オプションFXとは

ビットコイン先物市場での取引を学ぶ

ビットコイン先物市場での取引を学ぶ
引用元:Trading View提供のチャート

初心者向け仮想通貨取引完全ガイド

仮想通貨 の場合、ファンダメンタル分析には、オンチェーン・メトリクス と呼ばれるパブリック・ブロックチェーンのデータを扱うデータサイエンスの分野が含まれることもあります。これらのメトリクスには、ネットワーク・ハッシュレート、トップホルダー、アドレス、トランザクションの分析などが含まれます。パブリック・ブロックチェーンの豊富なデータを利用して、アナリストはネットワークの全体的な健全性や特定の側面を分析する複雑なテクニカル・インジケーター を作成することができます。

ファンダメンタル分析は株式市場や FX では広く使われていますが、現状の仮想通貨にはあまり適していません。このアセットクラスは非常に新しく、市場評価を決定するための標準化された包括的なフレームワークが存在しません。さらに、市場の多くは 投機 や当事者の経験によって動いています。そのため、基本的な要因が 仮想通貨 の価格に与える影響は、一般的にはごくわずかです。しかし、市場が成熟すれば、より正確な仮想資産の評価方法が開発されるかもしれません。

テクニカル分析とは?

とはいえ、テクニカル分析は、将来の値動きの確率を予測するためだけのツールではありません。つまり、リスクマネジメント の枠組みとしても有効です。テクニカル分析は、市場構造を分析するためのモデルを提供しているため、トレードマネジメントをより明確に ビットコイン先物市場での取引を学ぶ 測定可能 にします。そういった意味で、リスクを測定することは、リスクマネジメントをするための最初のステップといえます。そのため、テクニカル・アナリストの中には、厳密にはトレーダーとはいえない人もいます。彼らは、テクニカル分析を純粋にリスクマネジメントのためのフレームワークとして使用することがあります。

ファンダメンタル分析 vs テクニカル分析 - ビットコイン先物市場での取引を学ぶ どちらが良いのでしょうか?

金融市場を動かしているものは何でしょうか?

先に述べたように、経済状況などの ファンダメンタル 要因も考えられます。さらに、仮想通貨の 時価総額 のような技術的な要因も考えられます。また、市場状況 や最近のニュースなど、他の要因を考慮する必要があるかもしれません。

マーケットトレンドとは?

マーケットトレンドの特徴は、後から見たときに絶対的な確信を持って判断することができることです。あるイベントが発生する前に、そのイベントを正確に予測していたと自分に言い聞かせる傾向があることを意味する 後知恵バイアス という概念をご存知でしょうか。ご想像のとおり、後知恵バイアスは、マーケットトレンドを見極め、取引の判断を下すプロセスに大きな影響を与えます。

マーケットサイクルとは?

第2章–金融市場とトレード戦略

コンテンツ

金融コモディティとは?

現物市場とは?

現物市場とは、金融コモディティを ”直渡し” と呼ばれる形で取引する市場です。ここでいう ”直渡し” とは、金融コモディティを現金と交換することを意味します。これは不要な区別のように思えるかもしれませんが、市場によっては即座に現金で決済されないものもあります。例えば、先物 市場の話をすると、資産は後日(先物契約の満期時)に引き渡されます。

では、これは仮想通貨市場の文脈ではどのような意味を持つのでしょうか?バイナンスの現物市場では、どんなことができるのでしょうか?お互いにコインを交換することができます。つまり、BNBをBUSDに交換したい場合は、BNB/BUSD の現物市場に行ってみてください!同じように、BNBを BTC に交換したい場合は、BNB/BTC の現物市場に行くことになります。注文が完了すると、あなたのコインは即座に交換されます。これは、仮想通貨を取引する最も簡単な方法の一つです。

マージン取引とは?

マージン取引とは、第三者から借りた資金を使用して取引を行う方法です。マージン取引は、結果を増幅させることになります – 上げても下げても、結果が増幅されます。マージン取引アカウントがあれば、トレーダーはより多くの資金を利用することができ、カウンターパーティリスクをある程度排除することができます。それはなぜでしょうか?それは、トレーダーは同じ ポジションサイズ で取引しても、仮想通貨 取引所 に置いておく資金が少なくて済むためです。

マージン取引というと、証拠金レバレッジ という言葉をよく耳にします。証拠金とは、お客様がコミットする(つまり自身のポケットから出す)資本額のことです。レバレッジとは、マージンを増幅させる量のことです。つまり、2倍のレバレッジを使用すると、証拠金の2倍のポジションを開くことになります。4倍のレバレッジを使用した場合、マージンの4倍の金額のポジションを開くことができます。

デリバティブ市場とは?

ある推計によると、デリバティブ市場は世界で最も大きな市場の一つです。それはなぜでしょうか?デリバティブは、ほとんどすべての金融商品に存在します – つまり、デリバディブ自体にもそれは存在しており、デリバティブからデリバティブを作成することができます。そして、その デリバティブからさらなるデリバティブが作られたりしています。これは、今にも崩れそうなカードの家のように聞こえるでしょうか?しかし、それはあながち間違いではないかもしれません。2008年の金融危機 では、デリバティブ市場が大きな影響を及ぼしたという意見があります。

ビットコイン/仮想通貨投資の始め方を徹底解説|始める手順を初心者にもわかりやすく解説

仮想通貨の始め方

引用元:Trading View提供のチャート

このように、世界中の関心が高まり市場として現在も大きく伸びているので、非常に将来の市場も大きく期待できるというわけですね。

ブロックチェーンに対する理解を深めることができる

ブロックチェーン

  • 分散型台帳で監視を行い、取引を管理する仕組みでセキュリティが非常に高い
  • データ改ざんが事実上不可能と言われており、で安全性が高い仕組み

このブロックチェーンを使った「スマートコントラクト(契約の自動化)」は不動産の賃貸契約で利用されているだけでなく、世界の大手銀行でもブロックチェーンを活用したコスト削減を進められています。

少額から投資を始めることができる

1BTCの価格が350万(2021年1月)ビットコイン先物市場での取引を学ぶ と出ているため、初心者が手が出しにくいと思っている人も多いと思いますが、 ビットコイン投資は少額から始めることができます。

大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)なら0.001BTCから購入可能

仮想通貨投資は現在において注目されている投資分野 ですので、まだ始めていない方は今日から始めてみてください。

\ 1円から投資可能!/

ビットコインが無料で貰える仮想通貨の始め方

先ほどまでは仮想通貨投資を始めるために最適な取引所を紹介していましたが、ここでは無料でビットコインを貰える方法について紹介します。

リスクをかけずに仮想通貨投資を始める方法になりますので是非参考にしてください。

その方法とは ビットコインが貰えるポイントサイト「ビッコレ」を活用すること です。

ビッコレ

ビッコレでは他のポイントサイトとは違い買い物や広告案件によって手に入れた報酬を全てビットコインで支払われます。

そのため、 誰でも無料でビットコインを稼ぐことができる方法 なのです。

現在では登録だけで100円分のビットコインを無料で獲得することができますよ。

\ 無料で100円分のBTCもらえる!/

ビットコイン(BTC)/仮想通貨に関するよくある質問(Q&A)

初心者が仮想通貨投資を始めるのは危険ではないのですか?

本人確認を厳重に行っているからこそ、なりすまし等によるリスクを防いでいます。

また、以前はセキュリティが脆弱でハッキングという被害が多かった印象がありますが、 現在は多くの取引所で強固なセキュリティを実施しているので安全 です。

自分が保有している仮想通貨はコールドウォレットと言われるオフライン上に保管されるので、インターネット上の第三者からアクセスされる心配はありません。

いくらから仮想通貨投資を始めることができますか?

1BTCの価格が300万円以上で取引されていると聞くと、そんな大金出せないと思うかもしれませんが、 ビットコインは0.0001BTCなどのように指定できるため、少額でも購入できます。

仮想通貨投資は500円〜1000円で始められる

スマホからでも仮想通貨を始められますか?

特にbitFlyerや コインチェック はアプリの使いやすさに定評がありますので、まずは試してみるといいでしょう。

仮想通貨を始めるために必要なものは何ですか?

ビットコインの購入に手数料がかかりますか?

ビットコインの購入に手数料がかからないことが多いですが、 販売所の場合、スプレッドに差があるため、取引所で購入するよりも割高になってしまいます。

ビットコインや仮想通貨の手数料を確認頂けると、詳しいスプレッドの仕組みや手数料について理解することができます。

ビットコイン(BTC)/仮想通貨投資の始め方まとめ

bitFLyer toppage

ビットコインや仮想通貨投資は数百円から取引ができるため、普通の株取引よりもハードルが低く、初心者の方でも始めやすいです。

しかし、価格変動が大きく、あまり大きな額から初めてしまうと、大損してしまう可能性がありますので、 まずは少額から取引を始めることをおすすめ します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる