外国為替市場

一目均衡表のシンプルな見方、使い方

一目均衡表のシンプルな見方、使い方

TradingView(トレーディングビュー)に標準搭載されている一目均衡表は、
インジケーターの検索スペースから、「ichimoku」と検索すると、
内臓という区分の中に、「一目雲」という名前のインジケーターが表示されます。

一目均衡表の使い方!最強万能インジケーターの時短トレード手法

一目均衡表の使い方!最強万能インジケーターの時短トレード手法

自動売買EAランキング

\人間には不可能な超高速トレードも?/

サインツールランキング

\いまだに裁量トレードで消耗してるの?/

勉強方法まとめ

\勉強する方法はたくさんある!/

本気で勉強するなら?おすすめ本

\本から学べる情報は貴重!/

おすすめブログ

\勝ってるトレーダーを参考に!/

専業トレーダーから学べ

\専業トレーダーの生の声をお届け!/

userimg

FX歴6年目のFXマニア。
●3年目からプラ転
●4年目にようやく7桁達成
いわゆるザ遅咲きトレーダー。
主にEAとサインツール使ってる。
ポジポジ病患者さんをいかに治すかを考えている。 一目均衡表のシンプルな見方、使い方 一目均衡表のシンプルな見方、使い方
★検証して欲しいEAなどご意見・ご質問はTwitterフォローしDMください★

初心者向け
完全無料FXマニュアル
\登録無料でもらえる!/

メルマガ登録するだけ!
「FX投資マスターガイド」
メルマガ登録無料

高還元率 一目均衡表のシンプルな見方、使い方
キャッシュバックサイト
\キャッシュバックで稼ごう!/

TariTali


稼ぐ手段のひとつに!
「TariTali(タリタリ)」
登録無料

天と地のインジケーターバナー

おすすめサインツール
\爆発的に売れてます!/

自動利確機能付き!
「天と地のインジケーター」
通常販売価格39,800円(税込)

おすすめEA
\仮想通貨もトレード可能!/

自動売買EA「PEACE」


トレード回数平均40回/月
TariTaliとの相性よし!
自動売買EA「PEACE」
通常販売価格23,800円(税込)

一目均衡表で勝てるのか?最適な使い方をバックテストで徹底検証

一目均衡表

  • 一目均衡表を使ったトレードの勝率
  • 最適なエントリーシグナルの組み合わせ

一目均衡表の使い方とその課題

エントリーシグナルのレパートリー

①:転換線が基準線を上抜けたとき

Copyright 2000-2021, MetaQuotes Ltd.

②:遅行スパンがローソク足を上抜けたとき

一目均衡表のシンプルな見方、使い方 Copyright 2000-2021, MetaQuotes Ltd.

③:ローソク足が雲を上抜けたとき

Copyright 2000-2021, MetaQuotes Ltd.

結局どうすればいいのか?

多くの解説サイトでは、 三役好転を推奨する以上にこれらのエントリーシグナルをどう組み合わせて使うのが良いかに関しての議論はほとんどない 印象です。

エントリーに関して

  • 1つだけ使用する:①、②、③
  • 2つ使用する:①②、①③、②③
  • 3つ使用する(三役好転):①②③

手仕舞いに関して

その他補足

通貨ペアUSD/JPY
スプレッド0.3pips(0.3銭)
検証期間2013/1/1 ~ 2021/12/31
ポジション0.1Lot(10000通貨)
資産100万円
転換線期間9
基準線期間26
先行スパン期間52

  • ①:転換線が基準線より上にあるとき
  • ②:遅行スパンがローソク足の上にあるとき
  • ③:ローソク足が雲を上にあるとき

15分足1時間足4時間足
0.98(11228)1.13(2627) 0.99(645)
0.95(20834)1.12(4778) 1.08(1155)
0.99(12028)1.11(2778) 0.87(765)
①②0.96(15484)1.14(3579) 1.04(874)
①③0.98(10893)1.14(2586) 0.93(684)
②③0.97(14876)1.14(3444) 0.97(901)
①②③0.98(12130) 1.16 (2851) 0.93(758)

さて肝心の結果ですが、 15分足でのスキャルピングと4時間足でのスイングトレードでは概ね期待値はマイナス です。つまりこれらの時間足で一目均衡表を使っても基本は負け戦 ということになります。

一方の 1時間足では期待値は常にプラスとなり、中でもエントリーシグナル①②③を使った所謂「三役好転」がベストな戦略 という結果となりました。さすがです。

Copyright 2000-2021, MetaQuotes Ltd.一目均衡表のシンプルな見方、使い方

一目均衡表の使い方と一目均衡表を使ったFXのトレード戦略とは

一目均衡表の使い方と一目均衡表を使ったFXのトレード戦略とは

一目均衡表(ichimoku)

一目均衡表とは、日本の株式評論家である”一目山人(細田吾一)”氏が考案したテクニカル分析法で、 視覚的に市場価格の均衡状態を捉えるインジケーター です。

相場は買い手と売り手の均衡が崩れた方向へ動く という考えに基づき、それが一目で分かることから一目均衡表と呼ばれる所以となっています。

一目均衡表の5本の基本線

一目均衡表の5本の基本線

遅行スパン

先行スパン1

先行スパン2

先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分を「雲」と呼びます。

  • 基準線=(26日間の最高値+26日間の最安値)÷2
  • 転換線=(9日間の最高値+9日間の最安値)÷2
  • 遅行スパン=当日終値を26日間遅行
  • 先行スパン1=(基準線+転換線)÷2を26日間先行
  • 先行スパン2=(過去52日間の最高値+最安値)÷2を26日間先行

一目均衡表の見方

基準線と転換線の見方

一目均衡表の転換線と基準線

転換線と基準線は ロ ーソク足との位置関係と勾配 からトレンドを判別 することができます。

転換線・基準線とローソク足の位置関係

  • ローソク足が転換線・基準線より上→アップトレンド
  • ローソク足が転換線・基準線より下→ダウントレンド
  • 転換線・基準線が横ばい→レンジ

転換線・基準線の勾配

ローソク足との位置関係に加え、 転換線・基準線 の勾配は相場 の勢いを判別する要素 となります。

遅行スパンの見方

一目均衡表の遅行スパン

遅行スパンは現在の売買価格を26日前に遅らせて表示しています。

遅行スパンとローソク足の位置関係

  • 遅行スパンがローソク足より上→アップトレンド
  • 遅行スパンがローソク足より下→ダウントレンド

先行スパンと雲の見方

一目均衡表の雲

一目均衡表の特徴を表す「雲」は、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分に作られます。

ローソク足と雲の位置関係

  • ローソク足が雲より上→アップトレンド
  • ローソク足が雲より下→ダウントレンド
  • ローソク足が雲の中→レンジ

雲の厚さとサポート/レジスタンス

雲のねじれと先行スパンの変化

一目均衡表の売買シグナル

  • 買いシグナル…「好転」「三役好転」
  • 売りシグナル…「逆転」「三役逆転」
  • 転換線が基準線の下から上抜けた時
  • 遅行スパンがローソク足を上抜けた時
  • ローソク足が雲を上抜けた時
  • 転換線が基準線の上から下抜けた時
  • 遅行スパンがローソク足を下抜けた時
  • ローソク足が、雲を下抜けた時

三役好転

  • ①転換線が基準線の下から上抜ける
  • ②遅行スパンがローソク足を上抜ける
  • ③ローソク足が雲を上抜ける

三役逆転

  • ①転換線が基準線の上から下抜ける
  • ②遅行スパンがローソク足の上から下抜ける
  • ③ローソク足が雲を下抜ける

一目均衡表を使ったトレード戦略とは

一目均衡表を使ったトレード例①

とある通貨ペア①日足チャート

とある通貨ペア①4時間足チャート

とある通貨ペア①1時間足チャート

  • ①ウェッジブレイクを想定したレンジ内でのショート。
  • ②ウェッジをブレイクしたタイミングのショート。
  • ③サポートラインがレジスタンスラインに切り替わったタイミングのショート。

一目均衡表を使ったトレード例②

  • 転換線…6
  • 基準線…24
  • 先行スパン2…48

とある通貨ペア①日足チャート

とある通貨ペア①1時間足チャート

とある通貨ペア②15分足チャート

一目でトレンドがわかる!?一目均衡表の活用方法はこれだ!

一目均衡表アイキャッチ-min

一目均衡表

一目均衡表はローソク足のチャートとともに5本の線と「雲」で構成されています。 5本の線とは、基準線転換線先行スパン1先行スパン2遅行スパンと呼ばれるものです。 「雲」とは、先行スパン1の線と先行スパン2の線に挟まれた範囲を指します。

ではここで、一目均衡表を構成する5本の線と雲について簡単に説明していきます。 それぞれの計算式などは以下の通りです。

基準線 (当日を含む過去 26 日分の最高値+最安値)÷2
転換線 (当日を含む過去 9 日分の最高値+最安値)÷2
先行スパン1 (基準線+転換線)÷2を当日含む 26 日先行した線
先行スパン2 (当日を含む過去 52 日分の最高値+最安値)÷2を当日含む 26 日間先行した線 一目均衡表のシンプルな見方、使い方
遅行スパン 当日の終値を当日含んだ 26 日分遅れた線
先行スパン1と先行スパン2の間の領域

一目均衡表の活用方法

転換線と基準線 のクロス

基準線は過去 26 日分の値動き幅の中心値であり、転換線は過去 9 日分の値動き幅の中心値です。 転換線のほうが当日に近い短期間のものなので、転換線が基準線を超えて上に表れた時はトレンドが上昇しているというサインになります。

両線がクロスしたポイントは「好転」といい、買いのサインです。 転換線が基準線とクロスして下に抜けた時は「逆転」といい、売りのサインです。 移動平均線でいわれる「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」によく似ています。

「雲」は先行スパン1と先行スパン2の間の価格帯で、空に雲がたなびいているように見える部分ですね。 先行スパン1と先行スパン2の2本の線に挟まれた領域である「雲」が意味するものは「抵抗帯」です。

ローソク足が雲の上にある時は強気相場であり、雲は「下値支持線」(サポートライン)となります。 ローソク足が雲の下にある時は弱気相場であり、雲は「上値抵抗線」(レジスタンスライン)となります。

一目均衡表 雲-min

ローソク足が雲の上にある時は強気相場か! その他にも一目均衡表の雲はいろんなことを教えてくれるんですね!

遅行スパン (遅行線)

遅行スパンとは当日の終値を、26日間過去にさかのぼって記したものです。 遅行スパンがローソク足より上にあると強気相場であり、下にあると弱気相場です。 遅行スパンがローソク足とクロスして上抜けると「買い」のサイン、下抜けると「売り」のサインとなります。

一目均衡表を読み解くうえで、この遅行スパンを「絶対にないがしろにしてはいけない」と考案者の細田氏は語っています。 氏は、26日間を一番重要なサイクルと見ており、遅行スパンは一サイクル前の価格と当日の価格を比較する意図があるようです。 そして現在の終値が一サイクル前の終値を上回ったら、そこから強気相場になるとみなしているのです。

三役好転・三役逆転は最強シグナル

ここで、一目均衡表において最も強い相場転換サインといわれる「三役好転」「三役逆転」をご紹介しましょう。 三役という3つの条件が揃うことにより、より強固な売買のサインが出来上がります。

「買い」の三役好転

「三役好転」が成立すると買いの最強サインになります。 三役好転となるための 3 つの条件とは以下のものです。

一目均衡表の三役好転

「売り」の三役逆転

「三役逆転」が成立すると売りの最強サインになります。 三役逆転となるための 3 つの条件とは以下のものです。

一目均衡表の三役逆転

三役好転・三役逆転いずれも、3つの条件が揃うことはなかなか難しいので、 2 つ揃った時点でエントリーして残りのひとつの条件が整うまで準備をしておくこともおすすめです。 また、遅行スパンがローソク足と雲から上抜けているかなど、他のサインもあわせてチェックしておきましょう。 日足で三役好転したなら、 1 時間足に落としても三役が達成されるか見てみましょう。

一目均衡表の注意点

とても便利そうな一目均衡表ですが、使うときに注意すべきこともあります。 一目均衡表は、大きな流れを掴むときには一目でわかって便利ですが、 売り買いのポイントを知るのが遅れがち になるというのが欠点です。

また一目均衡表は、 レンジ相場でダマシになりやすい という欠点もあります。 レンジ相場になると基準線と転換線のクロスが頻発しますが、実際にはトレンドの転換にならないというダマシになることがよくあります。 一目均衡表は日足で見ることを前提に作られているので、それより短い1時間足や1分足などの足の場合は、よりダマシが多く発生してしまうのです。

あわせて使いたいテクニカル指標

MACD とは短期と中長期の 2 本の移動平均線による分析法です。

一目均衡表とMACD

スーパーボリンジャーとスパンモデル

スーパーボリンジャーとスパンモデルどちらにも一目均衡表がアレンジされて使われており、一目均衡表のデメリットを緩和したものとなっています。 スーパーボリンジャーとスパンモデルはこれまた日本人が考案したテクニカル分析法です。 考案者の柾木利彦氏は為替ディーラーの経歴を持つ、現代に生きる相場分析家です。

スーパーボリンジャー&スパンモデル

一目均衡表が使える FX 会社

一目均衡表は線がたくさんあり、かつ計算式が複雑なので、普通に作成することはとても困難です。 エクセルで表を作ることもできますが、 FX 会社が提供しているツールを使うことができれば手っ取り早いですよね。 そこで、ここでは一目均衡表が使える FX 会社をご紹介します。

一目均衡表をTradingViewで表示してチャート分析を行う方法

TradingViewに標準搭載されている一目均衡表


TradingView(トレーディングビュー)に標準搭載されている一目均衡表は、
インジケーターの検索スペースから、「ichimoku」と検索すると、
内臓という区分の中に、「一目雲」という名前のインジケーターが表示されます。

こちらの一目均衡表は 本物の一目均衡表と比べて
間違っている箇所がいくつかあるのですが、
それほど大きな違いではないので、
標準搭載の一目均衡表を使っていても問題ありません。

次に正確な一目均衡表を表示する方法について解説します。
正確な一目均衡表は今回紹介するもの以外にもあるかもしれませんが、
まずはこれを参考にしてみてください。

正確な一目均衡表のインジケーターの名前は、
「Revised Ichimoku Kinko Hyo (修正版 一目均衡表)」 です。
このインジケーターを表示する手順は、インジケーターの検索スペースで、
「kinko」もしくは、「kinko hyo」と入力して検索してください。

正確な一目均衡表を表示する方法

そうすると、Revised Ichimoku Kinko Hyo (修正版 一目均衡表)を
選択できるようになります。
正確な一目均衡表のインジケーターは
この画像の一番下のところに表示されているインジケーターです。

一目均衡表をTradingViewに表示したときの様子

このRevised Ichimoku Kinko Hyo (修正版 一目均衡表)を表示すると
チャートに次のようにインジケーターが表示されます。

TradingViewに標準搭載されている、「一目雲」というインジケーターも
見た目は、ほとんどこれと変わらないので、
実際に分析を行うときは好きな方を使ってください。

一目均衡表を使った分析を行うための準備を設定項目

一目均衡表は、転換線・基準線・遅行スパン・先行スパン1・先行スパン2
の5つの線から作られています。
また、一目均衡表の雲は、先行スパン1と先行スパン2の間に色を塗ったものです。

一目均衡表の設定項目

インジケーターで設定を変更できる項目が全部で6個あります。
5つすべての線を表示して分析を行うこともできますし、
必要のないと感じた線を消した状態で分析を行うことも可能です。

上の画像の矢印の先にある、歯車マーク(設定ボタン)をクリックすると、
設定を変更できる画面が表示されます。
その設定画面の中に、それぞれの線の左側にチェックボックスがあると思います。
そのチェックを外すとその線を非表示にすることができますよ。

一目均衡表は長期的な視点での分析に適しているテクニカル指標

一目均衡表の大きな特徴としては、
「相場の状況が変わらない場合は、線が変化しない」 ということです。
つまり、・・・

  • 均衡表の好転・逆転:転換線と基準線のクロス
  • 一目均衡表のシンプルな見方、使い方
  • 遅行スパンの好転・逆転:遅行スパンとローソク足のクロス
  • 三役好転・逆転:ローソク足が雲を上抜ける(下抜ける)
  1. 線が右肩上がり:相場状況が上昇傾向
  2. 線は横ばい:相場状況に変化なし
  3. 線が右肩下がり:相場状況が下降傾向
  4. 転換線:短期の相場分析をするための線(週足の場合:2か月~3か月)
  5. 基準線:中期の相場分析をするための線(週足の場合:半年)
  6. 先行スパン2:長期の相場分析のための線(週足の場合:一年)


一目均衡表は、相場状況が変わらない場合は、線に変化がないので、
ある程度の時間が経過しないと分析の効果が表れないことが多いです。
そのため、 一目均衡表は短期間の分析には適していません。

僕は、 FXに関して、普段は4時間足を使って分析をしていますが、
一目均衡表を使って分析するときは、日足を使って分析をしています。
それは、普段分析している時間軸よりも長い時間軸を使って分析したほうが、
一目均衡表の分析の効果を高めることができると考えているからです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる