元トレーダーが解説

ビットコインETFが買える取引所は

ビットコインETFが買える取引所は
「アンプリファイ・トランスフォーメーショナル・データ・シェアリングETF(Amplify Transformational Data Sharing ETF)は、主に世界のブロックチェーンに特化した銘柄で構成されるアクティブ運用のポートフォリオです。

暗号資産/ビットコインETFとは?国内の状況と上場が却下された理由とは?

ビットコインETFとは、ビットコイン価格に連動したETF(上場投資信託)のことです。
ビットコインETFは今、かなり注目されているトピックです。事実として2021年10月19日、アメリカのニューヨーク証券取引所において、ビットコインの先物価格に連動したETFが上場しました。
このニュースは暗号資産業界外からの注目度も高く、これを皮切りにより多くの投資家の投資対象として、暗号資産であるビットコインの選択肢が生まれました。
しかしながら、

  • そもそもETFってどういうものなの?
  • 現物ETFと先物ETFの違い

そもそもETFってどういうものなの?

ETF

ETFとはExchange Traded Fundの略称であり、取引所で取引される投資信託(上場投資信託)のことを指します。上場投資信託とは証券取引所に上場している投資信託を意味し、特定の指数(日経平均株価など)に連動する仕組みです。

現物ETFと先物ETFの違い

ETFには主に、現物ETFと先物ETFという2つの種類があります。
2021年10月19日にアメリカ合衆国のニューヨーク証券取引所において上場したビットコインETFは先物価格に連動したETF、いわゆる先物ETFに分類されるETFです。
この章では2つのETFの種類について詳しく解説していきます。

現物ETFとは

先物ETFとは

ビットコインETFのメリットは何?

メリット

1. 仮想通貨の信用が高まる

2. 機関投資家による資金が流入する

3. 信用取引ができる

4. 流動性が高く売買しやすい

税金面でのメリット

ビットコインETFのニュースが与えるチャートや値動きへの影響は?

不安

チャート

ビットコインETFの申請と却下、承認までの経緯

ウィンクルボス兄弟の申請

CBOE(シカゴ・オプション取引所)による申請

Bitwise(ビットワイズ)による申請

カナダ、バミューダ、ブラジル、ドバイでのビットコインETFの承認

ビットコインETFが世界で初めて承認された国はカナダです。
2021年2月11日にカナダの資産運用会社「Purpose Investments(パーパス・インベストメンツ)」が、ビットコインETFがカナダ規制当局から承認されたと発表しました。

プロシェアーズ社のビットコイン先物ETFの承認

アメリカで2、3番目となるビットコイン先物ETFの登場

時価総額2位の暗号資産、イーサリアム(ETH)のETFへの期待

事実として、アメリカの資産管理会社「Kelly Strategic Management(ケリー・ストラテジック・マネジメント)」は2021年11月29日に、イーサリアムの先物ETFの申請をSECに提出しています。もしこの申請が承認された場合、暗号資産市場にとってかなりの好材料となり得ます。イーサリアムの価格上昇も期待できるでしょう。

審査をしているSEC(米証券取引委員会)はどういう機関?

ビットコインETFの上場申請があった場合における承認可否のための審査については、SEC(エスイーシイー)が行っています。SECは、Securities and Exchange Commissionの頭文字をとった略語です。

日本でビットコインETFは取引できるのか?

ここまでETFの概要、承認による価格変動の動向、承認までの歴史を丸っと解説してきました。
ここまでのトピックを理解した上で、
「では実際に日本でビットコイン先物ETFを購入することはできるのか?」
という疑問が出てくると思います。

ビットコインをポートフォリオに組み込む意義

インフレに対するヘッジ手段

ビットコインはインフレに対するヘッジ手段にもなり得ます。
その決定的な理由は、ビットコインの総供給量が2100万枚と定められているからです。ビットコインの供給量が一定である点は、ビットコインがインフレに対して強い資産であるということを示しています。

同じようにインフレに対するヘッジ手段として想像しやすいのはゴールド(金)だと思います。しかしゴールドは将来的な採掘量がきっちりと定められているわけではありません。もしかすると、新たな金脈が発見されて、全体の供給量が増加することも考えられます。それと比べると、ビットコインは総供給量が2100万枚にきっちりと定められているため、供給量の側面だけで見ると金よりも適切なインフレへのヘッジ手段だと言えるのではないでしょうか。

米国でビットコイン先物ETFの取引が開始、価格の上昇は年末まで続くのか

松嶋 真倫

大阪大学経済学部卒業。都市銀行退職後に調査会社BaroqueStreetのメンバーとして暗号資産・ブロックチェーン業界の業界調査や相場分析に従事。マネックスクリプトバンク株式会社では業界調査レポート「中国におけるブロックチェーン動向(2020)」、「国内外のサプライチェーン領域におけるブロックチェーン活用事例と課題」「Blockchain Data ビットコインETFが買える取引所は Book 2020」などを執筆。国内メディアへの寄稿も行なう。2021年3月より現職。 閉じる

米国でビットコイン先物ETFの取引が開始、価格の上昇は年末まで続くのか

  • 米国で初めてビットコイン先物ETFが承認
  • ビットコイン先物ETFの承認が市場に与える影響
  • ビットコイン先物ETFによる上昇は年末まで続くのか

米国で初めてビットコイン先物ETFが承認

ビットコイン先物ETFの承認が市場に与える影響

ビットコイン先物ETFによる上昇は年末まで続くのか

暗号資産相場全体を押し上げる4つの要因

(1)ビットコイン現物ETFの進展

(2)ビットコインの大型アップデート

(3)ビッグプレイヤーの参入

(4)半減期アノマリー

暗号資産相場全体を下げる3つの要因

(1)金融緩和策の転換

(2)規制強化

(3)期待の剥落

投資のご経験 レポートやコラムの内容が コメント

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ

ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ

バフェットに学ぶ 高配当株の選び方 株主優待 初心者

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる