口座開設アプリ

決算書の読み方 損益計算書

決算書の読み方 損益計算書
仕訳日記帳

銀座K.T.C税理士法人

■損益計算書上から見ることのできる粗(あら)利益についての記述です。正しいと思われるものはどれでしょうか。
a.粗利とは、一般的には売上総利益のことで、売上に対する割合、粗利益率は、会社や取り扱っている商品によってばらばらなのであまり意味はない。
b.粗利とは、一般的には売上総利益のことで、大切なのは、絶対額よりは、売上に対する割合、粗利益率である。これは、主に業種によって異なるので、同業種間の比較は有効である。
c.粗利とは、その会社の最終利益、すなわち当期純利益のことをいう。

3.利益損失の組み合わせ

■損益計算書上、考えられる利益や損失の組み合わせのうちで、以下のもののうち、誤りはどれでしょうか。
(1) 売上総損失ではあるが、営業利益がでている。
(2) 営業損失ではあるが、経常利益がでている。
(3) 経常損失ではあるが、税引前当期純利益がでている。

4.財政状態のチェック

■その会社の財政状態をチェックしたいのですが、まずはなにを見ますか。ひとつ選びなさい。
a.資本金の大きさ
b.資本金に資本準備金、利益準備金をたしたもの
c.資産-負債

5.剰余金のチェック

■会社の良し悪しを判断する場合において、以下の情報の内どれか一つだけを選ぶとするならば、どの情報によるのがよいでしょうか。
(1) 損益計算書の経常利益
(2) 損益計算書の当期純利益
(3) 貸借対照表の剰余金
(4) 貸借対照表の総資産

6.資産と換金価値

■B/Sに計上されている資産は換金価値があるのでしょうか。正しいものを選びなさい。
a.B/Sに計上されているものは、等しく換金価値がある。
b.B/S に計上されているものは、通常は、上にあるものほど換金性が高い。
c.B/S に計上されていることと換金価値とは全く関係ない。

7.支払能力 その1 現金預金を見る

■貸借対照表の現金預金の大きさは何と比較するのが有効ですか?正しいものを選びなさい。
a.現金預金が流動負債を上まわっていれば、その会社の支払能力は高い。
b.株主に対する責任として資本金額だけの現金預金は原則的に持っているべきである。
c.現金預金をいくらもっていても意味のないことだ。

8.支払能力 その2 当座比率を見る

■会社の支払い能力を見る上で以下の指標のうちどれが、もっとも適切でしょうか。
(1) 流動比率
(2) 当座比率
(3) 固定比率
(4) 自己資本比率

9.固定比率、自己資本比率の理解

■銀行から長期の借入れにより、新たに設備投資を行った企業に関し、以下の記述のうち誤っているのはどれでしょうか。
(1) 固定資産が増加するが固定負債も増加するので、固定比率は変わらない。
(2) 負債が増加するので、自己資本比率が小さくなる。
(3) 固定資産が増加するが、自己資本が変わらないので固定比率は大きくなる。

10.負債比率の理解

■銀行借入れでなく、増資により新たに設備投資を行った企業に関し、以下の記述のうち誤っているのはどれでしょうか。
(1) 自己資本比率が大きくなる。
(2) 流動比率はかわらない。
(3) 負債比率はかわらない。

11.売掛金の増加

■取引先の決算書を見てみたら、ここ数年売上増加に伴って、売掛金がどんどん増えています。どういうことが考えられるでしょうか。正しいものを選んでください。
a.売上拡大に伴う売掛金の増大は全く問題ない。
b.無理な拡販をしている可能性があり、要注意である。
c.売掛金は金銭債権だから、その増加や残高と財務の健全性や収益力とは関係ない。

12.棚卸資産の理解

■ 経理担当者の誤りにより、貸借対照表上の棚卸資産の金額が10億円のところ、20億円と計上されてしまいました。その結果として以下の記述のうち正しいのはどれでしょうか。
(1) 正しいものに比べ、売上原価が10億円多く計上され、利益が10億円少なく計上されている。
(2) 正しいものに比べ、売上原価が10億円少なく計上され、利益が10億円多く計上されている。
(3) 決算書の読み方 損益計算書 正しいものに比べ、売上原価が10億円多く計上され、利益が10億円多く計上されている。
(4) 正しいものに比べ、売上原価が10億円少なく計上され、利益が10億円少なく計上されている。

13.減価償却費の理解

■減価償却費とは、長期間使用される固定資産の費用化を長期に渡り行うものですが、以下の記述のうち誤っているのはどれでしょうか。
(1) 減価償却費は、販売費及び一般管理費として計上される。
(2) 減価償却費は、売上原価として計上される。
(3) 減価償却費は、長期の使用期間に渡り、現金の支出を伴う。

14.固定資産売却損について

■バブル時に購入した土地2億円のものを当期において1億円で売却しました。以下の説明のうち、適切なものはどれでしょうか。
(1) 固定資産売却損1億円が営業外費用の部に計上される。
(2) 固定資産売却損1億円が特別損失の部に計上される。
(3) 固定資産売却損1億円の現金支出が生じる。 決算書の読み方 損益計算書

K.T.Cトピックス
外部ネットワーク
メディアセミナー情報
税務スケジュール
お客様の声

資産-負債=自己資本 となります。 決算書の読み方 損益計算書
自己資本とは、資本金に資本準備金、利益準備金、その他剰余金を足したものであり、簡単にいってしまえば、負債以外のもの、つまり返済しなくともよいものを表しています。
負債を右辺に移項すると次のようになります。
資産=負債+自己資本
企業は、返済しなくてはいけない負債と返済しなくともよい自己資本とにより資金を調達しその合計額を資産という形で運用を行うことによって利益を上げます。資本金やそれを含む自己資本がいくら大きくとも、その何倍も負債があれば、財政状態はよいものとはいえません。

流動比率は以下の算式により、求められます。
流動資産÷流動負債
これは1年以内に返済しなければならない流動負債に対し、1年以内に現金化できる流動資産がどのくらいあるかを示すものです。これも会社の支払い能力を見る指標ではありますが、流動資産の中には、すぐには現金化できない棚卸資産等が含まれており、会社の支払い能力をもっと厳しく見るものとして、当座比率があります。算式は以下のようになります。
当座資産÷流動負債
これは1年以内に支払わなければならない流動負債に対し、換金性の高い当座資産がどのくらいあるかを示すものです。当座資産とは、現金預金、売掛金、受取手形、有価証券です。
通常、流動比率なら200%以上、当座比率なら100%以上がよいとされています。

固定比率とは、次の算式により求められます。
固定資産÷自己資本
これは、固定資産を、返済しなくてもよい自己資本によりどのくらいまかなっているかをみるものです。通常、固定資産は長期間の使用により回収されるものであるため、返済の必要がない自己資本でまかなうのがよいとされています。
自己資本比率は、次の算式により求められます。
自己資本÷総資本
これは、総資本のうちどれくらいを自己資本でまかなっているかを見るものです。資金調達は返済の必要のない自己資本でより多くまかなったほうが安全といえます。
銀行から長期の借入れにより設備投資を行うと、貸借対照表の借方の固定資産と貸方の固定負債が増加します。したがって、自己資本は変わらないが総資本は大きくなります。上記の算式にあてはめると、自己資本が変わらずに、固定資産が増加するので、固定比率は大きくなります。また、自己資本は変わらないが、総資本は大きくなるので、自己資本比率が小さくなります。以上より、(1)が誤りとなります。

負債比率は次の算式により求められます。
総負債(他人資本)÷自己資本
したがって、増資により自己資本が増加するが、総負債(他人資本)は変わらないので、負債比率は小さくなります。
また、総資本も増加しますが、同じ額だけ自己資本も増加しますので、自己資本比率も増加することになります。
自己資本比率が高い企業は負債比率が低く、自己資本比率が低い企業は負債比率が高くなります。

損益計算書とは|貸借対照表との違いや経営状況の見方を解説

勘定式の損益計算書

報告式の損益計算書

報告式の損益計算書は、当期純利益を「営業利益」「経常利益」「純利益」の3つの段階に分けて計算する方式です。

勘定式の損益計算書

勘定式の損益計算書

勘定式の損益計算書は、様式の右側に収益、左側に費用と利益を計上する方式です。

損益計算書と貸借対照表の関係

損益計算書と貸借対照表はどちらも企業の経営状況を表す書類である決算書類です。しかし損益計算書には「一定期間の経営成績」を記載するのに対し、貸借対照表には「ある時点の資産や負債、純資産の状況」を記載します。

損益計算書から読み取れる5つの利益項目

損益計算書から読み取れる5つの利益項目

損益計算書の5つの利益項目

損益計算書では、会社の活動による利益を以下の5つに分けることで、会社のどのような活動でどれくらいの利益を出したかという分析が可能になります。

売上総利益

売上総利益は、売上高から売上原価を差し引いたもので、粗利益とも呼ばれます。

営業利益は売上総利益から販売費および一般管理費を差し引いたもので、本業における経営成績が表されています。

営業利益 = 売上総利益 - 販売費及び一般管理費

販売費及び一般管理費

経常利益とは本業と本業外で得た利益のことで、事業全体の活動での経常的な経営成績です。営業利益に営業外収益を加算し営業外費用を差し引いて算出します。

経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 - 決算書の読み方 損益計算書 営業外費用

営業外収益

営業外費用

税引前当期純利益

税引前当期純利益は法人税や住民税などの税金を納める前の利益のことで、最終的な経営成績として計上されます。経常利益に特別利益を加え、特別損失を差し引いて算出します。

税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損失

当期純利益

当期純利益は会社が最終的に得る利益のことです。税引前当期利益から法人税や住民税、事業税など会社が納める税金を差し引いて算出します。

当期純利益=税引前当期利益ー(法人税、住民税及び事業税)

法人税、住民税及び事業税

経営状況を読み取るための損益計算書の見方

経営状況を読み取るための損益計算書の見方

売上総利益率(粗利率)

売上総利益率とは、売上高に対してどのくらい利益を出しているかがわかる指標になります。

売上総利益率=売上総利益÷売上高×100

売上高営業利益率

売上高営業利益率は、本業でどのくらいの利益を上げているかが分かります。売上高に対する営業利益の割合で求められます。

売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100

売上高経常利益率

売上高経常利益率は、事業全体の活動から得た利益が売上高に対してどれだけの割合かを示すものです。効率よく経営を行っているかを知ることができます。

売上高経常利益率=経常利益÷売上高×100

損益分岐点売上高

損益分岐点売上高とは、売上高と費用がまったく同じ金額になるポイントのことです。実際の売上高が分岐点を上回れば黒字、分岐点に満たなければ赤字になります。

損益分岐点売上高=固定費÷
変動費:売上に比例して増加する費用で、商品仕入れ代、原材料費、販売手数料など
固定費:売上に関係なく発生する費用で、人件費、地代家賃、広告宣伝費など

損益計算書の作り方

損益計算書の作成方法

日々の取引を仕訳する

損益計算書を作る最初のステップは日々の取引の仕訳です。まずは、以下の例で仕訳を確認してみましょう。

  1. 1/1 販売するための商品を現金500円で仕入れた
  2. 1/10 ①で仕入れた商品のうち100円分が不良品だったため返品し現金が返金された
  3. 1/20 ①で仕入れた商品(返品したものを除く)全てを現金1,000円で販売した
  4. 1/26 現金50円で事務所の電球を購入した
  5. 2/10 現金100円で事務所の電気代を支払った
  6. 2/15 預金利息10円が普通預金口座に入金された

仕訳日記帳

仕訳日記帳

総勘定元帳に転記する

仕訳帳に仕訳を記録したら、次は仕訳帳の取引を勘定科目ごとに総勘定元帳に転記します。1月の取引を損益計算書の項目だけ転記すると以下の通りです。

総勘定元帳

総勘定元帳

試算表を作成する

総勘定元帳を作成できたら次は全ての勘定科目を集計する試算表を作成します。取引の例の試算表を作成すると以下の通りです。

合計残高試算表

合計残高試算表

損益計算書を作成する

損益計算書

損益計算書

損益計算書の作成手段

損益計算書作成のフォーマット

会計ソフト

freee

freee

freee

freeeは簿記や経理の知識がなくても使えるクラウド会計ソフトです。請求書発行や経費精算、入金管理まで、経理に関わる業務を一元化できます。売上利益の分析なども、見たいときにいつでも数字を確認できるのが魅力です。

フリーウェイ経理Lite

フリーウェイ経理Lite

フリーウェイ経理Lite

フリーウェイ経理Liteは無料で使える会計ソフトです。インストールもバージョンアップもすべて無料。Windowsを使えるパソコン(Windows10、8.1)に対応しています。損益計算書などの決算書や各種帳票を作成でき、他の会計ソフトから出力したデータや、Excelで作ったデータを取り込めるのもメリットです。

弥生会計シリーズ

弥生会計

弥生会計は本格的に経営分析をしたい人におすすめの会計ソフトです。決算書だけではわかりにくい数字をグラフ化して表示し、5期分の貸借対照表・損益計算書など財務諸表を比較することもできます。変動費と固定費を分類して損益分岐点の分析も可能です。

マネーフォワード

マネーフォワードクラウド会計

マネーフォワード

マネーフォワードは人工知能(AI)が搭載され、使うほどに学習して賢く便利になるクラウド会計ソフトです。WindowsとMacに対応し、スマホでも場面に応じて活用できます。

Excel

できるだけコストをかけずに損益計算書を作成したい場合には、Excelがおすすめです。テンプレートを使用すれば1から作る必要がなく、数値を入力すれば自動的に計算し、積み上げグラフなど視覚化できます。

損益計算書の作成には税法の判断なども必要となるため、専門家である税理士の力を借りることは有効な選択肢の1つです。

決算書はここだけ読もう〈2022年版〉

決算書はここだけ読もう〈2022年版〉

内容説明


外出自粛/時短営業で打撃を受けたサービス業・小売業。その一方で、巣ごもり需要の拡大で大幅増益のEC事業。新しい生活様式による行動変容が明暗を分けた2021年3月期の決算を徹底大解剖!!
わかりやすいだけでなく「ビジネスに使える」「投資に役立つ」と高い評価を得ている定番書籍、待望の新年度版。財務三表の本当に必要な項目、その読み方、考え方を徹底的にやさしく、見開き1項目(全69項目)で簡潔に解説。
話題企業12社の決算書分析や問題集で知識の定着が図れます。自習教材にも最適。

目次

PART1 なぜ「決算書」はあるのだろう?
PART2 貸借対照表から始めよう
PART3 損益計算書はここがツボ 決算書の読み方 損益計算書
PART4 キャッシュフロー計算書を読みこなそう
PART5 さあ! 決算書を読んでみよう
PART6 経営分析の基礎を知ろう
PART7 あなたの会社の「収益性」はどうですか?
PART8 「生産性」はこう調べよう
PART9 「安全性」と「資金繰り状態」も決算書でわかる
PART10 成長する会社はこんな会社だ
PART11 「損益分岐点」はここにある
PART12 決算書を読むための心構え

プラクティス 実在12社の決算書を読もう
トヨタ/パナソニック/オリエンタルランド/ソフトバンクGR/ニトリ/富士フィルム

同業他社比較
◎小売業界 J.フロントリテイリングvs.三越伊勢丹HD
コロナ禍の休業要請とインバウンド消失で赤字転落。企業存続のための活路とは?
◎EC業界 メルカリvs.アスクル
家中消費で取扱高増のEC業界。オフィスの衛生用品需要がアスクル決算を下支え。
◎ゲーム業界 任天堂 vs. ソニーグループ
巣ごもり需要で大幅増益。ソニーは「鬼滅の刃」効果に加え、保険や金融に関するお金の動きも。

【前編】ビジネスや投資に役立つ決算書の読み方 ビジネスモデル、経営戦略、利益構造……押さえておきたい3つの財務諸表

Photo AC /kscz58ynk

B/Sには、 会社がどのようにして資金を集めてきたのか、そして、その資金をどのように投資したのか が書かれています。このB/Sを読み解くには、 下図 のようにB/Sを金額と面積が比例するような図に変換するとわかりやすくなります。この図解を「比例縮尺図」と呼んでいます。

B/Sの右側に書かれているのは、 会社がどのようにして資金を調達したか 決算書の読み方 損益計算書 です。銀行からの借入金などの負債(いずれ返済や支払いが必要になるもの)と、純資産に分かれています。純資産は株主に帰属する資本であり、返済の必要はありません。

負債は、さらに流動負債固定負債に分かれています。流動負債は、短期(多くの場合1年以内)のうちに支払いや返済が必要になるもの、固定負債は支払いや返済の期限が長期(多くの場合1年超)のものです。

純資産のセクションには、株主がその会社に直接投資したおカネ(資本金や資本剰余金)と、これまで会社が上げてきた利益のうち、内部留保(事業への再投資)に回した分(利益剰余金)などが示されています。

特に 優良企業といわれるような会社の場合、利益剰余金が非常に大きくなり、その結果B/Sの右側において純資産の割合が大きく、負債の割合が小さくなる傾向 にあります。これは、ここまでに上げた利益を内部留保に回すことで投資に必要なおカネをカバーすることができ、借り入れなどに頼らなくて済むからです。

B/Sの左側は、 調達した資金の投資先 を表し、流動資産固定資産に分かれています。流動資産には短期(多くの場合1年以内)のうちに現金化される資産、固定資産には短期間での現金化を想定していない資産が分類されます。固定資産は、土地や建物などの形のある有形固定資産、ソフトウエアなど形のない無形固定資産、そして短期間のうちに売買することを想定していない投資有価証券などが含まれる投資その他の資産に分けられます。

無形固定資産を見るときに着目したいのが、「のれん」です。のれんとは、会社が買収(M&A)を行なったときの買収価額と買収対象会社の(時価ベースの)純資産の差額になります。

M&Aを行なったときの買収価額は時価ベースの純資産を上回ることが多いため、買収を行なった会社のB/Sの左側には、のれんが計上されます。買収対象会社の資産から負債を差し引いた価値以上に上乗せされた評価部分が、買収会社の無形固定資産のところに、のれんとして表示されているのです。したがって、 多額ののれんが計上されているときには、過去に大きなM&Aを行なった可能性が高い のです。

いかがでしたか? それぞれが意味するところをご理解いただけたでしょうか。【後編】では、基本財務諸表の残りの2つ、「損益計算書(P/L)」と「キャッシュ・フロー計算書(CF計算書)」についてお話しします。

財務諸表の見方

貸借対照表

有形固定資産 建物・構築物、土地、工具・器具・備品等、有形で実在している資産 無形固定資産 ソフトウエア、電話加入権、営業権など無形で長期にわたり有効な権利 決算書の読み方 損益計算書 投資等その他資産 投資有価証券など長期にわたり保有する資産 流動負債 短期借入金や支払手形・未払金など、決算後1年以内に返済しなければならない債務を言います。 固定負債 社債、転換社債、長期借入金など、決算日から返済日まで1年超の期限がある債務を言います。 純資産(資本) 投資家から集めたお金と、企業がこれまでに蓄積した利益の総計を言います。

貸借対照表でチェックしたい項目

損益計算書

損益計算書

損益計算書の例

≪損益計算書≫ 決算書の読み方 損益計算書 決算書の読み方 損益計算書決算書の読み方 損益計算書
① 売上高
② 売上原価
237,674
180,662
③ 売上総利益
( ① 決算書の読み方 損益計算書 - ② )
57,012
④ 販売費・一般管理費 47,391
⑤ 営業利益
( ③ - ④ )
9,621
⑥ 営業外収益 決算書の読み方 損益計算書 決算書の読み方 損益計算書
⑦ 営業外費用
935
403
⑧ 経常利益
( ⑤ + ⑥ - ⑦ )
10,153
⑨ 特別利益
⑩ 特別損失
186
1,115
⑪ 決算書の読み方 損益計算書 税引き前当期純利益
( ⑧ + ⑨ - ⑩ )
9,224
⑫ 法人税等、税金 4,309
⑬ 当期純利益
( ⑪ - 決算書の読み方 損益計算書 ⑫ )
4,915
  1. ① 売上高
    通常の事業活動で得られた収入。連結貸借対照表を見るときにも使う数字です。
  2. ② 売上原価
    売上高に要した商品などの仕入原価・製造原価のことを言います。
  3. ③ 売上総利益
    売上高から売上原価を引いたもの。俗に言う「粗利」のことです。
  4. ④ 販売費・一般管理費
    売上高に対する支出の諸経費。「販売費」には広告宣伝費などが、「一般管理費」には人件費・地代家賃・通信交通費などが該当します。
  5. ⑤ 営業利益
    売上高から売上原価と販売費、及び一般管理費などの支出を引いたもので、企業の1年間の営業活動の成果を示します。
  6. ⑥ 営業外収益
    営業活動以外の原因で経常的に生じる収入。受取利息・受取配当金などの金融収益、有価証券売却益などがあります。
  7. ⑦ 営業外費用
    営業活動以外の原因で経常的に生じる支出。支払利息などの金融費用、有価証券売却損などがあります。
  8. ⑧ 経常利益
    営業利益に営業外損益を加減したもので、企業の1年間の本来の意味での経営成果を示すものであって、業績を判断するうえで最も重要なものです。
  9. ⑨ 特別利益
    臨時に発生した収益等で、経常的な営業活動によって発生する経常損益に含めることのできない利益。固定資産売却益などがあります。
  10. ⑩ 特別損失
    臨時に発生した損失等で、経常的な営業活動によって発生する、経常損益に含めることのできない損失。固定資産売却損などがあります。
  11. ⑪ 税引き前当期純利益
    経常利益に特別損益を加減したものです。
  12. ⑫ 法人税等、税金
    法人税、住民税、事業税といった税金の総計です。
  13. ⑬ 当期純利益
    税引き前当期純利益から法人税、住民税及び事業税等を控除し、法人税等調整額を加減した最終的な利益です。

損益計算書でチェックしたい項目

営業利益 本業で利益を上げているか。営業利益の赤字が続く企業は要注意 決算書の読み方 損益計算書 販売費・一般管理費 同業企業や過去と比較して、膨らみすぎていないか(経費削減など企業のスリム化が図られているか) 経常利益 本業以外の借入金(利息支払)や投資等による支出は適当な金額か(本業の足を引っ張っていないか)

キャッシュフロー計算書

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローの例

≪営業活動によるキャッシュフロー≫
税引き前当期純利益
減価償却費
貸倒引当金の増加額
受取利息、及び受取配当金
支払利息
有形固定資産売却損
売上債権の増減額
棚卸資産の増減額
仕入債務の増減額
500
300
10
△2
2
10
△5
△95
△10
小計 710
利息、及び配当金の受取額
利息の支払額
損害賠償金の支払額
法人税等の支払額
2
△2
△10
△400
営業活動によるキャッシュフロー 300

営業活動によるキャッシュフローでチェックしたい項目

営業活動によるキャッシュフロー(金額) 最終金額がプラスであるかどうか。プラスが多ければ多い程経営状況が良い。 売上債権、仕入債務の増減額 過去や同業他社と比較して大きな動きがないかを確認することで、他社との取引状況の変化を確認できる。売上債権の増大(未回収の売上代金が増えた)はキャッシュフローの減少(マイナス)につながり、仕入債務の増大(仕入代金の未払分が増えた)はキャッシュフローの増加(プラス)につながる。 棚卸資産の増減額 棚卸資産が増大し在庫がたまりすぎていないか。在庫の減少がキャッシュフローの増加(プラス)につながる。

投資活動によるキャッシュフロー

投資活動によるキャッシュフローの例

≪投資活動によるキャッシュフロー≫
有価証券の取得による支出
有価証券の売却による収入
有形固定資産の取得による支出
有形固定資産の売却による収入
貸付による支出
貸付金回収による収入
△100
30
△30
10
△5
10
投資活動によるキャッシュフロー △85

投資活動によるキャッシュフローでチェックしたい項目

投資活動によるキャッシュフロー(金額) 営業キャッシュフロー金額内(プラス分)でマイナスであれば、積極的かつ適度な投資活動が行なわれていると推測できる。 有価証券・有形固定資産の取得による支出 将来に向けて積極的な投資活動が行なわれているかどうか。5~10年間分のキャッシュフローを見比べて、長期的な投資活動を確認すると良い。

財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローの例

≪財務活動によるキャッシュフロー≫
短期借入による収入
短期借入金の返済による支出
長期借入による収入
長期借入金の返済による支出
株式の発行による収入
配当金の支払額
10
△30
20
△10
10
△10
財務活動によるキャッシュフロー △10

財務活動によるキャッシュフローでチェックしたい項目

キャッシュフロー計算書(営業・投資・財務)から推測できる企業状況

経営状況が良好な優良企業 営業キャッシュフローが大きくプラスであり、そのプラス分で投資キャッシュフローと財務キャッシュフローが賄われている。 事業拡大を目指している企業 営業キャッシュフローでプラスを計上しているが、投資キャッシュフローによるマイナス分を賄えず、資金調達のために財務キャッシュフローがプラスとなっている。 経営状況が悪化している企業 営業キャッシュフローがマイナスとなり、投資キャッシュフローと財務キャッシュフローのプラス分で資金を補っている。保有していた資産の売却や借入金等によって資金を調達している。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる