FXニュース

初心者こそ使うべき損切り

初心者こそ使うべき損切り
楽天証券は、さまざまな金融商品を取り扱う証券会社です。インターネットを中心に、幅広いサービスを展開する楽天グループ株式会社が運営しています。国内外の株式をはじめ、投資信託やFX、金・プラチナなど資産形成に効果的な商品の取り扱いも豊富です。

Website Fakultas Ilmu-ilmu Kesehatan

Menjadi Fakultas yang Unggul dalam Ilmu Pengetahuan, Teknologi dan atau Seni (IPTEKS) di Bidang Kesehatan yang Relevan dengan Pengembangan Sumberdaya Perdesaan yang Berkelanjutan, Berlandaskan pada Sumberdaya dan Kearifan Lokal pada tahun 2034

Kategori

Arsip

Berita Terakhir

  • Pembekalan PBL Terintegrasi Kesmas UNSOED Tahun 2022
  • 初心者こそ使うべき損切り
  • Pemberitahuan dan SOP Kuliah Luring Semester Genap 2021/2022
  • Informasi Pengumpulan Proposal dan Laporan PKL Jurusan Kesehatan Masyarakat UNSOED
  • Mahasiswa Kesmas UNSOED Meraih 初心者こそ使うべき損切り Bronze Medal dalam Kompetisi Internasional Indonesia Inventors Day (IID) 2021
  • Kolaborasi Lintas Fakultas di UNSOED Meraih Medali Emas Pada Ajang Kompetisi Internasional
  • Kuliah Tamu : “Aesthetic in Nursing Practice: 初心者こそ使うべき損切り 初心者こそ使うべき損切り Avenue for understanding feelings, perceptions and ideas of patients” BARBARA LYN A. GALVEZ, Ph.D (College of Nursing, Silliman University, Philippines)
  • Selamat Kepada Alumni S1 Kesmas UNSOED 初心者こそ使うべき損切り yang Lolos Seleksi CPNS dan PPPK Tahun 2021

Social Media

© 2021 Fakultas Ilmu-ilmu Kesehatan, Universitas Jenderal Soedirman - Purwokerto | School Zone | Diciptakan Oleh Rara Theme. Ditenagai oleh WordPress.

Customer Review

*追記2 現在、アマゾンにて出版する 両建ての本を執筆中です。
両建てに関する詳しい書籍がないこと、スワップの有効利用を書いた書籍が皆無のためです。
それから、FXの聖杯の答えを明確に記述する予定です。今まで、聖杯の答えを書いた書籍が見当たりませんでした。誰も明確に解答することができませんでした。それもそのはずです。何故なら、聖杯探しの旅に出たことが、そもそもの間違いだったからです。ヒントは、脚下照顧です。今まで聖杯は、無いとされていましたが、それは、明らかに間違いです。聖杯は存在します。ただ、探す方向がそもそも間違いだったのです。この点についてはコペルニクス的思考の転換が必要です。もう一つヒントを言えば白隠禅師の「坐禅和讃」もヒントとなります。
2020年に出版できればと考えています。
なお、アマゾンの電子書籍以外には出版しないつもりです。
私のコメントに共感できた方は、2020年までお待ちください。500pほどを予定しています。

『片建て』でFXをしている方には、本書をお勧めします。その理由を述べますので、
『損切りでFXの損失を重ねている方 は特にお読みください』
そして、FX業者に騙されていたことに気付いてください。

本当の資金管理とは、損切する必要のない価格帯(スワップで穴埋めできる)で、
適切なポジションサイズの玉を建て、仮に予想が外れたとしても損切などせず、
スワップを有効に使い損の穴埋めをし、原資産を全く減らさず、
しかも、少しずつ有効証拠金を着実に増やしていき、ロスカットされる確率低くし、
増えた資金に比例し建て玉を操作し管理しいくことです。
『決して損切りを徹底することではありません。』 『そもそも、損切りの必要などなかったのです。』
(仮に豪ドル円85円を10,000 通貨1枚買ったとして、70円にまで下落しても、
塩漬けすれば、10年間のスワップは約150,000円 です。損切する必要がどこにありますか。
私は 両建てをしているので150,000円はすでに回収済みとなりますが。)
アメリカの書籍が損切をすすめているのは、彼らが両建てをすることができないからにすぎません。
誤解のないように。

私がFXで1500連勝をしているといいましたが数式で簡単に説明しましょう。
わたしは、両建てを使いますので、チャートの上昇をA、チャートの下落をBとすると両建ては、
売り買い両方の玉を持ちますので
(1/2)^1500=1/2の1500乗は、
(2/2)^1500=2/2の1500乗=1の1500乗=1 となります。
つまり100%の正解率となります。何回市場に参加しても 勝率100%なので1億連勝も可能となります。

もう賢い方は分かると思いますが、これは為替取引の実体をあらわしたものです。
1と2は、為替の上げ下げの比喩です。そして、3回はずせば1,000万円全て没収は、
大暴落、または、大暴騰による損失機会をあらわしています。
上記問題をテクニカル・オシレーター分析法で当てられる訳がないと思うでしょ。
それが、ごく普通の反応です。
でも、fxをしている人は、これを当てられると思って取引しているのです。
上記問題とfxの実体は同じものであるにもかかわらず、日々チャート分析をしながら。
本当に不思議ですね。
無駄な努力なのに・・・。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる