FXのやり方紹介

FX入門〜初心者におすすめ

FX入門〜初心者におすすめ
☆4 オールカラーでFXの基礎を解説。いくつある「FX」の基本書のひとつ。オールカラーでイラストも使用しながらFX取引の基礎情報を説明してくれます。株式取引の知識があれば理解がより早いかと思います。本書でも再三述べられていますが、「FX」は株投資よりもギャンブル性が高く。レバレッジを掛けることで最大25倍の資金を投資できますが、損も25倍になるので一気に資金を失う危険もあります。要は自分の欲をいかにコントロールしていくかがポイントでもあるようです。

FX入門〜初心者は難しいレンジ相場では勝負せず、簡単なトレンド相場で勝負!

FX入門〜初心者におすすめ 簡単な トレンド相場 と難しい レンジ相場 の概略

入門 者から脱初心者を目指す方にまず知って頂きたい「今井雅人流初心者向け FX 入門・始め方と口座比較」講座の第2回今回は、FXには簡単な トレンド市場と難しいレンジ相場 が存在するという話です

ここを勘違いしているトレーダーの方が多いので、是非しっかりと身につけてください。

FX入門〜初心者におすすめ FXでは勝率は3~4割で十分!

第2章の「FX入門〜初心者でも勝率3~4割で勝てるが、1回の損失額を決める等徹底した資金管理が条件!」で詳しく解説しますが、私の経験上、個々の為替取引の勝率は4割もあれば上出来です。勝率は4割でも、勝利する際の利益が大きく、敗北するときの損失が小さいというのが、本物のFXのプロです。

付け加えますと、4勝6敗のなかの1勝で大半の利益を上げ、3勝は小さく勝ち、6敗はもっと小さく負ける、というのが理想です。たとえ4勝6敗であっても、その勝敗の内容によってはトータルでプラスにする、すなわち利益を出すことはできるわけです。FX入門者や初心者であれば勝率は3割でも十分でしょう。

そのためには、どうすればよいのでしょうか。それは、「ここぞ」というときだけ取引を行い、そうでないときには行わない、あるいは小さくトレードするのです。

レンジ相場は難しい! FX入門〜初心者におすすめ

為替取引の仕組みとして大切なことは、「レンジ内を動く市場=利益を獲得できる市場」ではないということです。たとえば、米ドル/円でいうと、110〜115円の間を小さな振り幅での上下動を繰り返していると、FX入門者や初心者の方はいかにも利益が上げられそうに思われるようですが、実はこういう市場は非常にむずかしいのです。

プロの 為替ディーラー でも、マーケットが動くと、いつのまにか巻き込まれています。「相場に踊らされている」というか、振れの小さな上下動のなかで売買を繰り返しているので活発にトレードをしている気になるのですが、トータルでは損失を出しているという結果に終わります。FX入門者や初心者の方ならば、まして言わんやでしょう。

FX入門〜初心者におすすめ! トレンド相場は簡単!

逆に、一本調子で上昇するまたは下落するといった市場は、いちばん利益を出しやすいのです。そうしたときにいかに大きく勝つことができるか、そこにプロの真骨頂があります。

つまり、トレード自体を楽しみたいのではなく利益をあげたいのであれば、入門者や初心者の方もむずかしいマーケットはできるだけ避けることです。もし巻き込まれてしまったときは、なんとかしのぎつつ、簡単なマーケットを見つけるのです。そして、そこで徹底的に勝利しなくてはなりません

これが、FXの始め方の基本となる入門者から脱初心者を目指す方までが見習うべきプロの鉄則なのです。

松田遼司の 解説

この第1章2番目の記事では、今井先生は前回の最後に触れたトレンド相場とレンジ相場について詳述しています。

レンジの間を行ったり来たりするレンジ相場はFXを知らない入門者や初心者には簡単だと思われがちです。レンジの上限で売り、下限で買うことを繰り返せばいいからです。しかし、このレンジの上限と下限は明確ではなく、少し狂うと、今回の上限よりも下で売って踏み上げられる、または、下限より下で買ってその後下げると、耐えきれずに損切りする羽目になります。

また、仮に数回レンジ取引でうまく行ったとしても、例えば30ピップスずつ3回利益をあげても合計で90ピップスにすぎず、その後トレンド相場に転換した際に150ピップス離したところに逆指値を置いたとしても合計で60ピップスの損となってしまいます。逆指値を置いて置かなかったならば、損は数百ピップスになることでしょう。いわゆるコツコツドカンです!このように、レンジ相場は、実は難しいのです、

昨年はレンジ相場が長く続き、専業トレーダーでも勝っている方は少なかったと聞いています。ある有名トレーダーの方が、その師匠である方に昨年は赤字だったと聞いて、驚いたそうです。弟子入り後マイナスだったという話を聞いたのは初めてだったそうです。反対に、今年のように一本調子の円安が続くトレンド相場だと簡単に利益が上がります

しかし、4月になりリセッション懸念でロイターのニュースにあるように1932年以来の8週連続のダウの下落で債券に資金が逃避、米国10年債券の利回りが低下し、米ドル/円は短期的にはピークアウトしました。4月と5月はレンジ相場となり、収益を上げるのが難しくなっています

そして、専業トレーダーのようにFXで食べていくためにはレンジ相場でも勝負する必要がありますが、閲覧者の方のような兼業トレーダーはその必要がないということです。去年は休むも相場、反対に今年は全力で勝負に行くのが正解となります。先生の仰るように、欲張らなければ、休むも相場がありのFXは実は麻雀よりも理論的には簡単なのです。あくまでも、感情を抜きにした、理論に置いてですが・・・。

FX初心者のための基礎知識入門

第1章FXをはじめるには

第2章FXの基礎知識を身に付ける

第3章FXをはじめよう

第4章チャートの見方

第5章テクニカル分析入門

第6章ファンダメンタルズ

第7章トレードスタイル

FXとは?FX初心者にわかりやすく解説!

FXとは?

FXとは、「外国為替証拠金取引」の略称です。外国為替を利用した金融商品で、「外国為替保証金取引」や「通貨証拠金取引」と呼ばれることもあります。

株価の動きを利用して利益を狙う株式投資のように、FXでは為替レートの動きを利用して利益を狙うのが取引の基本になります。

円高・円安とは?

円高とは、同じ金額の日本円で交換できる外貨(外国通貨・日本円以外の通貨)の数量が、相対的に多い状態のことをいいます。

円高のイメージ

円安とは、同じ金額の日本円で交換できる外貨の数量が、相対的に少ない状態のことをいいます。

円安のイメージ

FXの取引のしくみと利益確定の方法

FXは、常に変動している為替レートがこの先どうなるかを予測して、上がると思ったら買い、下がると思ったら売ることで利益を狙います

買いで利益を上げる方法

買いから始める取引のイメージ

このように、株などの他の多くの金融商品と同じで、買った値段よりも高い値段で売ると利益、買った値段よりも安い値段で売ると損失が発生します。

FX入門〜初心者におすすめ 売りで利益を上げる方法

売りから始める取引のイメージ

このように、売った値段よりも安い値段で買い戻すと利益、売った値段よりも高い値段で買い戻すと損失が発生します。

株式投資にも、「空売り(からうり)」と呼ばれる、売りから取引を始めることができるしくみは存在しますが、一般的に空売りを行うには信用取引口座を開設する必要があり、さらに売買手数料とは別に一定の貸株料を支払う必要があります。FXなら余計なコストは一切かからず、1つの口座で買いも売りも自由に行うことができ、日本円が関係する通貨ペアなら円高と円安の両方で利益を狙うことができます

FXの取引時間は?

FXは土日を除き、平日なら24時間、いつでも取引することができます。日本が祝日でも、取引が可能です。

外国為替市場のイメージ

また、外国為替市場の参加者が1日の中でもっとも多く、為替レートが動きやすいのは、日本時間の夜の時間帯といわれています。FXは、日中は仕事や家事でなかなか投資に時間が割けない方にも、取引チャンスが多い金融商品といえます。

証拠金とは? レバレッジとは?

その取引の担保となる資金のことを「証拠金」といい、個人のFX取引で必要な証拠金(取引証拠金)の金額は、実際の外国為替取引に必要な金額の4%(25分の1)以上にすることが、法律で定められています。

テコは小さな力で大きなものを動かすことができますが、このようなテコの原理のことを英語で「レバレッジ」といいます。そのため、このような取引は「レバレッジ取引」と呼ばれることもあります。

レバレッジのイメージ

>>> 「証拠金」の詳しい解説記事 はこちら
>>> 「レバレッジ」の詳しい解説記事 はこちら

スワップポイントとは?

スワップポイント(スワップ金利)とは、金利の異なる2つの通貨を交換するときに発生する金利の差額を調整したものです。外貨預金の利息と似たようなもので、金利の低い方の通貨を売って、金利の高い方の通貨を買うことで、2つの通貨の金利差を日本円で受け取ることができます。

スワップポイントのイメージ

スプレッドとは?

スプレッドとは、売るときの値段(売値)と買うときの値段(買値)の差のことで、取引手数料(売買手数料)無料が主流のFXにおける、1通貨あたりの実質的な取引コストに相当します。

スプレッドのイメージ

これは、外貨預金で円を外貨に換えるときや、外貨を円に戻すときにかかる為替手数料と比べると、圧倒的に低コストです。コストの低さから、外貨預金の代わりにFXを利用している方もいます。

ロスカットとは?

ロスカットとは、預けてある資産以上の損失が発生する前に、FX会社が強制的にポジションを決済して、損失を確定させるしくみです。

ロスカットのイメージ

信託保全とは?

そのため、日本国内で法律にもとづいた登録を受けて営業しているFX会社で取引していれば、万が一、そのFX会社が破綻しても、投資家が預けたお金は原則として全額保護されます。外貨預金には、このような制度はありません。

信託保全のイメージ

株取引との違いは?

外国為替市場には非常に多くの通貨ペアが存在しますが、FXで取引できるのは、おおむね20~30通貨ペアぐらいが一般的です。基本的には流動性が高く、通常時は為替レートが安定している通貨ペアが対象となっています。

FXと株式の銘柄数の違い

FXの疑問をズバッと解決!

疑問1…FXの取引単位は?

FX会社ごとに「取引単位」が定められていて、その取引単位の倍数で取引するのが一般的です。多くのFX会社で1000通貨単位の取引が可能で、なかには1通貨単位や100通貨単位で取引できるFX口座を提供しているFX会社もあります。

取引単位が小さければ、その分、取引に必要な証拠金の金額も少なくてすみますし、為替レートの変動による資産へのリスクも相対的に小さくなります。初心者の方は、まずは1000通貨単位などの少額から取引を始めることをおすすめします。

疑問2…取引をはじめるまでの流れは?

FXを取引するためには、FX会社に取引口座を開設する必要があります。株を取引するときに、証券会社に口座を開設するのと同じです。日本のFX会社でFX口座の開設を申し込めるようになるのは、原則として日本に住む20歳以上の方です(ごく一部のFX会社では18歳以上)。申し込みの手続きは、オンライン上ですべて完結します。

口座開設の申し込みには、本人確認書類の提出も必要です。取引をはじめるまでに、マイナンバー(個人番号)を通知する必要もあります。

取引をはじめるまでのイメージ

疑問3…いくらあれば、取引をはじめられる?

FX取引を行っている方が、どれぐらいの資金を口座に入金して取引をしているかについては、「10万円未満」が37.5%、「10~30万円」が19.4%と、30万円以下が全体の半数以上を占めるという、FX会社の利用者調査結果もあります。

必要資金の実態調査

疑問4…なにを使って取引するの?

FXは、PC(パソコン)だけでなく、インターネットにつながっている端末のほとんどすべてから取引をすることができますが、近年はスマホアプリ(スマートフォン専用アプリ)をメインの取引ツールにしている方が、圧倒的に多いようです。

スマホ取引のイメージ

疑問5…FXの税金は?

FXでは一定の利益が出ると、翌年2月からの申告期間中に確定申告を行って、税金を納める義務が発生します。税率は利益の大きさにかかわらず、一律で20.315%です。複数の口座で取引している方は、すべての口座の損益を合算する必要があります。

繰越控除のイメージ

FXのリスク

1…元本や利益が保証されていない

当然のことながら、FXは元本や利益が保証された取引ではありません。これは、ほかの投資でも同じことがいえますが、FXはレバレッジをかけて取引ができる分、ほかの金融商品と比較して、投下資金に対する利益や損失の割合が高くなる傾向にあることは、十分に理解しておく必要があります。

2…為替レートの変動リスク

外国為替市場の規模は非常に大きいため、FXも高い流動性と透明性が確保された金融商品であるといえますが、世界的な金融ショックなどによって、為替レートが急激に変動するリスクがあります。

3…FX会社の信用リスク

資産を預けているFX会社が破綻するなどのリスクです。ですが、FXには「信託保全」の制度があるため、法律にもとづいた登録を受けて営業しているFX会社で取引していれば、FX会社の信用リスクを過剰に心配する必要はないと思います。

4…システムリスク

FXはインターネット回線を使って取引するため、インターネットの接続状態が不安定な場所などでは、思ったように取引できないリスクがあります。とくに、外出先などからスマホアプリを使って取引する場合は、電波状況をしっかりと確認することをおすすめします。

FXで取引できる通貨の特徴

★米ドル

米国の情報は、日本にいてもたくさん入ってくるため、米ドルはFX投資家がもっとも取引しやすい通貨といえます。また、ほかの通貨を取引するときにも、常に動きをチェックしておきたい通貨です。

★ユーロ FX入門〜初心者におすすめ

ユーロ/米ドルは日本円が絡まないため、日本人にはなじみの薄い通貨ペアですが、外国為替市場ではもっとも多く取引されているため、流動性も高く、取引しやすい通貨といえます。

★日本円

米ドル/円と、「クロス円」と呼ばれる米ドル以外の通貨と円が絡んだ通貨ペアは、日本のFX投資家にとってなじみやすい通貨ペアになると思います。日本円を売って外貨を買うことで、多くの通貨ペアでスワップポイントを受け取れるというメリットもあります。

★英ポンド

世界の金融の中心地、ロンドン市場の外国為替取引量は世界一の規模ですが、英ポンド自体の取引量はそれほど多くありません。米ドルやユーロなどと比較すると、値動きが大きくなりやすい傾向があります。

★豪ドル

オーストラリア最大の貿易相手国は中国で、中国向けの輸出は全体の3割を占めます。そのため、豪ドルは中国の景気に敏感に反応しやすいといった特徴があります。また、原油や金などの商品(コモディティ)価格に影響を受けやすいという一面もあります。

★ニュージーランドドル(NZドル)

ニュージーランドドルも豪ドルと同じように、中国の景気に影響を受けやすい通貨といえます。また、オーストラリアと経済的な結びつきが強いことから、オーストラリアの経済にも影響を受けやすく、同じオセアニア通貨として、豪ドルと似たような動きをすることもあります。また、豪ドルと同様、かつては先進国の中では金利水準が高めの傾向にありましたが、現在(2020年11月時点)のニュージーランドの政策金利は0.25%と、非常に低い水準になっています。

★カナダドル

カナダ最大の貿易相手国は米国で、米国向けの輸出が全体の7割を占めるといわれています。そのため、カナダドルは米国の景気に非常に影響を受けやすい通貨です。外国為替市場でのカナダドルの取引量は全体の5.0%と、決して多いとはいえません。為替レートの動きが大きくなりやすい可能性がある点には、注意が必要です。

★スイスフラン

「スイスフラン」とは、スイスの通貨で、通貨記号は「CHF」です。外国為替市場でのスイスフランの取引量は全体の5.0%と、カナダドルとほぼ同じ規模です。スイスは他の国との戦争はもとより、他の国同士の戦争にも一切介入しない永世中立国であることから、昔からスイスフランは、金融危機のときや、世界のどこかで紛争やテロが起こったときに、避難的に買われる安全通貨としても知られています。

★トルコリラ

トルコリラは一時期、非常に高い水準のスワップポイントを受け取れたことから、スワップポイント狙いのFX投資家から非常に人気がありました。しかし、金利の動きもそれなりに激しく、過去に急激な為替レートの変動が何度も起こったことから、取引には十分な注意を払う必要がある通貨といえます。

★南アフリカランド

南アフリカランドも高金利通貨として有名で、高い水準のスワップポイントを受け取れることから、日本のFX投資家に人気があります。ただし、トルコほどではありませんが、南アフリカも政治の情勢が不安定な時期が多いことから、急な為替レートの変動を常に警戒しておいたほうが良い通貨といえるでしょう。

★メキシコペソ

メキシコの輸出は8割が米国向けとなっているので、メキシコペソは米国の景気に影響を受けやすい通貨といえます。2016年に就任したトランプ米大統領が、メキシコの国境に壁を建設する計画を立てたことでメキシコペソが売られたことは、大きな話題となりました。また、アメリカ大陸の中ではカナダと米国に次ぐ原油輸出国のため、原油価格の動きにも、少なからず影響を受けると考えられています。

FX初心者におすすめの本!入門書でファンダメンタル分析も勉強可能

fx初心者にオススメの本


(評価は星5つ中の3.7、評価・レビューの数 37)

この本では、「FXとは何か?」「利益・損失の仕組み」「なぜ外貨の価値が変わるのか」といった基礎を学べます

1冊でFXの全体像がわかる

資金・リスク管理のやり方(トレードの注意点)

FX未経験で何をすればいいかわからない人などは、まず「改訂 確実に稼げる FX 副業入門」を読むといいです。

他の人の口コミ

どうすればコンスタントに利益を上げられるかが、詳細に書かれています

投資で失敗する人の多くが勉強不足です。

この本に書かれていることを地道に行えば、着実に資金は増えていくと思わせてくれる一冊です。

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

fx初心者におすすめの本

累計26万部のベストセラーでイラストや図解が多く読みやすいです。

fxでおすすめの入門書

初心者の方向けに「FXとは?」からわかりやすく書かれており、入門書として評価されてます

fx初心者におすすめの入門書

テクニカル分析でおすすめの本

テクニカル分析のfxおすすめ本


(星5つ中の3.8、評価の数 20)

FX入門〜初心者におすすめ

無料口座開設はこちらから

漫画で読むFX初心者の入門講座

漫画で読むFX基礎知識編

コミック01 FX入門〜初心者におすすめ コミック02 コミック03 コミック04

無料口座開設はこちらから

コミック02佐藤一の場合

無料口座開設はこちらから

コミック03石川あおいの場合

無料口座開設はこちらから

コミック04実力武の場合

無料口座開設はこちらから

コミック04桜木の場合

無料口座開設はこちらから

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】

店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。 取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。 *為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

【21年最新】FX初心者にオススメ本15選!まず3万稼ぐために読むべき本を厳選!

株沢

☆4 オールカラーでFXの基礎を解説。

いくつある「FX」の基本書のひとつ。

オールカラーでイラストも使用しながらFX取引の基礎情報を説明してくれます。

株式取引の知識があれば理解がより早いかと思います。

本書でも再三述べられていますが、「FX」は株投資よりもギャンブル性が高く。

レバレッジを掛けることで最大25倍の資金を投資できますが、損も25倍になるので一気に資金を失う危険もあります。

要は自分の欲をいかにコントロールしていくかがポイントでもあるようです。

☆2 イラスト多用でわかりやすい。

FX初心者です。カラーイラストが多用してあって、読みやすくわかりやすいです。初めて手にとったFX本です。他にも複数冊初心者用の本を購入していますが、まずは、手軽に読めそうな、この本からスタートです。

1-2. 一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門 改訂版

・間違いだらけのFX 基本編
・間違いだらけのFX 応用編
・FXの秘密 ファンダメンタルズ編
・FXの秘密
・勝つ為に知っておきたいFXの真実
・ボクたちのFX!投資生活セキララ編報告
・FXのやり方 手取り足取り大図解

『カラー版 一番やさしいFXの教科書』に比べると、若干文字量が多いが、より詳しく学びたい初心者はこちらがオススメだ。

☆5 入門書として最適

FXを始めようと思うけれど、どうしたらいいのか分からない・・・

理屈は分かるんだけれど、どうしたらいいのか分からない・・・

そんなレベルのわたしが読むと頭の中にストーンと入ってきて良かったです!

FXに感じていた敷居の高さを少し解消してくれた感じ。

まず初めに読む1冊としてはオススメします。

この後は個人の努力とか力量とか才能とか、はたまた運とかになるのだろうと思います。

☆4 わかりやすいです!

FXの基礎が一通り、カラー図解入りで説明されていてわかりやすい。

基本的なことの一通りを理解するにはいいですが、これを見て即実践するのは難しいかもしれません。

FXを知る一冊目の本としては理解しやすくよいと思います。

☆2 基礎的

本当の初心者にはおススメです。基礎的なことしか書いてないのでやってる人には不必要です。

1-3. 新・女子高生株塾

読みやすさ ★★★★★
発行 2011/9/29
Amazon評価 ☆4.4
Amazon価格 ・単行本:1760円
・Kindle:1267円

・Vol 1 利食が馬上の手下になった!? FXで儲かる仕組み
・Vol FX入門〜初心者におすすめ 2 デフレで上がる株とは? 日経平均とデフレの関係 FX入門〜初心者におすすめ
・Vol 3 ナオが馬上に洗脳されたワケ 行動経済学を学ぶ
・Vol 4 投資に「気持ち」はいらない 経済学と投資の関係
・Vol 5 キャバ紙幣で夜の街を活性化する キャバクラで学ぶ経済学
・Vol 6 「いい企業の見つけ方」を教えます 決算短信のカンタンな読み方
・Vol 7 FX入門〜初心者におすすめ 女子高生ミカがTVスターに! 配当利回りに着目した投資
・Vol 8 ミカとナオがTVで株対決!? 短期トレードは仕手に乗れ
・Vol 9 1週間の株対決がスタート! 出来高乖離率に注目せよ
・Vol 10 ミカ、怒涛の追上げを見せる ストップ安と全株一致
・Vol 11 松下ナオの圧勝って!? 整理銘柄と監理銘柄
・Vol 12 バラ色の未来が約束された国 ブラジル高成長のヒミツ
・Vol 13 FX入門〜初心者におすすめ 中国で金の鉱脈が見つかった!? 史上最高値を記録した金価格
・Vol 14 700億円を2倍にする方法 中国と豪ドルの密接な関係
・Vol 15 中国の統計数字は人為的!? 人民元と中国経済
・Vol 16 中国で女性スパイになったケイコ 中国の統計発表の裏側
・Vol 17 ケイコ危機一髪! 日本は社会主義国か?
・Vol 18 馬上の700億円の行方 予想値と発表値の関係
・Vol 19 「おまかせで」できちゃう投資 パッシブ運用とインデックスファンド
・Vol 20 ナオの目が覚めた!? 量的緩和と円安

マンガなので、難しい文章が無く、ストーリーを通して楽しく学ぶことができる。

☆5 マネーゲームの裏舞台が垣間見える良作

株価や為替レートまで、お金の事について普遍的な事が書かれています。

1ドル80円など、書かれた時代を感じさせる箇所も多いですが、本質は今も昔も何も変わっていないのだな、と再認識できます。

絵柄にかなり癖がありますが、それもまた味と思えるなら入門書としてはとても読みやすい作品だと思います。

☆4 漫画なので理解できそうな気がする

全くの初心者なのですが、字列が並んでいるよりも取りつき易い。情報が若干古いような気もする。でも、基本的なことは勉強できる。

☆4 素晴らしい入門書

個人の金融商品全般の説明を劇画タッチで自然と知識が入っていきます。入門書としては群を抜いているレベルではないでしょうか。

2. テクニカル分析について学べる本2選

2-1. ずっと使えるFXチャート分析の基本

引用:amazon

読みやすさ ★★★★★
発行 2018/11/2
Amazon評価 ☆4
Amazon価格 ・単行本:1650円

・プロローグ 「運」や「予想」頼らない! 「値動き」からチャートを読む技術を身につける
・PART1 チャート分析の技術なくして利益は得られない
・PART2 チャートを正しく読み取るためのステップ
・PART3 相場の勝ち組に乗るチャートの読み方
・PART4 実際のチャートで値動きを追って取引する方法
・PART5 フォーメーション分析も値動き重視で確度が高まる

図解も豊富でわかりやすいので、初心者でも理解しやすい内容になっている。

☆5 手法は地味だが良書

FX歴1年半です。これまでもテクニカルに関する書籍は何冊も購入してきましたが、こちらに解説されていることが最も腑に落ちた気がします。

●よかった点
・テクニカル分析において最も基本的な「値動き」にフォーカスが当てられている。
・チャートがふんだんに使われている

●よくなかった点(あえて言うとすれば)
・後半部分は結構理解に時間がかかる
・地味

総合的に見てもキャッチ―さよりも実利にウエイトがあり、良い解説書だと思います。

・FXをはじめてみたけど、何から学んでよいかわからない
・色々テクニカル指標を試してみたけど余り結果につながらない
・ダウ理論をより深く理解したい
・稼ぐトレーダーの思考の基本部分を知りたい

これらに当てはまる人は一読の価値があるでしょう。

※一部抜粋

☆5 すべてのテクニカル分析に活かせる

ダウ理論や高値安値の見方など、10年以上前から知ってるつもりだったが、改めてこの本を読んで正確には理解してなかったことがわかって愕然。うーん、わかった気になっていて、何たる時間の無駄。それとレンジというと、もっと長めのものだけをイメージするが、この本のようにミクロの捉え方はわかりやすくて新鮮。先入観を捨てて、値動きとチャートをイチから勉強し直し。その上で自分の得意なテクニカルと組み合わせようと思います。

☆3 根拠があるエントリーの基本が学べます

ローソク足だけで相場の値動きを判断し、根拠があるエントリーができるようになるために、ローソク足の動きから相場を読む技術の基本が学べる本です。

ローソク足一本一本を細かく見ていくわけじゃなく高値安値を見ていくだけなので初学者向けです。

本書で説明していることは要するに水平線トレードとレンジブレイクによるトレンドフォローの順張りです。レンジ内での売買は避けレンジを抜けてからトレンドを追っかけて取っていく手法です。

ただ、相場を動かす多数派=勝ち組に乗る114頁というのは論理矛盾です。逆張りを何度も否定していますが、そもそも水平線トレードやブレイクからのトレンドフォローには弱点があり、そこに触れずに批判するのはフェアではありません。

悪くはないですけど、さほど得るものもなかったので星3つです。

2-2. 高勝率トレード学のススメ

読みやすさ ★★★★☆
発行 2006/9/14
Amazon評価 ☆4.2
Amazon価格 ・単行本:6380円
・Kindle:4730円

・第1章 トレーディングの授業料
・第2章 現実的な目標を設定しよう
・第3章 ハンディをなくせ
・第4章 ニュースでトレードする
・第5章 複数の時間枠でチャンスを広げよ
・第6章 トレンドでトレードする
・第7章 オシレーターを使う
・第8章 ブレイクアウトと反転
・第9章 手仕舞いとストップ
・第10章 高確率トレーディング
・第11章 トレーディングプランとゲームプラン
・第12章 システムトレーディング
・第13章 バックテストについて
・第14章 マネーマネジメントプラン
・第15章 リスクパラメータの設定とマネーマネジメントプランの作成
・第16章 規律――成功へのカギ
・第17章 オーバートレーディングの危険性
・第18章 内面を鍛えよ――常に冷静であれ

基礎は知っているが、もう少し具体的な内容を理解したい人にオススメだ。

☆4 入門から3~4冊目に読めば価値は有りそうですが既に10冊読んだ人には復習的な感じかも

他の本を多数読んだ後だと発行が古い(12年前)こともあるのかあまり新鮮味は無いです。

初歩の初歩本当に証券口座の開き方とかが書いてある入門書から読み始めて→テクニカル→ファンダメンタルの基礎ときて3~4冊目にこの本を読んだらとても価値の有る内容だと思います。

ただ10冊以上既に読んでいる人だとどの本にも書かれているような感じの内容なので復習みたいな感じになると思います。

逆にこの本を最初の方で読んでおくと次からは一つの手法、心理、短期、長期の投資など分野に特化したような本を読んでいくのが良いのかな。次も総合的な内容の本を読もうとしているなら次の本の内容が復習になると思うので。

でも似かよった内容の本を読んで復習や相場の世界での常識感覚を身に付ける事も大事かもしれませんし★4にしました。

何冊も読んで同じような事が書いてあるのを確認できれば、読んだ人がその情報をどう取って使おうとも一応それが相場の世界における定説や常識である確率が高いわけなので知らないよりマシですし無駄ではないと思います。

☆4 入門書からのステップアップの一冊として

レビューで評価が高かった為入門書を読んだ後に購入しました。投資家に必要な知識である「テクニカル分析」「リスク管理」「メンタルコントロール」がバランス良く書かれている。

ページ数が500くらいありますが内容は比較的スラスラ読めました。テクニカル分析に関しては他の書籍と併用しないと厳しいのではないかと思います。基礎知識がある程度網羅されている為購入して損はなかったです。

☆3 繰り返し繰り返し、そして繰り返し

内容はその通りだなと思います。

ただ本当に繰り返しが多い。

大事なことなので10回言うぞって感じです。

心構えばかりなのでテクニカルや実践的なことを知りたい人は買わない方がいい。

これから初める方、大損したあとの方にはおすすめしますので星3です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる