成功させるコツは

固定率トレーリング

固定率トレーリング
--- MarketPosition (Reserved Word) -------------------------------------------

androidyoshiakiの 勝手気ままな ブログ

おやじの 勝手気ままな 人生 の 整理ノート!!!
次の時代を 築く若者の 参考になるかな?

MACD&トレーリング・ストップ注文 の調査

MACD&トレーリング・ストップ注文( ストラテジー )

⇒ 固定率トレーリング http://楽株.jp/jitsugyo/ts-mook/beginner.html

--- 固定率トレーリング・ストップ(Percent Trailing:ストラテジー) -----------

⇒ ( false , 10 , 20 ) = (1株当たり, 指定の含み益, 損切り率) 固定率トレーリング

⇔ PositionBasis( false ) ⇒ 1株当たり = false , 合計金額 固定率トレーリング = true

⇔ FloorAmt( 100 ) ⇒ 指定の含み益 =10円

固定率トレーリング TrailingPct( 20 ) ⇒ 損切り(固定率) = 20%


Wrapper(包み紙) for built-in stop SetPercentTrailing.

( Wrapper ⇒ 固定率トレーリング 複数プログラムの実行時、外部からの入力を一元的に管理し、セキュリティーを高めるプログラム。 )

The IntrabarOrderGeneration attribute(特性) is set to 固定率トレーリング false in this strategy

because the strategy is purely(純粋に) a "wrapper" for the built-in stop reserve(予約された) word SetPercentTrailing. 固定率トレーリング

( reserved word ⇒ 予約語《プログラミング言語などで, システム用に意味が決まっていて, 変数名などに使うことのできない語》 )

This reserved word evaluates(~の値を求める) intrabar

even when intrabar order generation(生成) is 固定率トレーリング disabled(動作しない).

Disabling intrabar order generation in this case prevents(防ぐ) unnecessary(不必要な) computer processing.
>

[IntrabarOrderGeneration = false]

IntraBarOrderGeneration (Reserved Word) ------- 予約語および関数ヘルプ ------------------

EasyLanguage の属性である IntraBarOrderGeneration により、イントラバー注文生成フラグをオンまたはオフにすることができます。属性がいずれのストラテジーコードにもなければ、ユーザーは [計算] タブを通して設定を管理できるようになります。属性があり、 TRUE に設定 されていれば、「イントラバー注文の作成および計算を有効にする」フラグにチェックが入り、チェックボックスが無効化され、ラジオボタンが利用できるようになります。属性があり、 FALSE に設定 固定率トレーリング されていれば、「イントラバー注文の作成および計算を有効にする」 フラグのチェックが外れ、チェックボックスとラジオボタンが無効化されます。

構文は次のとおりです。

[IntrabarOrderGeneration = Value] // where Value can be TRUE or FALSE

この予約語では角括弧の使用が必要です。

[IntrabarOrderGeneration = FALSE] // Strategy will only generate orders at close of bar

固定率トレーリング

inputs:
PositionBasis( false )

1株当たり 固定率トレーリング = false, 合計金額 = true

[DisplayName = "PositionBasis",

ToolTip = " Enter(入力する) true if currency amounts( 貨幣額 ) ( 固定率トレーリング profit targets(利益目標) , stops(損切り) , etc.)

are for the entire(全部そろっている) position;

enter false if currency amounts are per share( 一株当たり ) or per contract.(?) "] ,

FloorAmt( 10 )

1株当たりの含み益(含み損)=10円, 含み益(含み損)の合計金額=1000円

[DisplayName = "FloorAmt",

ToolTip = "Floor Amount. Enter amount of open profit( 利益 ) required(要求された) to activate(アクティブにする) this trailing stop."] ,


TrailingPct( 20 ) ⇒ 損切り %( 固定率)

[DisplayName = "TrailingPct",

ToolTip = "Trailing Percentage. Enter the percent to 固定率トレーリング trail the stop(損切り) . For 20%, enter 20, not 0.20."] ;

if PositionBasis then

// SetStopShare = 指定数値を「1株当たりの含み益(含み損)」として認識

SetPercentTrailing( FloorAmt, TrailingPct );

// SetPercentTrailing = 指定の含み益に到達した場合、固定率によるトレーリングストップ注文を実行

< ** Copyright © TradeStation Technologies, Inc. All Rights Reserved **
** TradeStation reserves the right to modify or overwrite this strategy component
with each release. ** >

Wrapper ⇒ 複数プログラムの実行時、外部からの入力を一元的に管理し、セキュリティーを高めるプログラム

reserved word ⇒ 予約語《プログラミング言語などで, システム用に意味が決まっていて, 変数名などに使うことのできない語》

ToolTip(ツールチップ) ⇒ コンピュータの操作画面の表示要素の一種で、対象に カーソル や マウスポインタ を合わせると周辺に小さな領域が出現し、注釈などが表示されるもの。

(例1) SetStopPosition; SetPercentTrailing( 10000, 15 );

⇒ ポジション合計金額の含み益が10,000円に到達した場合、最大含み益の15%下を損切りラインとしてトレーリングストップ注文を実行。

(例2) SetStopShare; SetPercentTrailing( 30, 5 );

⇒ 1株当たりの含み益が30円に到達した場合、最大含み益の5%下を損切りラインとしてトレーリングストップ注文を実行。


If you don't absolutely require a one-directional percent exit strategy,

then it is 固定率トレーリング strongly recommended that the bi-directional _Percent Exit Pair strategy be 固定率トレーリング used instead.

The entry-bar protection in the latter is more accurate

because even though

the exit amount calculation is still 固定率トレーリング 固定率トレーリング based on the previous close,

it is applied from the actual entry point instead of from the previous close.

THIS STRATEGY IS FOR USE WITH STOCKS ONLY.

Percent-based exit are not commonly used with futures because of the high leverage,

but if required, the code below can be
modified for use with futures by multiplying the stop loss amount by BigPointValue.
>

inputs:
StopLossPct( .05 ) [DisplayName = "StopLossPct", ToolTip =
"Enter a percent of the entry price for the stop loss. Enter 0.XX 固定率トレーリング for XX percent."] ;

SetStopShare;

if MarketPosition = 1 then


SetStopLoss( EntryPrice * StopLossPct ) //MarketPosition=1 ( ロングポジション(買い建て) ) の時

// SetStopLoss = 指定した含み損に達した時点で、(足の途中であっても)自動で成行注文を実行

else


Sell ( !( "PctStopLX-eb" ) ) next bar at Close * ( 1 - StopLossPct ) stop;

トピック

--- MarketPosition (Reserved Word) ------------------------------------------- 固定率トレーリング

指定したポジションについて、ショートポジションまたはロングポジションの数値を返す。

MarketPosition(Num) ⇒ Num は、過去のポジション数を表す数式。

【MT4】自動でトレーリングストップを実行してくれるEA7選!【無料】

・MA Period:MAの期間
・MA method:MAの種類 (SMAやEMAなど)
・Apply to:MAの適用先 (ローソク足の終値や始値など)
・Stop Place:「Current candle」は現在のローソク足に対応するMAに損切りを置き、「Previous closed candle」は1つ前のローソク足に対応するMAに損切りを置きます
・Timeframes:移動平均線の時間軸。「Current」の場合、現在表示している時間足のMAが適用されます
・is the spread considered?: スプレッドを考慮して損切りラインを追跡させたい場合は、「Yes」にします

※またこのEAは、 1つ前のローソク足の高値or安値を基準にトレーリングストップを配置する 機能もついています。

・Trailing_Method:「Candle By Candle」にします
・Timeframes:どの時間軸のローソク足を使うかを指定します

価格% 固定ピップス ATR 移動平均線 シャンデリア 指定範囲の最高値最安値 ボリバン パラボリック エンベロープ 一目均衡表 アリゲーター 〇本後のバーで決済

一定値幅でトレーリングするEA

これは、 現在価格に対して一定値幅を保って損切り値を自動で更新してくれるEA です。

・AllPositions:全ポジションにトレーリングストップを適用したい場合は、「true」にします。「false」にすると、セットしたチャートのトレードのみEAが稼働します。
・Profit Trailing:トレーリングストップが作動するタイミングを指定します。true=取引が利益を出したタイミングでトレーリングストップが有効になります。false=エントリーすると同時にトレーリングストップが作動します
・TrailingStop(値幅):トレーリングストップが実行される条件を指定 ※詳しくは下の式をご覧ください
・TralingStep(固定率トレーリング ステップ値):相場が保有ポジションに対して有利な方向に動いたとき、ステップ値だけストップ注文を動かします

保有ポジションにトレーリングストップ注文を設定した場合、発動される条件は以下の通りです。

ストップ注文価格 + 値幅 + ステップ値(買いポジションの場合)

ストップ注文価格 – 値幅 – 固定率トレーリング ステップ値(売りポジションの場合)

引用: トレーリングストップ注文方法|IG証券

MT4でトレイリング・ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか?

kaigaifx-mt4-metatrader4-trailing-stop

Tradeview Forex

IFCMarkets

ページナビゲーション

  1. ホーム
  2. FAQ
  3. MT4でトレイリング・ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか?

最近のコメント

わんちゃん のコメント

gggggg のコメント

Kinjo のコメント

Kinjo のコメント

********* のコメント

GWも休み のコメント

海外FX会社

仮想通貨取引所

新着情報・お知らせ

  • SimpleFX(シンプルFX)が、最大レバレッジを1,000倍に引き上げ
  • FXGTが、無料VPSホスティングサービスを提供開始
  • XM(XMTrading)が、仮想通貨取引を再開 - ハイレバ250倍&スワップフリー&24時間365日取引できる
  • HotForex(ホットフォレックス)が、ブランド名を「HFM(HF Markets、HFマーケット)」に変更
  • easyMarkets(イージーマーケット)が、MT5口座を提供開始 - MT5(メタトレーダー5)は変動スプレッド
  • AXIORY(アキシオリー)より、公式ウェブサイトの大幅リニューアルのお知らせ

重要なお知らせ

  • SuperForex(スーパーフォレックス)より、模倣サイトを使った詐欺に関する注意喚起
  • AXIORY(アキシオリー)より、模倣サイトおよびAXIORYを名乗る偽メールに関する注意喚起
  • HotForex(ホットフォレックス)より、偽装サイトに関する注意喚起
  • XM(XMTrading)より、偽サイトや偽アプリに関する注意喚起 固定率トレーリング - 詐欺に注意
  • AXIORY(アキシオリー)より、お中元ボーナスキャンペーンに関する大切なお願い
  • 廣常智輝(広常智輝、ひろつねともき、Tomoki Hirotsune、徳島県名西郡石井町在住)への警告

キャンペーン

  • ThreeTrader 温泉旅行券プレゼント 100名様
  • MyFXMarkets 100%+50%入金ボーナス
  • FXDD 20%入金ボーナス
  • AXIORY 100%入金ボーナス
  • XMTrading 口座開設ボーナス 3,000円
  • FBS x レスター・シティFC サイン入りグッズ 10名様

キャンペーンとボーナス

ニュース・リリース

コントラクト

みんなで海外FXは、個人投資家・トレーダーのためのFX・株式投資総合情報サイトです。 日本国外の証券会社(海外証券会社)、日本国外のFX会社(海外FX会社)の情報を中心に、投資用の各種海外口座における会社選びや口座選びの安心と安全の目安を提供します。 これから海外口座で投資(FXや株式、CFDなど)を始める方も、既に海外口座をご利用でも、どんな方でもご利用いただける情報の提供を行っています。 2016年より、海外取引所を中心に仮想通貨取引所および仮想通貨販売所の掲載を開始しました。

投資は、開始される前に市場の仕組みや各社の定める規定や契約を十分に認識し、取引システムの操作方法への理解を深めていただく必要があります。 金融サービスガイドやリスクの説明は、各社のサポートデスクまでお問い合わせください。 取引を開始される前に、金融サービスガイドやリスク説明をお読みいただくようお願いいたします。 いついかなる場面でも、必ずご自身の意思で投資を開始されてください。

みんなで海外FXが提供する全てのサービス及び全ての情報は、FXや株式投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。あわせて、当サイトは、主にユーロ圏在住の日本語スピーカーの方へ向けたものであり、日本在住の方を勧誘することを意図したものではありません。 みんなで海外FXに含まれる市場分析やその他情報は全て個人の見解であり、情報の正確性・普遍性などにおきまして一切の保証・確約をするものでもございません。みんなで海外FXの情報やその内容につきましては万全を期しておりますがその内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じたいかなる損害についてもみんなで海外FXおよび本情報提供者は一切の責任を負うものではないことを予めご了承ください。 みんなで海外FXでは、各種の投資商品及び投資におけるアドバイスは提供しておりません。 みんなで海外FX上の記載事項は、予告なしに内容が変更又は廃止される場合がございます。 ユーザーは、FX会社(海外FX会社、海外FX業者、海外証券会社)の選択、取引口座(海外口座、海外FX口座、証券口座)の開設、資金のご入金、投資行為、その全てをご自身の責任で行うものです。みんなで海外FXは、ユーザーのどのような行為であってもユーザーの責任のもとで発生したいかなる損害に対して責任を負いかねます。 実際に利用する取引口座の設定や環境(スプレッド、ロスカット、マージンコール、取り扱い銘柄など)必ずご自身でご利用となるFX会社(証券会社)にてご確認ください。 みんなで海外FXは、ユーザーが利用するFX会社(証券会社)が提供するサービスにつきまして、一切の責任を負わず、FX会社はみんなで海外FXが提供するサービスに責任を負いません。ご利用のFX会社とみんなで海外FX、それぞれに対しユーザーがその全責任を負う必要があります。 上記されるユーザーの責任につきましては、みんなで海外FXにFXや株式投資だけではなく掲載される全てのファイナンシャル・サービス(電子マネー、オンライン・ウォレット、市況配信サービスなど)においても同様です。投資の抱えるリスクについて十分にご理解とご納得の上でお取引してください。

BTCFXでパラボリックSARを使って加速するトレイリングストップを作ろう!


「BTCFXでパラボリックSARを使って加速するトレイリングストップを作ろう!」への14件のフィードバック

1)売買注文を出す箇所
2)証拠金を取得する箇所
3)CrytptowatchからAPIで価格を取得する箇所

プログラミング超初心者ですが、丁寧な説明のおかげで楽しみながら学習しています。
試しに上記コードを少額で運用しようと思うのですが、その為にはバックテストの関数は全て外せば良いのでしょうか?
また、冒頭の設定項目の初期資金は、プライベートAPI 固定率トレーリング に取って来させる様なイメージでしょうか?
すっとんきょうな質問かも知れませんが宜しくお願いします。

・def records()
・def backtest()
・flag変数の[“records”]

あとは、ログを記録する箇所が残ってしまうので、flag[“records”][“log”].append() を、すべてprint() に置き換える必要があります。コードに[records]が残らないようにしてください。サクラエディタならCtrl+Rで一括置換できます。

返信、ご丁寧に有難うございます。
キーボード叩きたくてウズウズしてきました!(笑)
これからも楽しく拝見させて頂きますので、無理のない範囲で記事の更新宜しくお願いします。

初めてコメントさせて頂きます。
関数def add_position( data,flag )の ポジション全体の情報を更新する部分について,
flag[“position”][“lot”] = ・・・
flag[“position”][“stop”] = ・・・
flag[“position”][“price”] = ・・・
上記のような順序となっていますが,下記の順序が正ではないでしょうか。
flag[“position”][“price”] = ・・・
flag[“position”][“lot”] = ・・・
flag[“position”][“stop”] = ・・・

2回の分割エントリーの成績が実際より良く出てしまってましたね…!
関連するすべての記事でバックテスト検証結果を修正しました。
ついでに4回分割エントリーの成績が本当はもっと良かったことにも気づきました。(平均単価の計算にflag[“position”][“price”固定率トレーリング ]を使うべきところ、last_entry_priceを使ってました…)
ありがとうございました!^^

初めてコメントさせていただきます。
プログラミング初心者です。
サイトを参考に勉強させていただいております。
上記コードのメイン処理を第4回の記事を参考にWhile Ture:に書き直してみたのですが、IndexError: list index out of rangeが出てうまくいきません。
勉強不足で申し訳ないのですが、ご教示ください。
お手数をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

早速の返信ありがとうございます。
ご教示ありがとございます。
一つずつ確認して行きたいと思います。
ご丁寧にありがとうございました。

第1回から勉強させて頂いている素人です。バックテストのコードをベースに実践用に変更させたいのですが、下記の内容の事はやったつもりなのですが動きません。設定項目の上に下記を含めたりしまして、何か素人が起こしやすいミスや、変更しないといけない部分、含めないといけない部分がありましたらご教授頂けませんでしょうか?
import ccxt
bitflyer = ccxt.bitflyer()
bitflyer.apiKey =
bitflyer.secret =

・def records()
・def backtest()
・flag変数の[“records”]

あとは、ログを記録する箇所が残ってしまうので、flag[“records”][“log”].append() を、すべてprint() に置き換える必要があります。コードに[records]が残らないようにしてください。

Forex 固定率トレーリング Testerトレーディングシミュレーターでの素早く、簡単な注文方法[ステップバイステップガイド]

テスト開始後、注文を入れられるようになります。2つの注文タイプがあります。成行注文(現在のマーケットプライスですぐに売買する)と指値/逆指値注文(プライスを指定し、そのプライスにチャートがタッチしたら執行される注文) 注文タブの次のボタンで、注文・注文の変更・削除できます:


1. 新規成行注文を入れる - 成行注文ダイアログを開きます。(キーボードのF2ボタンでも開きます。)

2. 指値/逆指値注文を入れる - 指値/逆指値注文ダイアログを開きます。(またはF3キー)

3. 注文の修正(F4キー) - "オープンポジション"タブ、もしくは、"指値注文"タブから、注文を選択してください。 注文が入っているポジションの利確と損切を設定できます。 指値/逆指値注文の場合、エントリープライス、利確、損切を設定できます。 また、注文を決済するときにも、このウィンドウから行えます。

4. 選択したポジションの決済 固定率トレーリング - ポジションを決済します。(F5キー) 最初に、"オープンポジション"タブから注文を選択してください。右クリックのメニューで注文すると指値注文のタブを開けます。このメニューでボタンが追加できます。ホーム(Home)タブの注文メニューから、これらのボタンを複製できます。

5. 全てのポジションと注文を決済(Ctrl+C) - "オープンポジション"タブ、もしくは、"指値注文"タブにある、エントリーしている全てのポジションを決済し、指値/逆指値注文を削除します。

6. 発注グループを開く(Ctrl+O) - 事前定義したパラメータで発注グループの注文ができます。

7. ポジションを複製 固定率トレーリング - 選択した発注と同じ損切り/利確/ロット数の注文を複製できます。

8. 損益分岐点で損切りする - オープンプライスから素速く損切り値の設定ができる。

9. 証拠金の追加 - 仮想口座に証拠金を入金できます。

10. FXスピードアップを開始 - ワンクリック・トレードツールを走らせる。


11. 一部のポジションを決済 (Ctrl+F5)-選択したオーダーを部分的に閉じます。

12. 指値注文の削除 (F6) - 選択した保留中の注文を削除します。

成行注文ダイアログ. このダイアログから新規に成行注文を入れられます。スポイトボタンを使って、チャートから直接プライスを設定します。 また、損切、利確のプライスを直接入力したり、右側のピップス数値を使って損切、利確を自動計算していれることもできます。 "sell"、"buy"ボタンは、自動計算するときの計算モードの選択になります。売りか、買いか。 「リスク」と「ロット」のラジオボタンを使用して、手動またはリスク管理に基づくロットの計算方法を選択できます。リスクベースのロット計算を選択した場合は、ストップロス値を入力する必要があります。 トレイルストップのタブでは、この注文でトレイルストップを入れるときのパラメーターを設定できます。

  • シンボル - 取引可能な通貨ペアのドロップダウンリストです。
  • ロット - ドロップダウンリストで、手動で設定できる注文のロットサイズを表示します。
  • 「リスク%で計算」オプションでは、リスク管理に基づいてロットサイズを定義します。
    * リスクベースのロット計算を選択した場合は、ストップロスの値を入力する必要がありますのでご注意ください。
  • 「買い」と「売り」のラジオボタンは、計算モード(売りか買いか)を定義します。
  • 「ストップロス」と 「利食い」オプションは、SLとTPの値を調整するために使用します。価格を定義するには、単純に直接入力するか、ドロップレットボタンを使ってチャートから直接拾う手動の方法と、右の簡易計算機を使って自動的に行う方法があります。
  • すぐに - 注文後すぐにトレーリングストップが有効になります。
  • 利益が大きいか同じ場合 - 注文の利益が選択された値以上の場合にトレーリングストップが有効になります。
  • トレーリングストップ(ポイント): - トレーリングストップのサイズをポイントで指定します。
  • 変更のステップ(ポイント): - 利益が以前の固定値から選択されたポイント数を超えた場合にストップロスが変更されます。

新規指値/逆指値注文ダイアログ. このダイアログでは新しい指値/逆指値注文を入れることができます。 スポイトボタンを使ってチャートからプライスを選択します。 また、損切、利確のプライスを直接入力したり、右側のピップス数値を使って損切、利確を自動計算していれることもできます。(この設定により、注文内容が変わる場合があります。) トレイルストップのタブでは、この注文でトレイルストップを入れるときのパラメーターを設定できます。


  • 買い指値、売り指値、買い逆指値、売り逆指値など、保留中の注文の種類。
  • どの価格で注文を執行するか。


このメニューでは、マウスの右ボタンでクリックした地点の価格をチャート上で表示できます。 するとこのように、メニューに価格が表示されます。(107.05508)。この例では、3つの選択肢があります - 事前に定義されたストップロスで107.05508で売り、その後、この価格で買いストップ注文を出すか、この価格で売り指値注文を出すことができます。

他に2つの注文オプションがあります - 固定率トレーリング 事前に設定したパラメーターで売り、買い注文 ホットキー(Ctrl+B and Ctrl+S)を使えば、事前に設定したパラメーター(損切、利確、トレイルストップ、ロットなど)で簡単に注文を行えます。 設定タブで、デフォルトの発注のパラメータを定義できます。




注意: 設定タブでこの項目にある動作を定義するホットキーを、変更できます。



フォレックステスター5には、注文メニューのワンクリック・FXスピードアップツールが搭載されています。では、始めましょう。

FXスピードアップツールを有効にするには、動作/発注- 矢印↗️の先にある∨バーのメニュー→FXスピードアップを開くを選択して開きます。



また、ホーム(Home)固定率トレーリング タブのアクション/注文メニューからこのボタンを探せます。





ダウンロードボタンをクリックしてください。ツールはダウンロードされ、あなたのフォレックステスター5に自動追加されます。

設定ボタン このボタンをクリックすると設定画面を呼びだせます。

設定画面


固定率トレーリング

画面には2つのタブがあります: 一般エイリアスです。

一般タブでは、次の設定ができます。

  • 不透過率 - 画面表示色の透明性の設定ができます。
  • 注文画面を表示 - チェック☑️を入れると、注文リストが有効になります。
  • 常に最前面に表示 - このモードでは他のソフトウェア画面の最前面に表示できます。

エイリアスタブでは、シンボル・リストの別名が確認できます。 別名を追加したい場合には、新規追加ボタンをクリック→入力欄に入力→エイリアスを追加できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる