外為ニュース

仮想通貨のアービトラージとは

仮想通貨のアービトラージとは
3/3 件

アービトラージ・トレードとは?

仮想通貨の価格はすぐに変化します。異なる取引所の同一資産の オーダーブックを見てみると、同じ時間に全く同じ価格になることはほとんどないことがわかります。そこで登場するのがアービトラージ・トレーダーです。この小さな価格の違いを利用して利益を得ようとするのです。これにより、異なる取引所で価格が相対的に一定の範囲内に収まるため、基礎的な市場がより 効率的になります。その意味で、市場の非効率性はチャンスでもあります。

資金調達率アービトラージ

例えば、お客様が Ethereumを所有しているとします。今、お客様はその投資に満足しているかもしれませんが、Ethereumの価格は大きく変動していきます。そこでお客様は、Ethereumの投資額と同額の 先物契約 (ショーティング) を売却することで、価格のエクスポージャーをヘッジすることにしました。その契約の資金調達率として2%のお支払いをします。つまり、価格のリスクなしにEthereumを所有することで2%の利益を得ることができ、結果的に有益なアービトラージ機会となるのです。

トライアングル・アービトラージ

トライアングル・アービトラージの考え方は、クロス通貨の価格差 (BTC/ETHなど) を利用しようとすることから来ています。例えば、BNBでBitcoinを購入し、次にBitcoinでEthereumを購入し、最後にEthereumでBNBを買い戻すことができます。EthereumとBitcoinの相対的な価値が、それらの通貨のそれぞれが所有するBNB価値と一致しない場合、アービトラージ機会が存在します。

アービトラージ・トレードのリスク

アービトラージ・トレードに伴う最大のリスクは実行リスクとなります。これは、トレードを確定する前に価格のスプレッドがクローズしてしまい、結果的にゼロまたはマイナスのリターンになることです。これはスリッページ、約定の遅延、取引コストが異常に高い、ボラティリティが急激に上昇したなどの原因が考えられます。

アービトラージ・トレードを行う際のもう1つの大きなリスクは、流動性リスクです。これは、アービトラージを行うために必要な市場へのトレードに十分な流動性がない場合に発生します。先物契約のようなレバレッジの効いた商品を使用してトレードを行っている場合、不利になった際にマージンコールを受ける可能性もあります。いつものように、適切な リスク管理を行うことが重要です。

仮想通貨のアービトラージについて教えて下さい

通貨のアービトラージを 今 真剣に勉強しています。だいたいは仕組みが見えてきたのですが いざ始めるに当たって どうしても気になることが2つ出て来ました。 1 ほぼ100%の勝率との事も様々なサイトで目にしますが、取引自体が片方しか約定しない事 (アービトラージでない取引になってしまう事) などは、やはり 頻繁に起こるのでしょうか? 2 アービトラージ チャンスの発生頻度は だいたいどの様な感じでしょうか? もし始めるなら 指値注文のみで行こうかと思うのですが、さらにチャンスの発生頻度が少ないと 約定も難しいものなのでしょうか? よろしくおねがいします。

みんなの回答

  • 2018/10/23 12:29 回答No.5

確実というのは あくまでも理論上のことです。 現実には 不可能。 億単位のお金を動かせるような人でないと

質問者からのお礼 2018/10/28 22:16

億単位ですか. もう少し 投資というものを しっかり勉強してみようと思います。 ありがとうございました。

  • 2018/10/23 05:14 回答No.4

アビトラの勝率は理論上100%です。 A社が110円・B社が90円の時に、A社は売り・B社は買い注文で差額の20円が儲けなります。 しかし、これはあくまで理論上の話です。 片方しか注文約定しなければ差額が発生しません。そうならないために殆どの場合には自動化プログラムを使っています。 手動で行えばかならずどちらか一方を先に処理することになり、その時間差が利益を失わせます。 注意すべきは、仮想通貨の場合にはFXのインターバンクや株の証券取引所が存在しないので、多少の価格差が生まれやすく消えにくい傾向にあることです。 また、アビトラがガンガン発生していたのは、世間が騒いでいた昨年までのこと。 雑誌などで煽られ「億り人」などと言う新語が出た頃の話で、今では大手の取引所を比較してもビットコインで瞬間1000円前後のアビトラが発生しますが、マルチ画面を使っても手作業で売買指示出していたら、ほぼ間に合わない感じです。 なので、アビトラの基本は成り行きです。 指し値なんてしていたら約定するかもわかりませんし、価格を入力している時点でアビトラが消えてしまいます。 実際にビットコインで行うと仮定して A社720,000円B社722,000円として、証拠金取引でレバレッジを最大限効かせたとしても、1単位の注文を出せるかどうかでしょう。 720,000の25倍なら約30,000円で1単位の注文が出せますが、どちらも瞬時に中値に価格差が解消する訳では無く、A社は723,000円でB社も723,000円になって価格差が解消することだってあります。 つまり一方は損失になる可能性はありますし、両方のポジションを持った瞬間に、両方が含み損にあることもあるわけですから、余剰資金は預け入れておく必要がありますよね。 10万の資金を入れて1回1,000円~2,000円の月に数回発生するかどうか分からないアビトラって効率よいとは思えませんけどね。しかも、手動ならモニターから離れたら終わりです。 仮想通貨のアービトラージとは 自分に都合良くモニターを監視しているときだけアビトラが発生するとは限りません。寝ているとき、遊びや仕事に出かけているとき、お風呂や食事の最中に発生するかもしれません。 勝率が理論上100%だとしても、今となっては得な投資方法だとは思いませんけどね。

質問者からのお礼 2018/10/28 22:14

本当に 詳しく教えていただきまして ありがとうございます。 みなさんが おっしゃる様に そんな簡単なことではなさそうなのが 仮想通貨のアービトラージとは 良くわかりました。 理論上100%でも 実際の場面では 思う通りに 行くわけではないし 手動でなんて 仮想通貨のアービトラージとは 現実的ではなさそうですね。 お礼が遅れてしまい申し訳ありません 仮想通貨のアービトラージとは 本当にありがとうございました。

  • 2018/10/20 19:59 回答No.2

1年半くらい前はちょいちょいアービトラージが発生してCISさんとかが文字通りの濡れ手に粟で大儲けしたみたいですが、基本的にビットコインのアービトラージはちょうど1年くらい前にもうほとんど発生しなくなりました。 それでもときどき取引所で大口の買いや売りが発生して突然特定の取引所がガツンと動くことがありましたが、今やもうほとんど発生していません。だから「仮想通貨のアービトラージで儲けましょう」っていうのは「アベノミクスで儲けましょう」くらいの遅れた話です。仮想通貨の世界じゃ3ヵ月前の話も昔話ですからね。株や他の取引の業界の1年が1ヵ月で起きてるような世界です。 でも今、かつての三大取引所のひとつZaifと他の取引所ではなんと1BTCで1万5千円以上のアービトラージが発生しているんです。Zaifで買って他の取引所で売るだけで儲けられる状態なんですよ。 なのに一向にアービトラージが解消されないのは、どうもZaifが今、新規顧客の受付を金融庁に禁止されているせいみたいですね・笑。

質問者からのお礼 2018/10/21 19:27

無知とは 怖いものですね。貴重なアドバイス本当によかったです。Zaifと他の取引所でアービトラージが発生していても、新規登録出来ないのであれば全く無理ですし、アービトラージが発生しないのなら どうしようもないですね。何か、ほかの安全な物を 探してみます。ありがとうございました。

仮想通貨のアービトラージで利益を上げる方法はまだ儲かる?

回答一覧

3/3 件

こんにちは。 やり方次第では儲かると思います。 仮想通貨アービトラージは、相場の影響をほとんど受けず、低いリスクで利益を出すことができます。 2つの取引所間での価格差を見つけた場合に、それぞれの取引所で購入および売却の手順を即座に行うため、相場のトレンドに影響されにくいと言えます。 ただし、「A取引所で購入→仮想通貨を送金→B取引所で売却」の流れで資金を都度移動させる必要のある場合、送金の時間や諸々の手数料を考慮する必要があります。 ビットコインを送金するためにかかる時間は数十分程ですが、遅いと半日ほどかかるケースもありますので、注意が必要です。仮想通貨のボラティリティは高いため、突然暴騰暴落する可能性もあります。 仮想通貨アービトラージは基本的には利益の出やすい取引手法であることを説明してきました。しかし、アービトラージにはデメリットも存在します。 アービトラージで利益を出すためには、まとまった大きな資金が必要です。送金時間を気にせずリスクなく行うには、2つ以上の取引所にビットコインや日本円を入金しておく必要があります。価格差を見つけた時にすぐに売買を行うためです。 まとまった利益を出すには、最低でも数百万円以上は用意する必要があります。 また、常にアービトラージで儲けられるとは限りません。 ある程度ビットコインの価格に乖離が生じなければ、きちんと利益を出すことができず、効率的ではないからです。 そのため、取引所間の価格差を調べながら、最適な売買タイミングが来るまで待つ忍耐力や時間が必要であると言えます。 時間と資金に余裕があればアービトラージはオススメだと思います。 ご参考になれば幸いです。

うまくいけば儲かります。アービトラージのメリットについてご説明していきます。このように簡単なメカニズムで比較的簡単にに利益を出すことのできるアービトラージ。他にも様々なメリットが存在します。 ①ノーリスクで安心 アービトラージでは価格差が生じたときに同時するため、長時間同一のコインを保持し続ける一般的なトレードのように多額の損失を被るというリスクが基本的にはありません。基本的にと言ったのは、送金ミスや取引所の倒産などを除いてという意味です。同時に売買するという単純な操作で利益が生じるなんてノーリスクで安心ですね。 ②専門知識が無くても稼げる チャートを予測したり、ファンダメンタル分析したりするといった専門知識はほとんど必要としないことも利点です。ただ、利ザヤの開きを観察するだけでよいのです。また、仮想通貨の場合は非常に多くの通貨の種類が存在しますが、それらの通貨に関する知識もほとんどなくてもアービトラージを利用するができます。 ③チャートを監視し続ける必要が無い 取引所間の価格差が大きくなったタイミングを見つけて売買を行うだけなので、開きが発生したかどうかアプリやツールを使って通知が来るようにしておけばずっとパソコンに向かってチャートを観察し続ける必要もないのです。しかし実際には言うほど上手く利益を得ることができないと言われています。その理由としては次のようなものがあげられます。 ●仮想通貨のアビトラはもうからないか、難しいといわれている理由 しかし実際には言うほど上手く利益を得ることができないと言われています。その理由としては次のようなものがあげられます。 ①送金に時間がかかる 手数料無料の取引所では送金にかかる時間が長いことがあります。 例えば、仮想通貨の代表格ビットコインでは取引所によって異なりますが送金時間が最短で20分ほど、長くて1日かかってしまうこともあります。その送金時間の間に仮想通貨の価格が変動してしまい、利益が得られなくなってしまう可能性もあります。 そのため、送金時間を考慮した多少のチャートの変動を考慮する必要があります。 ②送金時間の問題を解決する裏技 高い手数料に設定し、送金を優先してもらうという方法もありますが、送金手数料が割高についてしまえば、元も子もありません。できれば余分なお金をかけずに送金時間を短縮したいですよね。実は通常は長くかかる送金時間を短くする方法が存在するのです。それは、「複数の取引所に日本円と仮想通貨を分散して保管しておく」という方法です。例えば、A、B、C取引所に100万円と1BTCずつ、といった具合に資金を分散しておきます。今回A取引所のBTC購入価格が60万円、B取引所のBTC売却価格が61万円だとします。その場合、A取引所で1BTCを買い、B取引所で1BTCを売れば、差額の1万円が利益となります。価格は常に変動しているため最大の利幅を取ることは難しいかもしれませんが、送金時間がかからないという面ではアビトラに最も適切な方法と言えます。 以上です。少しでも参考になれば幸いです。

一応、まだ儲けることはできます。 ただかなりの資金力が必要にはなりますね。 十分な資金(おおよそ500万円以上くらい)があれば、アービトラージは知識もそれほど必要なく、低リスクで利益を出すことができる手法ですので、やってみる価値はあると思います。 具体的には、買値と売値の差が狭く安定している「リキッドバイコイン」で仮想通貨を買い、その他の取引所で売るようにするのがアービトラージの定型パターンになります。 売り値で差が出る取引所がどこになるかはわからないため、3つ~4つは口座を開設しておいたほうが良いでしょう。 アービトラージを仕掛けるためには、異取引所での買いと売りを同時に行う必要があるため、売買後に取引所間の送金をしている時間はありません。その間にレートは大きく動いてしまいますので。 それを防ぐためには、リキッドバイコイン、および売りで使用する各取引所に十分な資金をあらかじめ入れておく必要があります。 また、資金を入れておくと言っても少額では意味がありません。 アービトラージは取引所によってレートが異なる点に目を付けた手法ではありますが、いくら異なると言っても大幅に差があるようなことはまずありません。 小さな値幅でそれなりに稼ぐためには、ある程度の量をまとめて買ってまとめて売るだけの資金が必要になります。 というわけで、各所に100万円ずつ入れるとして、合計で約500万円が必要になるという計算です。 これだけの資金が用意できるかどうかが、アービトラージでメリットを出せるかどうかの境目になりますね。 個人的には多額な資金が必要である以外にも、各取引所の決済速度の違いによって想定と違う価格で決済されてしまうなどのリスクもあるため、なかなか思い通りに利益は出せないのではないかと考えています。 というわけで、現時点でも仮想通貨のアービトラージは有効だと思いますが、リスクも十分にあるということをお忘れなく。

「ビットコイン投資」超入門(5)道端のBTC拾い「アービトラージ取引」って?=小田玄紀

プロフィール:小田玄紀(おだ 仮想通貨のアービトラージとは げんき)
株式会社ビットポイントジャパン 代表取締役社長。1980年生。東京大学法学部卒業。大学在籍時に起業し、後に事業を売却した資金を元にマッキンゼー出身者らと共に投資活動を始める。「頑張る人が報われる」をコンセプトにして起業家や社会起業家の事業立上げ・経営支援を行う。株式、FX、債権などの投資にも精通し、仮想通貨取引にも携わる。2016年3月に上場会社子会社として初の仮想通貨取引所であるBitpointを立上げ、同社代表取締役に就任する。

送金手数料が安いビットコインは「取引所ごとの価格差」で稼げる!?

ビットコインの価格は取引所によって少し異なる

現在、国内には10ほどの仮想通貨取引所がありますが、ビットコインを売買している人の中には、複数の取引所に口座を開いている人も少なくありません。

なぜそんなことをするのかというと、より安い取引所でビットコインを買い、それより高く売れる取引所で売るという売買を行うためです。

実は、ビットコインの価格は取引所によって異なります

株式投資では、どの証券会社で売買しても株価は同じですが、FXを含む外貨投資ではFX会社や証券会社など、金融機関によってレートが異なります。ビットコインも外貨と同じように、取引所によって価格が異なるのです。

170210bitcoin_1

取引所によって価格が違うのは、各取引所が別の取引所の価格を見て「うちはもっと安く売ろう」とか「高く買おう」などとしているわけではなく、ビットコインの価格が需要と供給によって決まるからです。

買いたい人が売りたい人に比べて相対的に多いほど、価格は高くなります。取引所によっても、買いたい人、売りたい人のバランスが異なりますから、取引所によって価格が異なるというわけです。

【Python】仮想通貨の自動アービトラージ(裁定取引)プログラム【ロジックと構築方法】

当ブログで公開している"仮想通貨のアービトラージとは 自動トレードプログラムの構築方法"では、アービトラージ (裁定取引)と呼ばれる投資方法を採用しています。アービトラージ とはどのようなものなのかを見てみましょう。仮想通貨を買うときや売るときには、取引所という売りと買いをマッチングさせる場所を使います。仮想通貨取引所は、国内外にたくさんあり、それぞれで買いと売りをマッチングさせているので、日足や週足などで見ると取引所ごとに差がありませんが、5分足や15分足では、価格の剥離が起こります。

実際のアービトラージ

本来のアービトラージでは、剥離が起きた時に安い取引所で買い、安い取引所に送金をし、その後に売りますが、ビットコインの価格変動は激しいので、送金中に損失が出てしまうレートに変動するかもしれません。そこで使うのが、クロス取引と呼ばれるものです。これは、送金する手間をなくすために、もともと、全ての取引所にJPYとBTCを入金しておいて、価格剥離時に同時に売り買いをするという投資手法です。次に、実際にアービトラージを行うときの手順をみてみましょう。以下の図をみてください。

【レート2のときに取引所BでBTCを買いAでBTCを売る(口座残高を均等にするための逆取引)】
次に、図の中の清算をします。1つ前の取引では利益を出すことができましたが、口座残高がAとBの取引所で、BTCのみJPYのみと、別れてしまいました。これでは次の取引ができないので、価格剥離が無くなった時に、先ほどとは逆の取引を行います。
以下の図のように利益分をのぞいて、口座残高が元に戻ったことが確認できます。

利益の確認 仮想通貨のアービトラージとは
1〜4のレートでアービトラージ(クロストレード)をし終わりました。この時の口座残高を初めの口座残高と比べてみると、日本円で40万円の利益が出ていることが確認できました。

3.自動トレードプログラムの概要

私が家で動作を確認した環境
Macbook pro 仮想通貨のアービトラージとは 2016 メモリ16GB core i7

私が連続稼働させている環境
さくらのVPS デュアルコア メモリ1GB

トレードプログラムの投資手法
アービトラージ(クロス取引)

取引環境(使用取引所)
Liquid

4.過去の運用実績

投資には複利という考え方があります。もし毎月5.1%の利益をアービトラージの取引に再投資すると、次の月から元手+先月の利益を運用することになります。
複利による利益は"元手円(1+月率/100)^運用月 - 元手円"より下記になります。

200000(1+0.051)^12 - 200000 = 163297.649円

上記より、複利による理論上の年率は、(163297.649/200000)100 = 81.64%になります

5.注意事項、免責事項

・自動トレードプログラムによる利益を保証するものではなく、考え方や理論を説明、私が開発し使用しているプログラムのコード公開と解説を目的としたものです。
・公開しているプログラムコード、考え方、ロジックは、あくまで私が行なっている投資方法の情報提供という形であり、プログラムの稼働による利益を保証するものではございません。プログラムに対する苦情とご指摘、動かすためのサポート、利用による損失や被害のについて一切の責任を追うことはできません。
・実績は将来的に失われる可能性がございます。
・プログラムを動かすためのサーポートはできかねます。
・私のプログラムを使用する場合は Liquid、coincheckの取引口座が必要です。
禁止事項
・許可なく公開、転送することはお控えください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる