像

1

【ダウ平均:2009-2020】

過去11年を振り返ると、調整局面は2010年、2011年、2015年、2016年、2018年(二回)と6回あり、二年に一度のペースで調整していました。しかし、今回は調整に留まらずついに弱気相場入りしました。

2

【世界の株価の強気相場と弱気相場】

(出典:バンガード・ジャパン)

3

【ダウ平均:1915-2019(インフレ調整済み)】

インフレ調整済みのダウの長期チャートを眺めると、ダウが17年周期で拡大期と停滞期を繰り返していることがわかります。これは株価が人口動態と密接に関係しているためです。

2

【労働両区と各年代の年平均利回り】

労働力が不足した「1948年~1967年」と「1991年~1999年」のダウ平均の年平均利回りはそれぞれ8.38%、17.49%と、その他の時代と比べて異常に高いことがわかります。

ちなみに「 優良企業の一部を忍耐強く保有することを推奨する 」という強い主張を一貫して投資家に進言している「モトリーフール」は数多くの優良配当株をニュースレターの中で紹介しています。

つまり、エコノミストやアナリストらが権威に屈し、忖度のある相場見通しを示しているのに対し、 モトリーフールは 権威に屈することなく真実を伝えることを信念とし、個人投資家にレポートを提供している のです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる