FXの基礎知識

定量的株式取引戦略

定量的株式取引戦略
2021年9月1日

さまざまな種類の定量的取引戦略とは何ですか?

定量的取引戦略は、特定の株式の可能性を決定する要因として統計情報の信頼性を信じる投資家によって使用されます。 一部の戦略は、株式を発行し、財務報告から収集された情報に関連する企業の実際の品質に基づいています。 他の定量的取引戦略は、将来の価格変動を予測する手段として、株式自体の価格変動の傾向に基づいています。 時には、投資家は、自分が行う取引にストップロスを設定することにより、大きな損失から保護することを好みます。

投資家は、利用可能なすべての株式について豊富な情報を手元に持っています。 一部の投資家は、その情報の一部を使用して、売買の意思決定を行う際に過去の経験と組み合わせることを好みます。 他の投資家は、数字が彼らのために決定を下せるようにしたいので、写真から心理的な障害を取り除きます。 後者の投資家グループには、数字だけに焦点を当てた多数の定量的取引戦略があります。

量的取引戦略を使用する投資家は、しばしば、彼らが従うシステムの指示に基づいて株式を売買するかどうかを決定します。 これらのシステムの一部は、株式を発行する会社に基づいています。 収入報告書と貸借対照表は、そのような戦略に関連する情報のソースです。 この情報から収集された生の数値は、企業の業務のほぼすべての側面を測定する財務比率に分類できます。

対照的に、一部の投資家は、企業の詳細を無視して価格動向に従うことを選択しています。 これらの投資家はデイトレーダーであり、迅速な利益を得るために数日のうちに自分のポジションに出入りしようとするトレーダーである傾向があります。 その結果、彼らが使用する量的取引戦略は、株価の変動性に焦点を当てる可能性が高く、これは価格の変動の速さとその変動の範囲の指標です。 この方法で株を選ぶシステムは、株価が特定のレベルに達するたびに投資家に売買シグナルを送ることがよくあります。

定量的取引戦略に固有の欠点の1つは、主要な市場の変化への対応が遅くなる可能性があることです。 結果として、調整が行われる前に、いくつかの戦略がいくつかの悪い取引につながる可能性があります。 このため、投資家は彼らが行う取引にストップロスを入れたいと思うかもしれません。 ストップロスは、投資家が特定のポジションにとどまり、より多くのお金を失うリスクを冒すことに慣れていないレベルに置かれます。 これを行うことにより、潜在的に障害のある戦略に対する保護が可能になります。

定量的株式取引戦略

動画

1-2. グローバル経済・市場の見通しと投資戦略

動画

2. グローバル株式

動画

3. グローバル債券

動画

4. イノベーション投資

キャサリン・D・ウッド:
ARK Invest 創業者・CEO/CIO

※ARK Invest は日興アセットの戦略パートナーです。

動画

5. 中国株式

動画

“ARK Invest”会社紹介

動画

What is Edinburgh Style

動画

グローバル株式戦略 -この先10年優秀な運用者であり続けるために

動画

グローバル債券市場の短期見通し

Andre Severino : 定量的株式取引戦略 グローバル債券運用チーム

動画

グローバル社債市場の短期見通し

Holger Mertens : グローバル債券運用チーム

動画

新興国債券市場の短期見通し

Raphael 定量的株式取引戦略 Marechal : グローバル債券運用チーム

国内株式を収益の源泉とした戦略

  • 国内株式リサーチアクティブ戦略
  • 定量的株式取引戦略
  • 国内株式コア・アクティブ戦略
  • 国内株式ファンダメンタル・バリュー戦略
  • 国内株式グロース戦略
  • 国内株式エンハンスト・インデックス戦略
  • 国内株式イベントリスク回避型運用戦略
  • 国内高配当株式戦略
  • 国内株式ESG戦略
  • 株主還元成長株式(Jグロース)戦略
  • 国内株式キャッシュリッチ戦略
  • 日本株リバウンドシグナル戦略

グローバル株式を収益の源泉とした戦略

  • グローバル株式戦略
  • グローバル株式 FTSE-EDHEC リスク効率性インデックス戦略
  • 外国株式クオンツ戦略
  • 外国株タクティカル・スマートベータ戦略
  • アジア・環太平洋株式戦略
  • INTECH グローバル・コア株式戦略(ワールド・コクサイ)*
  • 定量的株式取引戦略
  • Ninety One グローバル株式集中投資型安定成長戦略*

収益源泉の分散(絶対リターン型)

  • 国内株式ロング/ショート戦略
  • リスク・コントロール型バランス戦略
  • ローリスク・マルチアセット戦略
  • AIディープラーニング・テクニカル運用戦略
  • 定量型マクロ戦略*

国内債券を収益の源泉とした戦略

  • 国内債券アクティブ戦略(ブロードマーケット型)

外国債券を収益の源泉とした戦略

  • 外国債券GBA戦略(為替ヘッジ有/なし)

収益源泉の分散(絶対リターン型)

  • URAP日本株ベータ・ニュートラル戦略
  • ストラテジックCB戦略
  • 国内株式マーケットニュートラル戦略
  • 国内債券超長期運用戦略(絶対収益型)
  • 国内株式キャッシュリッチ・ニュートラル戦略
  • IFMインフラエクイティ戦略*

海外金利・クレジットを収益の源泉とした戦略(オルタナティブインカム領域)

  • 国内債券アクティブ戦略(クレジット特化型)
  • 高格付先進国ソブリン債券戦略(為替ヘッジ有)
  • 高金利先進国ソブリン債券戦略(為替ヘッジなし)
  • アジアソブリン投資適格債券戦略(為替ヘッジなし)
  • アジア投資適格債券戦略(USD 為替ヘッジ有)
  • アジア現地通貨建て債券戦略(為替ヘッジなし)
  • 米国投資適格社債戦略(為替ヘッジ有)
  • Barings 米国優先担保付ローン戦略*
  • マルチクレジット戦略*
  • アジアハイイールド戦略
  • 米国投資適格地方債(円ヘッジ)戦略*
  • 欧州バンクローン戦略*
  • IFMインフラデットSub-IG戦略*
  • デンマーク・カバードボンド戦略
  • ARDEA 債券レラティブバリュー戦略*

動画ライブラリー

ARKスペシャルサイト

日興アセットマネジメントは、企業活動における二酸化炭素排出量を相殺するため、英国のカーボン・フットプリント社(Carbon Footprint Ltd.)の協力を得て、カーボンクレジットの購入を通して二酸化炭素削減プロジェクトに資金を提供することで、2018年より「カーボン・ニュートラル」の認証を得ています。

auアセットマネジメントが運用体制を大幅に強化

auアセットマネジメント株式会社は運用体制の大幅な強化のため、2021年9月1日付で【戦略運用部】を発足させましたことをお知らせします。
KDDIグループ内の資産を活用した新しい運用商品の開発など、今後は自社運用によるユニークで高品質な商品の組成・運用と機関投資家ビジネスへの業容拡大を通じ、投資家の皆さまへ貢献していきます。
当社は、従来ファンド・オブ・ファンズ(以下、「FoFs」)に特化した投資信託の組成・運用を行ってまいりましたが、個人投資家における運用ニーズの多様化、およびKDDIグループ内外における当社役割への期待の高まりを受け、外部より高度な専門能力を持つ運用部隊を迎えた大幅な体制拡充を決断しました。
お客さまの資産運用にお役立ていただけるよう今後も変革を続けていきます。

戦略運用部長 兼 定量的株式取引戦略 運用ヘッド 就任のご挨拶

東出 卓朗(ひがしで たくお)/ 博士(工学) MBA(Finance)

戦略運用部の運用手法

この度、戦略運用部長 兼 定量的株式取引戦略 運用ヘッドを拝命致しました東出と申します。
戦略運用部ではテクノロジーを積極的に活用しながら、市場参加者が意識する着眼点や相場観と、学術的な数理科学の側面を踏まえた定量的なルールを構築して運用する「クォンツ手法」に軸足を置いてまいります。

  • バックテストとは、ルールにもとづく運用手法の有効性を検証することを目的とし、過去のデータを用いて行う投資シミュレーションのこと。

幅広い投資家へ高度な運用手法をご提供

近年ではロボアドに代表される様々な投資サービスの普及により、個人にとってもテクノロジーを活用した投資が身近になりました。
しかし、個人資産に占める現預金比率の高止まりが示すとおり、現在これらの投資サービスはまだ普及が始まったばかりであり、特に運用におけるテクノロジーの活用やこれに基づく運用手法は、プロ向けと個人向けで依然として大きな差があるように思います。
コロナ禍における経済対策として各国中央銀行により供給された大規模な資金が、段階的に引き揚げられようとしているなか、投資判断が一層困難になる相場局面を迎えようとしています。かかるなか、個人資産を守るためには、より積極的なテクノロジー活用による高度な運用戦略のご提供が不可欠であると考えており、従来であれば巨額な資産を運用する一部の機関投資家のみに提供されてきた高度な運用手法を、個人も投資可能な金融商品として広くご提供することを目指してまいります。

最先端の運用手法を取り入れ、TOPクオリティの商品をご提供

お客さまの立場で考える運用会社

東出 卓朗(ひがしで たくお)

2021年9月1日

東出 卓朗(ひがしで たくお) 博士(工学) MBA(Finance)
2010年4月 メガバンク入行後、市場部門にて為替の自己勘定取引及びデスククォンツとして勤務。2015年より大手日系資産運用会社にてクォンツ並びにジャッジメンタルファンドマネージャーとして勤務した後、2021年7月にauアセットマネジメントに入社。入社後、インハウス運用体制を立ち上げ、9月1日より現職。
主要専門領域はマルチアセット、債券、為替、デリバティブ、アルゴリズム取引。ポートフォリオ最適化やダウンサイドリスクコントロールに関する様々なソリューションの提供や、相場局面等を判断するシグナル組成にも精通。
研究分野は数学(確率解析)、人工知能・機械学習。2017年人工知能学会金融情報学研究会にて優秀論文賞受賞。

新体制図

【auアセットマネジメント】

会社名 auアセットマネジメント株式会社
所在地 東京都千代田区西神田三丁目2番1号 千代田ファーストビル南館4F
代表者名 代表取締役社長 竹井 雅人
株主構成 auフィナンシャルホールディングス 66.6%
大和証券グループ本社 33.4%
事業内容 金融事業
投資運用業(関東財務局長(金商)第3062号)
確定拠出年金運営管理業(確定拠出年金運営管理機関登録番号792)
金融商品仲介業者(関東財務局長(金仲)第872号)
加入協会 一般社団法人投資信託協会

auアセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3062号 確定拠出年金運営管理機関 登録番号792
金融商品仲介業者:関東財務局長(金仲)第872号
加入協会:一般社団法人 投資信託協会

定量的株式取引戦略

PayPay投信 米国株式ボラティリティ戦略(為替ヘッジなし) PayPay投信 米国株式ボラティリティ戦略(為替ヘッジなし)

取り扱い銀行・証券会社

インターネット専業

対面販売 / インターネット販売

  • ダイレクトコース専用
  • インターネット販売のみ

米国の株価指数先物取引とVIX先物取引を活用します。

  1. 米国の株価指数を対象とする先物取引(以下、「株価指数先物取引」といいます。)と当該株価指数を対象とするボラティリティ・インデックス(VIX)先物取引(以下、「VIX先物取引」といいます。)を活用する投資信託証券への投資を通じて、収益の獲得を図ります。当該投資信託証券においては、米国の株価指数先物取引とVIX先物取引、現金(米国の短期公社債等を含みます。)の比率は定量モデルに基づき決定されます。余剰資金については、わが国の短期公社債を主要投資対象とする投資信託証券に投資を行ないます。
  2. 当ファンドにおいて、米国の株価指数先物取引とVIX先物取引を活用する投資信託証券はアイルランド籍米ドル建て外国投資証券「ABRダイナミックブレンド・エクイティ&ボラティリティファンド」、わが国の短期公社債を主要投資対象とする投資信託証券は親投資信託「国内短期債券マザーファンド」とします。なお、これらの投資信託証券は、運用実績等を勘案し、委託会社の判断により変更となる場合があります。
  3. 「ABRダイナミックブレンド・エクイティ&ボラティリティファンド」の投資割合は、原則として高位を保ちます。

外貨建資産(投資信託証券を通じて実質的に組入れる外貨建資産を含みます。)については、原則として為替ヘッジを行ないません。

  • ニューヨーク証券取引所の休業日
  • アイルランドの銀行の休業日

株式先物取引による運用に伴うリスク

VIX先物取引による運用に伴うリスク

金利変動(公社債等の価格変動)リスク

流動性リスク

信用リスク

カントリー・リスク

為替リスク

手数料について

お客様に直接ご負担していただく費用

購入時手数料 購入価額に、 2.定量的株式取引戦略 2%(税抜2.0%) を上限として販売会社が定める手数料率を乗じて得た金額とします。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
換金(解約)手数料 ありません。
信託財産留保額 ありません。

保有期間中に間接的にご負担いただく費用

当ファンドの信託報酬総額 信託財産の純資産総額に 年0.605%(税抜年0.55%) の率を乗じて得た金額とします。

投資対象とする投資信託証券 投資対象とする投資信託証券における運用管理費用等(概算)は 年1.25%程度 となります。

実質的な負担 信託報酬に投資対象とする投資信託証券の運用管理費用等(概算)を加えた 年1.855%程度(税込) となり、実際の組入状況により変動します。また、投資信託証券の変更等により今後変更となる場合があります。

FXと株の違い|メリットやデメリットを比べ、自分に合う投資商品を

投資対象は、FXと株がそれぞれ何に対して投資を行い売買する金融商品かを表します。
FXは世界各国の中央銀行が発行している通貨が対象となります。円や米ドル、ユーロや人民元など世界中の通貨が投資対象となります。一般的にFXではドル/円など通貨ペアと呼ばれる異なる2つの通貨の組み合わせ単位で投資を行います。また、投資可能な通貨や通貨ペアの数はFX会社によって異なるため事前に確認が必要です。また、自動売買や特殊な注文方法などの特色もFX会社によって異なります。
株式投資は証券取引所に上場している企業の株式が対象となります。証券取引所には数万単位の会社が上場しており、その中から投資に適した企業の銘柄を探し出し、そこに投資を行います。近年では、米国や欧州といった海外の証券取引所に上場している企業にも証券会社によっては投資を行うことができるようになったため、その選択肢は数万にものぼっています。日本で人気の投資信託は複数の企業をパッケージにしたものが主流です。

取引可能な時間

取引可能時間は、それぞれの商品を取引できる時間を表します。
FXは平日24時間取引、注文が可能です。日本の祝日でも取引を行うことができるため、投資家の生活スタイルに左右されない投資が可能です。サラリーマンの方や主婦の方でも時間と場所を選ばずに投資が可能となるため、投資に時間を縛られず自由な投資スタイルを構築することができます。
株式投資は、平日9:00から11:30までと12:30から15:00までが取引可能な時間です。日本の祝日には取引を行うことができません。FXに比べて時間的な制約が大きいことは事実ですが、その分集中する時間が限定され、専業投資家の方は値動きを常に追えるという利点があります。株式先物など別の金融商品を織り交ぜることで取引できる時間は延びますが、24時間取引可能なFXに比べると、株式投資は取引できる時間が限られています。

インカムゲイン

レバレッジ

レバレッジとは投資を行う際に手元の資金(証拠金)の何倍の金額を取引できるかということです。投資を行うにあたって軽視されがちですが、資金効率に大きく関わってくるので意識すべき点です。
FXは最大25倍までレバレッジをかけることができます。つまり、手元に10万円を用意すれば250万円分の取引が可能になるということです。もちろん発生する差損益も25倍となるため非常に資金効率の良い取引を行うことができるのです。ただ、FX会社が設定するレバレッジは最大値となります。そのため自身が取引を行う際には取引スタイルに合った適切なレバレッジ(実効レバレッジ)を選択することが重要になります。一般的に初めてFXを取引する方は、実効レバレッジ3倍程度で取引すると良いと言われています。
株式投資は現物株の場合は1倍、信用取引なら最大約3.3倍のレバレッジをかけることができます。低レバレッジですので、資金効率はFXに比べ良いとは言えませんが堅実な取引を行うには最適でしょう。

取引に必要な最低資金の目安

投資を始めるときに必要な最低資金の目安というのは、取引する金融商品によって大きく異なります。 定量的株式取引戦略
FXは数千円から始めることができます。先程説明したレバレッジのかけ方によって必要となる資金を調整することができるため、投資戦略の選択肢は非常に幅広くなります。
株式投資は数万円~数百万円の資金が必要となります。レバレッジを大きくかけられない上に、1000株や100株を1単元とした単元株と呼ばれるシステムが必要資金を大きくしています。株主になるということは企業の経営に参加するということでもあるため、必要資金も非常に大きなものとなっています。

値動きの違い

FXと株式投資には値動きについても違いがあります。
FXには原則的に値幅制限はありませんが、1日1%前後の値動きにとどまることが多く、何かビッグイベントがあったとしてもその値動きは3-4%程度にとどまります。年間で見ると最大30%が限界でしょう。理由として通貨は国の経済状況を表していることもあり、あまりに大きな動きには各国中央銀行や政府が介入を行って自国通貨を安定させようと動くからです。また、多種多様な目的を持った取引参加者が大勢いるため理性的な値動きに留まりがちです。
株式投資には値幅制限があります。しかしFXに比べてはるかに大きく動くのがその特徴です。株価が1年で10倍となる銘柄(テンバガー)も一定数で存在しており、1年で100倍となる銘柄も存在しました。反対に、投資した会社が倒産すれば株価は0円となるリスクがあります。このように株式投資はFXに比べて値幅が大きく、損失が発生するスピードもFXに比べて速い点には留意が必要です。

主な変動要因

金融商品の値段が変動する際には必ず何らかの要因があります。FXと株式では変動要因も大きく異なります。
FXは取引する通貨の国の金融政策や経済状況(ファンダメンタルズ)が主な値段の変動要因となります。各国が発表する政策金利やGDP、また要人の発言でも相場は大きく動きます。多くのFX企業ではこれらをほぼリアルタイムで配信する機能があるのでうまく活用したいです。
株式投資は投資先の企業の業績が主な値段の変動要因となります。決算のみならず新規事業開始のお知らせや業務提携や合併などのIRも値段に影響を与えます。発表を受けてその企業の価値がどう変化していくかということを常に織り込んでいくのです。また、グローバルに事業を展開している企業だとFX同様に海外の経済や為替動向にも株価は左右されるため収集すべき情報は非常に多いでしょう。

FXと株のメリット・デメリット

FXのメリット・デメリット

・メリット
①手持ちの資金が少なくてもレバレッジにより大きな金額の取引が可能
株式投資に比べてはるかに大きなレバレッジを掛けることができます。レバレッジにより、FXでは少ない資金からでも大きな金額を取引することができるので、非常に資金効率のいい取引スタイルを選択することが可能です。
②売り・買い両方に収益のチャンスがある
FXでは買いはもちろん売りからでも取引を開始することができるため、下落局面においても収益チャンスがあります。
③高金利の通貨の場合は、スワップポイントが得られる
高金利通貨を買った場合は毎日スワップポイントとして一定のインカムゲインを得ることができます。 定量的株式取引戦略
④取引コストが安い
FXは基本的に取引手数料0円で取引することができ、買いと売りの値段の差であるスプレッドが発生するのみとなっています。
⑤平日の取引時間が長く、利便性が高い
平日はほぼ1日中取引を行うことができるため、会社員や主婦、専業トレーダー全員の取引時間に関するニーズを満たすことができます。

・デメリット
①レバレッジには副作用がある
非常に大きなレバレッジを掛けて高い資金効率で取引を行うことのできるFXですが、利益のみならず損失にもレバレッジがかかってしまうことに注意したいです。
②見通しが外れると、大きな損失が出るおそれがある
これは株式も同様ですが、自身の見通しが外れた場合は損失が発生する可能性があることも留意したいです。

株のメリット・デメリット

・メリット
①株主優待がもらえる
配当金とは別に、投資した企業から株主優待と呼ばれる商品券や贈呈品が送られてくることがあります。
②値動きが大きいため一攫千金を狙える
FXに比べて大きな値動きを見せるため1年で10倍や100倍といった株価の変動にうまく乗って一攫千金を狙うことができます。
③銘柄数が多いため投資対象となる選択肢が多い
数千企業の中から自分にあった企業を探すのも株式投資の醍醐味とも言えます。

・デメリット
①初期費用の高さ
FXに比べて非常に大きな資金が必要となるため始めるにあたってのハードルは非常に高いです。
②銘柄によっては流動性リスクが高い
取引者数の少ない銘柄では流動性が低いため、売りたい時に買い手がつかず株を手放せないことが日常的に発生してしまいます。
③銘柄数が多いため投資対象となる選択肢が多い
これはメリットにも記載しましたが、デメリットともなります。銘柄のスクリーニングは初心者にとっては非常に困難で、ブログや人伝の情報に頼ってしまいがちです。

FXと株のどちらが投資初心者におすすめ?

FXと株、どちらもしっかりと勉強してから始めよう

タイプ別FX運用スタイル徹底比較

  • 【初心者】王道の通貨ペアでFXデビュー
  • 【初心者】スマホ1台!人気通貨で中長期投資
  • 【中級者】シストレも取り入れ高金利通貨を安定運用
  • 【中級者】貯金代わりに レバレッジを抑えて高金利通貨のスワップで資産形成
  • 【上級者】積極的な資金運用で中長期取引
  • 【上級者】ドル/円と高金利通貨を短中期で運用

FXがはじめての方

FXをもっと知る

定量的株式取引戦略

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。 定量的株式取引戦略
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 定量的株式取引戦略 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる