取引ツール

パフォーマンスレベルの評価手順

パフォーマンスレベルの評価手順
・昇給原資との調整が困難
絶対評価では、昇給の原資をどれくらい確保しておけば良いか予測を立てることが難しいです。相対評価であれば、社員同士を比較して、予め決まっている昇給の予算を振り分ければよいので、調整しやすいです。

パフォーマンスレベルの評価手順

マイクレベル、またはマイクロホンレベル信号とは、マイクロホンが音を収音した際に発生させる電圧のことで、通常はわずか数千分の1ボルトです。またこの電圧は収音する音のレベルと距離に応じて変化します。マイクレベルは4タイプのオーディオ信号の中で一番弱く、ラインレベルに到達させるにはプリアンプを使用した増幅が必要です。マイクレベルは通常-60〜-40 dBuの範囲です。 (dBuとdBVは音響機器に用いられる電圧の単位です。)

ラインレベルとは?
  • -10 dBV、一般機器用(MP3やDVDプレーヤーなど)
  • +4 dBu、プロ機器用(ミキサー卓やシグナルプロセッサーなど)

レベルのマッチング

  • マイクロホンをラインレベル入力に接続しても、マイクレベル信号はラインレベル入力に対して弱すぎるため、ほとんど音が出ません。
  • ラインレベルのソースをマイクレベル入力に接続すると、ラインレベル信号はマイク入力の許容量をはるかに上回る強度があるため、音は大きすぎ、歪んでしまいます(注:ハイエンドのミキサーの入力および出力では、マイクとラインのレベルを切り替えることが可能です)。

使えるヒント

  • マイクレベル入力は通常メスのXLRコネクターです。ラインレベル入力は通常、RCAジャック、1/4゛フォーンジャック、3.5㎜フォンジャックです。
  • コネクターがぴったりはまるからといってレベルもマッチするとは限りません。入力の種類は通常、はっきり表示されています。
  • マイク入力しかない機器(デジタルレコーダーやコンピュータなど)にラインレベル機器を接続したい時は、 アッテネータを使用して電圧を下げる か、ミュージックストアで購入できるダイレクトボックス(DI)を使用します。内蔵レジスタにより同じ効果を発揮するケーブルもあります。
  • ワイヤレス受信機も、それぞれ出力レベルが異なります。これはShureの製品シリーズおよび他の大多数のブランドメーカーに当てはまります。各製品のユーザーガイドでその出力信号レベルを確認しましょう。マイクレベルは受信機によって20dBも変わる場合があります。

Justin Boller

もっと見る

Shureから待望のAXT Digital 新製品、1.2GHzという新しい帯域に対応したモデルの発表会が、去る11月13日(水)Inter BEE初日にShureブースにて開催されました。その内容をダイジェスト版でお届けします。

6/20に開催されたNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの復活ライブ、LIVE19。その映像を基にしたShure×Nitroムービーが完成しました。

デビュー20周年の節目となる今年、2012年の活動休止以来7年ぶりの活動再開を発表したNITRO MICROPHONE UNDERGROUND。復活ワンマンライブとなった6/20(木)のLIVE19@TSUTAYA O-EASTのチケットは即SOLD OUT。ライブ当日はかなり早い時間からTSUTAYA パフォーマンスレベルの評価手順 O-EAST前の道路に開場待ちの人が溢れ、静かな興奮が伝わってきました。

2016年、日本のMCバトルシーンに突如登場し、『UMB』(=ULTIMATE MC BATTLE)福島代表として、初出場ながら本戦にてベスト8にまで勝ち上がり、一気に注目の的となったMU-TON(ムートン)。これまでの活動経歴から、ラップに対する思い、そしてマイクへのこだわりについても伺ってみた。

2016年、日本のMCバトルシーンに突如登場し、『UMB』(=ULTIMATE MC BATTLE)福島代表として、初出場ながら本戦にてベスト8にまで勝ち上がり、一気に注目の的となったMU-TON(ムートン)。これまでの活動経歴から、ラップに対する思い、そしてマイクへのこだわりについても伺ってみた。

U2、Royal Blood、Don Brocoなどのバンドを手掛ける英国のエンジニア兼プロデューサーDrew Bang(ドリュー・バング)氏が、自身がこの仕事を始めたときに聞ければよかったと思う、音響プロフェッショナルからのヒントやアドバイスを提供します。

【UMU活用レベル4】パフォーマンスラーニングプログラムの提供

4-1: コースで達成するパフォーマンス(成果)指標が明確にできている
・コース受講によって達成されるべき成果を明文化し受講生に共有
4-2: コース設計の中に「知識理解」「練習」「フィードバック&コーチング」「実場面での発揮確認」の4つの要素を組み込むことができている
・学習テーマに合った「学習方法」「練習方法」「評価方法」を設計
・知識理解のため、マイクロコンテンツによるインプット設計
・プレゼンテーションやロープレなどは動画課題で練習
・受講生のアウトプットに対するピアフィードバックや講師からのコーチングが行われる環境を提供
・取得したことをどのように実場面で生かしたかを報告するアンケートを実施
4-3:効果的な学習コンテンツが用意できている
・動画、ファイル、写真などマイクロコンテンツを提供
・デュアルチャネル(視覚・聴覚など2つ以上を使う形)で学ぶコンテンツを提供
・受講者の学習環境と学習テーマを考慮したコンテンツを提供
4-4: 繰り返し練習する機会が用意できている
・業務シナリオに即した学習設計
・プレゼンテーションや業務の様子を撮影してAIによる即時フィードバックを受けることで何度も繰り返し練習できる環境を提供
・試験のランダム出題により繰り返し練習問題に取り組めるように設定
4-5: フィードバックやコーチングの機会の用意ができている
・AIによる即時フィードバックを設定
・講師や他の受講生からのフィードバックを随時受けられる環境を提供
・講師やファシリテーターとの1on1オンラインミーティングの形でコーチングを提供
・複数の受講生を含めたオンラインでのグループコーチングを提供
4-6:達成したパフォーマンスの確認ができている
・受講生が学びの成果を発表する場を提供
・成果を上げた受講生を取り上げて報告する場を提供

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる