初心者向けおすすめFX動画

前回安値のブレイク

前回安値のブレイク
▼ドル円15分足(クリックで拡大します)

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

高値、安値のブレイク狙いでエントリーされている方にお伺いいたします。 画像は本日5月19日のユーロ円です。

高値、安値のブレイク狙いでエントリーされている方にお伺いいたします。 前回安値のブレイク
画像は本日5月19日のユーロ円です。http://uploda.cc/img/img555af35e41190.png

赤線、青線で示した通り高値、安値共に切り下がっているため売り目線で見ていました。
そして黄色丸でブレイクしましたが飛びつきはしない主義のため一度目は見送りました。

その後の戻りの頂点(緑丸)が前回高値(赤丸)を上回らなかったため下降圧力は強いとみて黄色線で売りエントリー、前回戻りのちょっと上(赤線)に損切り設定しました。
その後予想外のECB理事による 夏の閑散期の前にQEペースを加速 という発言で急落し幸運でした。

さて質問なのですが皆様はどのようにエントリーと利食いをしておられますか?

私が黄色線で示したエントリーポイントは再度ブレイクしたとみられるのは大体この辺だろう、というこれといって根拠の無い物なのでどうもしっくりきません。

利食いは適当な高値と安値の値幅(今回は2個目の赤線と3個目の青線)×0.382、0.764、1を各ポジションの30%としています。残10%は明らかに反転するまで放置。
一応フィボナッチを用いてはいますがこれで良いのだろうかと前々から疑問に感じています。

損切りは問題ないだろうと思っていますが…
前回安値のブレイク
自分はこのような根拠でここでエントリー、同様にここで利食い、損切りしているとお答えいただけると幸いです。
また同じ安値、高値ブレイク狙いでもアプローチが違う、自分ならこう考える等のご意見、ご指南もございましたら是非ご回答ください。

よろしくお願い致します。

もう一つついでの質問を忘れていました
黄色丸で示した1回目のブレイク後戻ることなく一気に走った場合私は何も出来ずに見ているだけになってしまうのですが、皆様はどうなされていますか?
私は1回目のブレイクはだましである事が多いからそれを避けるためには、まあ仕方がないな、で済ませますが…

ブレイクアウトの騙しの事例

初心者あるあるですが、飛び乗ったブレイクが騙しだった…という経験は誰もがしています。

ブレイクアウトのダマシを見極める

理想的なブレイクアウトのイメージ

ブレイクアウトには理想的な形があります。

FX侍です、こんにちわ。 今回はロールリバーサルが起こる理由について。 なぜサポレジを1回抜けたのに、再び値段が戻ってくるのか? その理由は「大衆心理」と「大口目線」である程度の説明がつきます。 ただ単に値動きのパターンを暗記しても応用が効かないので、生きた知識にはなり.

ただし現実的には、先程のイラスト右側の「不安定なブレイク」の方が登場回数も多く、ダマシとなる事が多いパターンです。

トレードチャンスと値幅のどちらを狙うか?

ブレイクに飛び乗る際の注意点


ただし 怪しくなったらスグ逃げられる人じゃないと、気づいた時には含み損になっているリスクがあります。

逆にレア度の高い理想形のブレイクを見つけた場合には、狙える値幅も大きくなります。
この形状を狙っている上級者も多いので、必然的にトレンドが続きやすくなるからです。

値幅を取れる理想形のブレイクでのエントリー場所

理想的なブレイクアウトの実例チャート

ポンドドルでの理想的なブレイク事例

▼ポンドドル5分足(クリックで拡大します)

ポンドドルでの理想的なブレイク事例

▼ポンドドル1時間足(クリックで拡大します)

ドル円での理想的なブレイク事例

▼ドル円15分足(クリックで拡大します)

理想的なブレイクアウトのイメージ

実はこの理想的なブレイクの形は、ダウ理論的に綺麗な高値・安値切り上げというだけです。
勘の言い方は気付いていたと思いますが。

綺麗な切り上げ・切り下げをしているダウ理論のイメージ図

つまり、ダウ理論の波形的にキレイに切り上げ・切り下げをしているブレイクはトレンドが継続しやすいので、結果的にダマシになりにくいという事です。

ダマシを見分けるには 「綺麗さ」 に注目するってことです。

FX侍です、こんにちは。 今回は当ブログで紹介した手法の中で「ブレイクアウトを狙うトレード手法」をまとめました。 レンジや高値安値をブレイクといった、分かりやすい手法なので初心者の方でも取っつきやすいのが特徴ですが、安易に飛び乗ってると騙しに遭う確立も高くなります。 そこ.

FX侍です、こんにちは。 今回はトレンドの見極めに必須の「押し安値・戻り高値」を徹底解説。 この記事で解説する見方が理解できると、こんなメリットがあります。 ・現在のトレンドの向きが分かる ・優位性の高い流れが分かる ・意識されるサポレジが分かる 押し安値・.

FX侍です、こんにちは。 今回は「実際のチャートで押し安値・戻り高値とトレンドを見極めよう!」という実戦形式の内容です。 ダウ理論での押し安値・戻り高値の知識を、実戦で使える知恵に昇華させるパートです。 この記事を読めば、こんな事が分かります。 ・ダウ理論を元に.

【ダウ理論】押し安値・戻り高値を客観的に見つけるたった一つの方法

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 .

【図解】バランスシート縮小とは?テーパリングと何がどう違うの?

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、昨年2021年12月のFOMCの議事録で明らかになったバランスシートの縮小について解説したいと思います。 バランスシート縮小って何?テーパリングと .

【ダウ理論】目線付けの二つの方法と目線を可視化するTradingView用インジケーター
【エリオット波動】 ドル円の長期エリオット波動をマジで分析 / 円の過去50年の歴史を振り返る
【エリオット波動】4波は1波の終点を超えてはいけないは本当なのか?
【エリオット波動】なぜ5波狙いは難しいのか?理由と狙う場合のリスクを解説します。

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 .

MACDのゴールデンクロスだけでも勝てることを30年のデータを使って証明してみた

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、タイトルにもある通り「MACDのゴールデンクロスだけで勝てるのか?」という疑問に対して、データを使って検証した結果について共有していきたいと思います。 取引 .

【波動の見極め方のコツ】推進波と調整波の比率 〜縦軸だけでなく横軸にも着目しよう〜
ヘッドライン相場との付き合い方
これであなたも専業トレーダー! FXトレーダーが買うべきマストアイテム3つを紹介
【Tradingview便利機能】特定の時間足チャートにだけ特定の移動平均線を表示する方法
【ダウ理論】目線付けの二つの方法と目線を可視化するTradingView用インジケーター
【初心者必見!】損切りを常に設定すべきたった一つの理由

2022年5月23日週に向けたドルスト・クロス円の相場分析解説動画です。 解説動画は以下のリンクからご覧頂けます。(メンバーシップ限定) https://www.patreon.com/posts/66735025/ ドルスト·クロス円一気読みは、翌週に向けてドルストレート7通貨ペア、クロス円6通貨ペアの相場分析を動画で解説するコンテンツです。 (※ドル円、ユーロドル、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、ポンドドル、ドルフラン、ドルカナダ、豪ドル円、ユーロ円、ポンド円、NZドル円、フラン円、カナダ円) トレー .

ポンド円のロングです。 今回はダウ理論目線可視化インジケーターを使った実際のトレードを紹介したいと思います。 ダウ理論へのトレードへの使い方の参考にしてください。 リアルトレード解説はメンバーシップ会員の方限定で配信しています。 サバイサバイFXのメンバーシップ会員になって限定コンテンツを見るにはこちら 記事はPatreon.com上でご確認いただけます。 記事リンク https://www.前回安値のブレイク patreon.com/posts/66610718/ &n .

ユーロオージーのショートです。 今回のポイントは トレンド転換1波狙いのコツは○○を根拠に です。 リアルトレード解説はメンバーシップ会員の方限定で配信しています。 前回安値のブレイク サバイサバイFXのメンバーシップ会員になって限定コンテンツを見るにはこちら 記事はPatreon.com上でご確認いただけます。 記事リンク https://www.前回安値のブレイク patreon.com/posts/66528932/

2022年5月16日週に向けたドルスト・クロス円の相場分析解説動画です。 解説動画は以下のリンクからご覧頂けます。(メンバーシップ限定) https://www.patreon.com/posts/66436185/ ドルスト·クロス円一気読みは、翌週に向けてドルストレート7通貨ペア、クロス円6通貨ペアの相場分析を動画で解説するコンテンツです。 (※ドル円、ユーロドル、豪ドル米ドル、NZドル米ドル、ポンドドル、ドルフラン、ドルカナダ、豪ドル円、ユーロ円、ポンド円、NZドル円、フラン円、カナダ円) トレー .

EURCHFのロングです。 ローソク足から買いと売りの強弱を読み解くヒントをお伝えできればと思います。 週足レベルの大レンジブレイクトレードでもあるので、レンジブレイクの参考にもなるでしょう。 一部ポジションはまだ保有中ですが、最終目標達成まであと数週間かかる可能性もあるので中間報告として投稿します。 リアルトレード解説はメンバーシップ会員の方限定で配信しています。 サバイサバイFXのメンバーシップ会員になって限定コンテンツを見るにはこちら 記事はPa .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる