FXニュース

高金利通貨の特徴とは

高金利通貨の特徴とは
横田くん:
そんなの当たり前じゃないですか! 先生は知らないのですか? 新興国の債券を丁寧に探せば、10%を超える利回りの債券などもありますよ!日本と違って、経済成長もしっかりしているし、人々の所得も順調に増えているみたいですし。
日本人の僕らから見ると、なんだか本当にうらやましい・・・

モルガン・スタンレー 世界高金利通貨投信(年2回決算型)

  1. 高金利で為替見通しが良好な、先進国と新興国の10通貨に分散投資します。
    • モルガン・スタンレー 先進国高金利通貨マザーファンド」 * および「モルガン・スタンレー 新興国高金利通貨マザーファンド」 * への投資を通じて、主として相対的に金利水準の高い世界各国の債券および短期金融商品等に、為替見通しを勘案して投資を行うことにより、安定したインカムゲインの獲得と中長期的な投資信託財産の成長を目指して運用を行います。
      * 総称して、あるいは個別に「マザーファンド」という場合があります。以下同じ。
    • マザーファンドへの合計の投資比率は、原則として高位を維持します。各マザーファンドへの配分は、中長期的な観点から決定される基準配分比率 * に沿って行うことを基本とします。
      * 当面、各マザーファンドへの基準配分比率は均等となる見込みです。基準配分比率は委託会社の判断により見直される場合があります。
    • 実質的 *1 な投資対象とする債券および短期金融商品の残存期間は通常3年以下とし、ポートフォリオのデュレーション *2 は、原則として0~2年程度に維持することを基本とします。
      *1 「実質(的)」とは、マザーファンドを通じて間接的に投資または保有する資産であることを意味します。以下同じ。
      *2 「デュレーション」とは、金利が変動した場合、債券価格がどの程度変動するかを示す指標のことです。この数値が大きいほど、金利変動に対する債券価格の変動率が大きくなります。
    • 原則として、世界の先進主要国および新興国の通貨の中から10通貨程度を選定し、各通貨への実質的な配分は、均等とすることを基本とします。
      ※ ただし、ファンダメンタルズ、市場規模、流動性等に基づく配分の決定ならびに投資対象通貨の見直し等に伴い、実際に組入れられる通貨数が10とならない場合や、各通貨への実質的な配分が均等とならない場合があります。
      ※ 選定した通貨建ての債券等の代替として、他の通貨建ての債券等に投資する場合があります。その場合、外国為替取引を利用することにより、選定した通貨に実質的に投資することを目指します。また、選定した通貨建ての債券の価値や指数の収益率を反映する債券に投資することがあります。
    • 実質外貨建資産については、原則として対円での為替ヘッジを行いません。
  2. 「毎月分配型」と「年2回決算型」があります。

ファンドの決算日

  • 「毎月分配型」 原則として毎月15日(休業日の場合は翌営業日)とします。
  • 「年2回決算型」 高金利通貨の特徴とは 原則として毎年2月15日および8月15日(休業日の場合は翌営業日)とします。

  • 毎決算時に、原則として以下の方針に基づき分配を行います。ただし、将来の分配金の支払いおよびその金額を保証するものではありません。

  • 委託会社は「モルガン・スタンレー 先進国高金利通貨マザーファンド」の運用にあたって、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・インク*およびモルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・リミテッド*に運用の指図に係る権限を委託します。
  • 委託会社は「モルガン・スタンレー新興国高金利通貨マザーファンド」の運用にあたっては、モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・インク * に運用の指図に係る権限を委託します。モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・インクは、委託を受けた運用の指図に関する権限の一部を、英国所在のモルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント・リミテッド * に再委託することができます。
    * 上記2つのマザーファンドの運用の指図に係る権限の委託先を総称して、または個々を指して「投資顧問会社」ということがあります。以下同じ。
  • 専門性を持つ2つの運用チームが各マザーファンドの運用を担当します。
投資リスク

基準価額の変動要因

ファンドは、値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動もあります。)に投資しますので、基準価額は変動します。 したがって、投資信託は預貯金と異なり、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託財産に生じた利益および損失はすべて投資家の皆様に帰属します。 ファンドの主なリスクは以下の通りです。ただし、以下の記述は全てのリスクを網羅したものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる