インサイダー取引

選び方を徹底紹介

選び方を徹底紹介
出典:Lancers

ソファ・インテリア情報のソファスタイルマガジン

6 MAR 2022

部屋の印象が変わる!一人暮らし用ソファの選び方・使い方を徹底紹介

快適に一人暮らしをするにはどんなソファを選ぶべきか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか?ソファは座るものですが、何でも良いというわけではありません。それぞれの生活でソファをどのように使うかで、どんなソファがおすすめか異なります。本記事では、一人暮らし用ソファの選び方と、おすすめの使い方を詳しく紹介します。

生活スタイルに合わせてソファを選ぶ

一人暮らし用のソファを選ぶ時、自分の生活スタイルに合わせて選ぶことはとても大切です。

リラックスするなら2人掛け

2人掛けソファは一人暮らしにもおすすめです。一人暮らしには基本的に1人掛けソファを選ぶかと思いますが、ソファに横になったりテレビや映画を観るのが好きな人には2人掛けソファをおすすめします。

読書にはリクライニングソファもおすすめ

本を読むのが好きな人は、リクライニングソファもおすすめです。読書は長時間座るので、ゆったりとしたソファだと姿勢が崩れていって腰が痛くなったり疲れやすくなってしまうこともあります。

リクライニングソファは長時間でも疲れにくい姿勢で座れるように作られています。背もたれの角度を調整できるのもメリットです。座っている時間が長い人は、疲れにくいソファかどうか確認してみましょう。

ソファの色で部屋の印象が変わる

好きな色で選ぶのも良いですが、ソファの色だけでも部屋の印象がガラリと変わります。ソファは明るい色から暗い色まで種類豊富です。部屋に配置した時に違和感がないように、ソファの色も考えて選んでみましょう。

シンプルにモノトーンカラー

モノトーンカラーは基本的にどんな部屋にもマッチします。モノトーンカラーとは黒・白・グレーといった彩りがない色のことです。

北欧風は人気が高い

北欧風は男女問わず、世界中で大人気です。北欧風とは、ナチュラルで飽きのこないデザインが特徴です。

ブラウン系は温もりがある

栗色や焦げ茶色といったブラウン系の色味は、温もりがある部屋になります。ブラウンカラーも幅広い部屋に合うので、迷った時はとりあえずブラウンカラーを選ぶのもありです。ナチュラルやエレガントな部屋にも合います。

ヴィンテージ系でレトロな部屋に

ヴィンテージ系やレトロ系の部屋には、ブラウン・イエロー・グリーンなどの色がおすすめです。とくにブラウンは取り入れやすいカラーと言えます。

ソファのおすすめの配置

ソファの配置も、素敵なインテリアにする大事なポイントです。適当な場所にソファを置くと違和感になることもあり、せっかくの良いソファが台無しになってしまいます。配置に迷っている人も以下を参考にしてみてください。

窓際は基本

ソファを窓際に置くことで、太陽の光を浴びながら読書したりテレビを観たりしてくつろげます。太陽光は心を安定させるといった良い効果があるため、ソファの配置に迷ったら窓際にしておくと良いです。

窓に背を向けた配置はあり?

ソファが窓に背を向けた配置もありです。この配置にするなら、腰窓が良いでしょう。腰窓を背に向けて配置することで、部屋全体が明るく見えます。腰窓から太陽光が当たって気持ち良く過ごせます。

部屋を見渡せる配置は風水的にも良い

風水的に良いのは、ソファの後ろに壁があり部屋を見渡せる配置です。この配置にすることで、金運と人間関係の運がアップすると言われています。

ソファ選びのポイント

ここまでおすすめのソファについて紹介してきましたが、いざソファを買う前にサイズと座り心地を必ず確認してから購入を検討しましょう。見た目だけで選んでしまうと、トラブルになる可能性もあります。

部屋のサイズとソファのサイズは必ず確認する

どのソファにするか選ぶ前にまず、配置する部屋のサイズを測ってメモしておきましょう。良さそうなソファを見つけたら、ソファのサイズを確認し、部屋のサイズと比較してから購入を検討することを強くおすすめします

ソファと部屋のサイズが合わず、返品しなければならないこともあります。とくに2人掛けといった大きいソファにする際は注意が必要です。買い物に失敗しないためにも、部屋とソファのサイズを必ず確認しましょう。

座り心地が良いか確認する

ソファの座り心地が自分に合っているか、実際に確認してみましょう。せっかく見た目が良いソファを買ったのに、座り心地が良くないと勿体ないです。また、自分に合ってないソファだと姿勢が悪くなり、我慢して座ると体を痛めてしまいます。

以上で、一人暮らしでおすすめのソファの選び方をご紹介しました。生活スタイルに合わせて1人掛けソファか2人掛けソファを選んだり、部屋の雰囲気に合わせた色を選ぶなど、自分が重視する選び方でソファを見つけてみましょう。またソファを選ぶ時は、配置する場所・サイズ・座り心地も確認しておけば、トラブルを回避できます。最後に、SOFA STYLE からおすすめのソファをピックアップしてみたので、お気に入りのソファを見つけてみてください。

【徹底比較】記事作成代行おすすめ10選|選び方の注意点・費用の相場までご紹介!

記事作成代行_おすすめ_記事作成代行ドットコム

出典:記事作成代行ドットコム

  • 実力のあるライターのみが在籍
  • 納期厳守率98.24%
  • SEOを配慮した施策提案が可能

料金・コース

コース 料金
おまかせコース 1文字1円
こだわりコース 1文字3円~
  • 細かい指示などナシで一定のクオリティの記事が欲しい
  • 専門性の高い記事をお願いしたい
  • リーズナブルな価格で記事作成代行を行いたい

記事作成センター

記事作成代行_おすすめ_記事作成センター

出典:記事作成センター

  • しっかりとした管理体制
  • 案件ごとに組織で対応可能
  • 月間で200万文字を生産できる

料金・コース

コース 料金
基本プラン 1文字2円~
おまかせプラン 1文字3円~
  • 品質の高い記事を作成してほしい
  • 記事の納品や管理を任せたい
  • 執筆だけでなくキーワード選定やワードプレス入稿も頼みたい

サムライト

記事作成代行_おすすめ_サムライト

出典:サムライト

  • 多方面のマーケティング支援が可能
  • 戦略設計からお願いできる
  • 多数のメディア立ち上げ実績を持っている

料金・コース

  • サイトの新規立ち上げから依頼したい
  • 記事作成以外のマーケティングも支援してほしい
  • 費用よりも結果を重要視している

サグーワークス

記事作成代行_おすすめ_サグーワークス

出典:サグーワークス

  • ライターのランクを選べる
  • 独自開発のチェックシステムを使用
  • 多くの実績を持っている

料金・コース

コース 料金
オンライン発注プラン 1文字0.75円~3円
オーダーメイドプラン 1文字1.2円~4.5円
  • 実績のある業者に依頼したい
  • コストを抑えたい
  • ライターの水準を選びたい

コンテンツウォーカー

記事作成代行_おすすめ_コンテンツウォーカー

出典:コンテンツウォーカー

  • 基準をクリアしたライターのみ
  • 細かい作成指示にも対応可能
  • 専用ツールでWチェックを実施

料金・コース

選び方を徹底紹介 選び方を徹底紹介
コース 料金
バックリンクコース 1文字0.9円
通常コース 1文字1円
こだわりコース 1文字1.15円
プレミアムコース 1文字2円
  • 一定上のクオリティがほしい
  • 安価で大量の記事を作成したい
  • 細かい指示書などを作成したくない

エディトル

記事作成代行_おすすめ_エディトル

出典:エディトル

  • オンライン編集チーム構築サービス
  • オウンドメディアの丸投げが可能
  • 合格率1%を突破した優秀な人材が優先的に登録

料金・コース

  • 即戦力のオウンドメディアチームを作成したい
  • メディアの運用を丸投げしたい
  • コストパフォーマンスにこだわりたい

Shinobiライティング

記事作成代行_おすすめ_Shinobiライティング

出典:Shinobiライティング

  • 記事制作に特化したサービス
  • 圧倒的なスピードで制作が可能
  • 業界ナンバーワンのシェア率

料金・コース

  • とにかくスピーディーに記事を作成してほしい
  • あらゆるジャンルに対応してほしい
  • 個人のアフィリエイターで発注したい

Lancers

記事作成代行_おすすめ_Lancers

出典:Lancers

  • 顧客満足度No1のクラウドソーシングサービス
  • 様々な形式で依頼が可能
  • 選び方を徹底紹介
  • ライターとのやりとりしなくても発注できる

料金・コース

  • 記事作成だけを依頼したい
  • 費用を抑えたい
  • ライターに適切な指示ができる

クラウドワークス

記事作成代行_おすすめ_クラウドワークス

出典:クラウドワークス

  • ユーザー300万人から選べる
  • 登録費や手数料がない
  • 低単価での発注が可能

料金・コース

  • 費用を抑えたい
  • ライターを選ぶ自信がある

Bizseek

記事作成代行_おすすめ_Bizseek

出典:Bizseek

[2022最新] SONY(ソニー)のミラーレス一眼カメラを完全解説。全12機種の比較や特徴、おすすめモデルを紹介

[2022最新] SONY(ソニー)のミラーレス一眼カメラを完全解説。全12機種の比較や特徴、おすすめモデルを紹介

SONY α7 III Shooting in Hateruma


SONY α7 III, FE 16-35mm F4 ZA OSS, 1/1250sec, F11, ISO200, 18mm, 沖縄 波照間島

SONY α7R IV Shooting in Sapporo


SONY α7R IV, FE 12-24mm F4 G, 1/20sec, F4, ISO3200, 12mm, 北海道 札幌市内

SONY α7C Shooting in Yokohama


SONY α7C, FE 28-60mm F4-5.6, 1/40sec, F5.6, ISO1000, 28mm, 神奈川県大さん橋

SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS Shooting at HANEDA


SONY α9 II, FE 70-200mm F2.8 GM OSS, 1/30sec, F4.5, ISO800, 101mm, 東京国際空港

SONY FE 24-70mm F2.8 GM Shooting in OKINAWA


SONY α7 III, FE 24-70mm F2.8 GM, 1/1600sec, F2.8, ISO100, 70mm, 沖縄

SONY(ソニー)ミラーレス一眼カメラまとめ

性能や価格から選びやすい豊富なレパートリー

ソニーの良さの一つはレパートリーの多さにあると思います。

ソニーでは旧モデルも現行モデルとして販売されるため、価格や性能のバランスを見て選択肢が増えるメリットがあります。

近年では、更にシリーズの拡充を行っており、α7シリーズにおける「スタンダード」「高画素」「高感度」に特化したラインナップはもちろん、プロフェッショナル向けのα1も誕生し、他社よりもラインナップの充実具合で一歩リードしている印象です。

ミラーレスで上位機種に挑戦している

SONY フルサイズミラーレス一眼

ソニーではエントリー向けのミラーレス一眼も存在しますが、ミラーレスで上位機種を中心に販売していることが特徴的です。

実際に先ほどご紹介したα7では、世界初のフルサイズミラーレス一眼を発売するなど、ミラーレス一眼カメラ」という分野を重要視しています。

将来性を考えると躍進が期待される

SONY αシリーズ

大手二社が参入することにより、予想通りミラーレス市場は激戦状態となりましたが、既に高級機路線でミラーレスを採用しているソニーでは、パイオニアとして一歩リードした状態で製品開発を進めることができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる