基礎

投資は初心者向けから始めよう

投資は初心者向けから始めよう

投資は初心者向けから始めよう

「つみたてNISA」は、2018年1月からスタートした積立投資向けの非課税制度のことです。特に、少額からの長期・積立・分散投資を支援するために国が設けました。
一定の基準を満たした投資信託に積立投資することで、毎年40万円を上限として最長20年の間に得た分配金と売却益(譲渡益)が非課税になります。
投資に必要な金額は、月々100円~数千円ほど。
投資初心者や資金に余裕のない人でも始めやすく、 「長期の運用を考えている」「節税しながら少額投資を始めたい」という方におすすめの少額資産運用方法です。

個人型確定拠出年金「iDeCo」とは、自分で作ることができる私的年金制度のことです。
国民年金や厚生年金などの確定給付年金とは違って、自分で掛け金を拠出し、自分で選んだ投資商品で運用していくことで、60歳以降に年金または一時金として受け取れます。
最大の特徴は「掛金が全額所得控除される」「運用益が非課税になる」「受給時に所得控除を受けられる」という3つの税制優遇メリットがあることです。
月々の掛け金は5,000円から始めることができ、1,投資は初心者向けから始めよう 000円単位で上乗せすることもできます。

「クラウドファンディング」とは、「群衆(Crowd)」と「資金調達(Funding)」という言葉を組み合わせた造語で、インターネット経由で資金提供者と資金需要者をつなげるサービスのことです。
その中でも金銭的なリターンを得ることができるものを投資型クラウドファンディングと言います。
非上場の株式を発行して資金を集める「株式投資型」や、組合契約を締結することで資金を集める「組合出資型」など、さまざまな種類がありますが、比較的少額で始めやすいのは「組合出資型」です。
必要な投資金額は投資対象や運営会社にもよりますが、「組合出資型」は1万円ほどから始められるでしょう。

「ソーシャルレンディング」とは、「お金を貸したい個人投資家や企業」(レンダー)と「お金を借りたい個人や企業」(ボロワー)をインターネット経由でマッチングするサービスです。クラウドファンディングの一種で、融資型(貸付型)クラウドファンディングと呼ばれることもあります。
お金を借りた企業や個人は、あらかじめ決められた期間・利息で事業者に返済を行い、支払われた利息から事業者の運営報酬を差し引いた金額が投資者に分配されます。
必要な投資金額は投資対象や運営会社にもよりますが、1万円からの少額投資が可能で、投資初心者から上級者まで多くの投資家から支持されています。

「不動産投資型クラウドファンディング」は、運用会社がインターネットを通じて投資家から資金を集め、その資金をもとに不動産運用を行って、収益を投資家に配当するという仕組みです。
2017年の不動産特定共同事業法の改正により登場した、新しい不動産投資方法です。
必要な投資金額は投資対象や運営会社にもよりますが、1万円からの少額投資が可能です。
投資家の元本割れリスクを低減するため、「優先劣後出資方式」を導入している不動産クラウドファンディングの運用会社もあり、投資家の損失が発生しにくい資産運用方法といえるでしょう。

【予算】10万円~50万円までの多額資産運用

投資する金額が多くなるとリスクが増える半面、リターンも大きくなります。
投資額に余裕があれば、分散投資することでリスクを軽減させながら、多額の資産運用も可能です。
ここでは、 投資額5万円~50万円までのおすすめの資産運用方法3つを紹介します。

「株式投資」とは、主に国内市場に上場している株式を売買または長期保有することで売却益・配当金を得るという資産運用方法です。より一般的な「現物取引」だと、株を購入するのに必要な金額は「株価×購入株数(+手数料)」で計算できます。
1株あたりの株価は銘柄によって異なり、購入株数は原則100株から。
最安値の銘柄でも5万円ほどが必要になります。
ただし、証券会社によっては100株未満の売買を行っている場合もあります。
1万円程度からでも始められるため、投資初心者にはおすすめです。

「ロボ・アドバイザー」とは、人工知能(AI)を活用した資産運用の自動化サービスのことです。最適な資産運用についてAIが助言してくれる「アドバイス型」と、運用も含めて全て任せることができる「投資一任型」の2通りがあります。
「投資一任型ロボ・アドバイザー」での投資に必要な金額は運営会社にもよりますが、10万円ほどから始めることができます。
少ない手間で資産運用ができることと、自分の投資スタイルに合わせた運用を行ってくれるため、近年人気が高まりつつある資産運用方法です。

「不動産投資」とは、「不動産(宅地や建物など)を購入して、他人に貸す・売却することで家賃収入や売却益を得る」という仕組みの資産運用方法です。
マンションやアパートの1室に投資する「区分投資」もできるため、投資金額は物件によりますが、頭金と諸経費が50万円~100万円ほどから始めることができます。
不動産投資は、ローンの利用もできるため、早期に始めて長く利益を得るといった運用方法も可能です。資金に余裕があれば、検討したい資産運用方法です。

少額投資でも利益は作れる、メリットとデメリット交えて紹介していきます。

「投資で利益を作るには、ある程度の資金が必要」という話も聞きますが、実際に少額投資では利益を得られないのでしょうか。
もちろん、投資資金が多ければ、大きなリターンを期待できるのも事実です。
しかし、少額投資でも時間はかかりますが、利益を作ることはできます。
国が推奨している投資方法もあり、少額投資には税制優遇のメリットも多くあるのです。
ここでは、少額投資の3つのメリットについて解説していきます。

少ない資金で始められるのは、ローリスクで投資を学べるということです。
少額であれば、思い切ってチャレンジすることもできます。
投資を始めたばかりの投資家にとってはノウハウを身につけ、次にステップアップするための第一歩になるでしょう。

通常、投資で得た利益には20.315%の税金(所得税および住民税)がかかります。
しかし、「つみたてNISA」や「iDeCo」では税制上の優遇を受けることができます。
つみたてNISAでは、毎年40万円を上限として最長20年間、資産運用によって得られた利益が非課税。
iDeCoでは、投資金額を全て「所得控除」として申告することができます。

まとまった利益を生み出すには時間がかかる

「少額投資」は、投資金額が少ないため得られる利益も少なくなります。 投資は初心者向けから始めよう
例えば、株式が大きく値を上げたとしても、保有している株数が少なければ大きな利益にはつながりません。
十分な利益が生み出しづらいというのは少額投資のデメリットと言えるでしょう。

オンライン取引により手数料は安くなるとはいっても、利益が極端に少なければ割高になってしまう場合もあります。
金融商品によっても手数料の相場は変わるので、投資を考える際に確認が必要です。
逆にいえば、まとまった利益さえ得られれば、手数料の負担割合は減っていきます。
少額投資の際は、長期的な運用を視野に入れるのがいいでしょう。

いくらから確定申告が必要になる?

投資による利益は一定の額を超えると、他の所得とは切り離して納税額を計算する「申告分離課税」になります。
そのため、サラリーマンであっても確定申告が必要になる場合があります。
では、いくらの収益から確定申告が必要になるのかを解説していきます。

収益が20万円以上

サラリーマンの場合、投資による 年間の収益が20万円以上になると確定申告が必要になります。
20万円以下の場合は申告不要制度が適用され、原則として確定申告を行わなくても問題ありません。
ただし、給与による 所得が年間2,000万円を超える場合は確定申告が必要です。

基礎控除額(48万円)を超えたら申告

投資による年間の収益が、 基礎控除額の48万円を超えた場合は確定申告が必要です。
これは専業主婦や学生など、給与所得がない方も対象になります。

まとめ|投資は余裕資金で始めよう

もっと手軽に、もっと身近に!1万円から始められる次世代の不動産クラウドファンディング「利回り不動産」

多額の資金が必要となる不動産物件を小口化させて、短期間で投資ができる不動産クラウドファンディングの魅力です。
「将来のために資産形成をしたい」「少額で不動産投資を始めたい」「中長期的な資産形成に挑戦したい」
「利回り不動産」では、運用実績が豊富な投資のプロが、みなさまからの資金で一定の期間不動産を運用し、家賃収入や売却益などを還元。
1万円から投資ができ、不動産投資に申し込みから分配金の受け取りまで、すべてインターネット上で行うことができて、すきま時間に無理なく着実に資産を増やしたいという方にピッタリです。

超初心者向け不動産投資!始めるための準備を1から説明します

超初心者向け不動産投資!始めるための準備を1から説明します

また、不動産投資の特徴としては、実際にアパートやマンションなどの不動産の現物を取得し、運用していくという点が挙げられます。株やFXなどの投資方法では、現物を自分で所有して実際に運用していくというよりも、あくまで売却する際のキャピタルゲインを得ることがメインです。もちろん配当を目当てに株を保有するというインカムゲインを目指す方法もありますが、あくまで投資として利益を得るには、不動産投資であればインカムゲイン、株やFXなどであればキャピタルゲインを目指すという方法が主流となっています。

不動産投資のメリット

不動産投資では、入居者を確保できていれば、毎月安定的に家賃収入が得られるというのが大きなメリットです。入居者と賃貸借契約を結ぶ場合には、基本的に1年~2年の期間で更新していくというパターンが多いため、長期的に家賃収入を得ることができます。また、うまく不動産を経営できている場合、銀行の定期預金などに比べると数倍~数十倍もの利回りを狙うことも可能です。需要の高い地域であれば家賃を高く設定することもできますし、入居希望者の数も期待できるでしょう。

そして、不動産投資には大きな節税効果もあります。不動産投資においては管理費や修繕費などの費用がさまざま発生しますので、これらの費用をしっかり経費として計上することで、不動産の所得を抑えることができます。このほか、不動産所得が赤字になった場合にはほかの給与所得などと損益通算して相殺することができ、その結果として所得税や住民税も抑えられます。また相続においても、現金をそのまま相続するよりも、不動産として相続したほうが相続税を低く抑えられるケースが多いという点でもメリットがあります。

不動産投資のデメリット・リスク

まず不動産投資のデメリットとして挙げられるのは、不動産の価格が高いため、イニシャルコストが高くなるという点です。ローンを利用すれば少ない資金を元手に高価な不動産を購入することは可能になりますが、それでも一定の自己資金が必要になります。

また、不動産投資で実際に不動産を運用するにあたっては、入居者関連のリスクもあります。たとえば入居者が退去した場合、次に誰かが入居してきてくれるまで、その部屋からの家賃収入がゼロになってしまうという空室リスクです。空室を埋めるためにリフォームを試みる、広告を出すというような空室対策をとらなければなかなか空室が埋まってくれないことも考えられます。

また、保証会社を利用することである程度家賃滞納のリスクを抑えることは可能ではあるものの、入居者が何らかの理由で家賃を支払ってくれないという、いわゆる家賃滞納のリスクもあります。

このほか、不動産を売ってキャピタルゲインを得たいと考えても、不動産は売りたいとき簡単に売れないことがある点も、気を付けたい不動産投資のデメリットです。これを専門的には「流動性が低い」と言いますが、売りたくても売れずに保有している間にその不動産の資産価値が低下してしまうというリスクです。

同様に、経年により資産価値が低下し、家賃も下げざるを得なくなり、家賃収入が低下してしまうという老朽化リスクなどもあります。他の不動産投資に関するリスクについて詳しく解説した記事や、不動産投資に失敗してしまったというケースを紹介している記事もご用意しておりますので、ご一読いただき、今後の不動産投資に役立ていただければと思います。

株初心者必読おすすめ投資本8選。レベルアップを目指すなら読むべき一冊とは

株初心者必読おすすめ投資本8選。レベルアップを目指すなら読むべき一冊とは

※1 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※2 参照:2021年オリコン顧客満足度®︎調査 ノンバンクカードローン
※3 Webで申込時に最短60分融資可能
21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
2021年9月13日現在
引用元:SBI証券、楽天証券、松井証券、マネックス証券、auカブコム証券、SMBC日興証券、野村證券、大和証券、みずほ証券、SBIネオトレード証券

米国株で選ぶ

会社名 1 2 3 4 5

【株初心者入門】投資のためにネット証券で口座を開設すると

無料でネット証券の口座を開設しても、投資の本では得られない「生きた情報」が手に入る。毎日配信される株式や市場のニュース、世界の経済状況など、投資やビジネスに関するありとあらゆる情報が手に取るように分かり、また投資のプロたちの分析なども無料で読むことができる。様々な「生きた情報」をもとに実際の投資を行えば、本で学んだ知識も活かされ、脳内ではなく現実の資産が形成できるのだ。

ネット証券の場合、口座が無料で開設できるだけでなく維持費も無料のところがほとんどだ。まだ一歩が踏み出せなくて悩んでいる間なら1円の支出も発生しない。そして、実際に株式などの投資を行う時も、実店舗の証券会社に比べて圧倒的に手数料が安いというメリットもある。証券会社によっては、10万円以下の資金なら100円程度の手数料で投資ができるのだ。手軽にそしてローリスクに投資を行うなら、ネット証券による投資が最善の選択といえるだろう。

SBI証券が向いている人・向いていない人

SBI証券が向いている人

SBI証券が向いている人

SBI証券が向いている人は投資を始めて間もない投資初心者の方です。取引手数料が安く、取扱い銘柄が豊富なため上級者として成長するまでしっかりと使い続けることができます。

SBI証券が向いていない人

SBI証券が向いていない人

SBI証券が向いていない人は新規上場株式を購入したい方です。SBI証券の利用者が非常に多いため他の証券会社よりIPO抽選の当選確率が低くなってしまいます。

不動産投資初心者なら
押さえるべき基本

不動産投資とは、安全性が高く、長期にわたって安定した収入が確保できる有効な資産運用の手段です。 月々のローンを家賃収入を活用して支払うことができるので、普段と変わらない生活をしながらローン残高を減らすことが可能です。
なので、少ない自己資金で取り組むことができる投資手段として、多くの皆さまから選ばれております。
また、ローン完済以降は、入ってくる家賃がすべて「私的年金」扱いとなるので、マンション経営を「もう一つの年金」として考える方が増えています。

オーナー様が購入したマンションの部屋を入居者に貸し出し、入居者は家賃を納めます。多くの場合、物件は銀行からのローンで購入するので、その家賃収入の中からローンを返済していきます。

不動産投資で収益を得る2通りの方法

インカムゲイン

オーナ様が物件を購入。オーナー様が購入したマンションの部屋を入居者に貸し出し、入居者は家賃を納めます。その家賃収入で利益を得る方法です。

キャピタルゲイン

所持している不動産の価値が購入時より高騰し、高値が付いたタイミングで売却して差額の利益を得る方法です。

銀行にお金を貯めるのは自分のお金。マンションのローンを返済するのは他人が払ってくれるお金。
自己資産を他人資本で構築していける のが、ローンを使った不動産投資です。
物件を複数組み合わせることによって、より効率のいい資産形成ができるのも大きな魅力です。

代表的な「4つ」の不動産投資物件

マンション経営(区分)

マンション経営(一棟)

アパート経営

戸建て経営

不動産投資と他の投資を比較してみよう

リスクとリターンの比較

ローリスク・ローリターンの投資は、債権・預金・保険商品などがあります。ミドルリスク・ミドルリターンの投資には不動産投資などがあります。ハイリスク・ハイリターンの投資にはFX・株式投資などがあります。

投資は初心者向けから始めよう
ハイリスク・ハイリターン
FX 外国為替証拠金取引為替レートの変動に着目した投資。情勢により大きく変動することもある。
少ない資金でもレバレッジをきかせて大きな投資、取引ができる。
株式投資 変動が大きく、収益が大きいこともあるが、暴落すると大きな損失が出る場合も。
ミドルリスク・ミドルリターン
不動産投資 安定した家賃収入が得られる。資産価値がゼロになることはない。預金・証券に比べ、換金性が低い。
ローリスク・ローリターン
債権 利回りが確定して安全だが、収益は少ない。
預金 安全であるが、現在は「マイナス金利」と言われるほどの低金利であり、収益は非常に少ない。
保険商品 安全性は高いが、低金利の中間配当は減少傾向に。

日経平均株価は、高いときと低いときとではかなりの差があります。それに比べて、家賃相場においてはほとんど変わってないのが現状です。
都心などの大きな開発や交通が便利になるとゆるやかに上昇はしています。 安定を求める方 にはぜひ、都心部の不動産投資をおすすめします。

不動産投資が初心者におすすめな理由

近年はサラリーマンや公務員として働きながら不動産投資を始める方も増えています。 初心者の方や忙しい方にもおすすめな理由 を見ていきましょう。

専門的な知識やノウハウがなくてもできる

本業に支障をきたさず「副業」ができる

働き方改革の一環として「副業解禁」が注目されています。
サラリーマンの方でも働き方の選択肢が増えてきている一方、副業はしたいけど本業が手一杯で時間がない、という方も多いのが現状です。
不動産経営は基本的に、信頼できる不動産会社に業務を委託します。
株やFXなどのようにこまめに市場を見張る必要がなく、経営のわずらわしい手間がかからない為、忙しく働くサラリーマンでも出来る人気の副業です。
東京日商エステムで不動産投資をされているオーナー様も、半数以上が30代~40代のサラリーマンの方です。

会社員59%、公務員・資格職26%、その他15%

まとまった資金がなくてもできる

自分でリスクをコントロールできる

投資物件は自宅から遠方でもOK

不動産投資の物件選びで最も重要な事は、エリア・立地の選定です。
都心の主要エリアは需要と供給のバランスが保たれ、将来的にも物件の資産価値を保つことが出来ます。
投資物件を探すとき、必ずしもご自身の居住地近くの物件を選ぶ必要はありません。
遠方で現地を確認することが難しい場合でも、エリアのニーズや将来性など、精度の高い情報をパートナーとなる不動産会社から得た上で検討することができます。
また、物件の管理は管理会社に委託するので、実際に足を運んで何かをする必要がないため、遠方でも三大都市圏など人気エリアでの投資が可能となります。

東京日商エステムでは、全国どこでもお客様のご希望の場所で、納得いくまでご相談可能な 「不動産投資の無料個別相談サービス」 を行っています。
お客様ひとりひとりが抱えている疑問やお悩みに真剣に向き合います。不動産投資をご検討中の方は是非ご利用ください。

初心者の方の不動産投資の始め方

豊富な実績のある不動産会社に相談する

不動産投資を始めるために情報収集をしたいが、仕事が忙しい、信頼できる情報を見分けるのが難しい、という方は 不動産投資の専門家に聞くのが最も手っ取り早い方法です 。専門家であれば、疑問や不安などの相談だけではなく、最新の市場動向や自社で収集したデータなど、自分で調べただけでは手に入らない情報を教えてくれます。また、ひと口に「不動産会社」と言っても、皆一様ではありません。賃貸、売買、開発まで様々な業態があります。不動産投資について相談するのは、不動産投資に特化した会社にしましょう。
さらに言えば不動産投資に特化した会社の中でも、販売して終わりではなく、その後の管理から売却までをトータルで行っている会社をおすすめします。様々な分野での専門家が在籍しているため、幅広い知識を備えています。また、創業年数や実績数は、その分経験やノウハウが蓄積されているという目安になり、会社を選ぶ際の判断基準の一つになります。

セミナーに参加する

当社をはじめ、多くの不動産投資会社では定期的に不動産投資やマンション経営に関するセミナーを開催しています。 セミナーでは専門家から直接教わることができ、最新情報を仕入れることが可能 です。一人で勉強するのが苦手だという方も、大勢で勉強することで集中できるのでおすすめの勉強法です。

自分で情報収集をする

情報サイトや個人のブログなど、ネット上に情報は溢れています。必要な情報だけをうまく収集するのは難しいですが、時間のある方は色々読んでみて大枠をつかむのもよいでしょう。また、 投資は初心者向けから始めよう 不動産投資の本はひとつのテーマについて体系的に学びやすい のが特徴です。初心者向けから上級者向けまでありますので、最初は初心者向けの本をおすすめします。本によってそれぞれ切り口が異なりますので、自分に適したものをじっくり探しましょう。不動産投資会社から資料を請求してみるのもよいでしょう。どこの不動産会社に相談するか迷っている方は、サービス内容など比較がしやすくなります。

トモタクトピックス

日々価値が変動する外貨を売買してその差益を得る投資です。外貨の価格変動はそれほど大きくなりませんが、FX投資は手持ちの資金を担保に、その何倍もの外貨を取引できるため、少ない資金でも大きな利益がでる場合があります。しかし、思惑逆方向に動いた場合、大きな損失がでるため、投資初心者にはハイリスク・ハイリターンの投資になります。 投資は初心者向けから始めよう 何から始めるか迷った場合は、 レバレッジをあまり高くせずに米ドルに投資すると良いと思います。

暗号資産(仮想通貨)投資

何から始めるか決められない投資初心者にイチオシ

不動産小口商品

不動産クラウドファンディング

公式SNS

CF4号抽選結果メールに一部遅延が発生しております

【重要】システムメンテナンスのお知らせ

CF4号のAmazonギフトキャンペーンについて

住宅新報にTOMOTAQUが掲載されました

よく読まれている記事

100万円を効率よく増やすなら”何に”投資するのがいいの?

【初心者でもできる】100万円を200万円にするたった一つのシンプルな方法とは?

缶ジュースの値段の推移を見て資産運用をしないとマズいと思ったワタシ

〒106-0032 東京都港区六本木7-4-1 スマイリービル6F・7F
TEL:03-6384-5584 (不動産ファンド事業部) 【受付時間】
09:30-18:30(土日祝日・夏季休業・冬季休業・GW除く)

代表取締役 : 田中克尚 / 業務管理者 : 荏原盛人
不動産特定共同事業許可番号 : 東京都知事第133号
当社は、不動産特定共同事業者(第1号及び第2号)です。
また、電子取引業務を行います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる