外国為替市場

ボリンジャーバンドとは何ですか

ボリンジャーバンドとは何ですか
ボリンジャーバンドの 下弦 を 下値支持線 ・ 上弦 を 上値抵抗線 と考え、
ビットコイン価格が下値支持線(下弦)にきた時に買いポイント、上値抵抗線(上弦)にきた時に売りポイントとみる判断方法 です。

ボリンジャーバンド (BB)

ボリンジャーバンド (BB)は、幅広く知られているテクニカル分析ツールで、1980年代初頭にジョン・ボリンジャーによって開発されました。ボリンジャーバンドは銘柄の価格に関連して描画される3本のラインのバンドで構成されています。通常ミドルラインは20期間に設定された単純移動平均線 (SMA) です(トレンドラインの種類や期間はトレーダーによって変更されますが、20期間移動平均が通常一般的です)。そしてミドルラインのSMAはアッパーバンドとロワーバンドのベースとして機能します。 ボリンジャーバンドとは何ですか アッパーバンドとロワーバンドは、バンドと価格の関係性を観察することでボラティリティを測る手法として用いられます。通常アッパーバンドとロワーバンドは、SMA(ミドルライン)から2標準偏差離れた位置に設定されますが、標準偏差の設定はトレーダーにより調整可能となっています。

歴史

ボリンジャーバンド (BB) は1980年代初頭に金融トレーダーであり、アナリストであり、教育家であるジョン・ボリンジャーによって開発されました。ボリンジャーバンドの開発当時、ボラティリティは静的なものとして見られていましたが、ボリンジャーバンドは、ボラティリティの変化を(もちろん動的に)視覚化するニーズを満たしました。

計算

基礎

着目点

高値/安値価格

エクスパンションとスクイーズのサイクル

プライスアクションの確認

  • ボリンジャーバンドは非常に重要な指標(ボラティリティの変化)を表示できる為、高度なテクニカル分析を実行するために他の指標と組み合わせて使用されることがよくあります。 この良い例には(オシレーター的な)ボリンジャーバンドで(オレレーター的ではない)トレンドラインを使用するケースが挙げられます。以下の例で示すように2つの異なるタイプのインジケーターで確認することで、価格が予測通りに動いているという確信レベルを強化できます。
  • もう1つの良い例は、ボリンジャーバンドを使用して、ダブルボトムなどの古典的なチャートパターンを確認することです。ボリンジャーはしばしばボリンジャーバンドを使用して、アーサー・メリルによって分類された古典的なチャートパターンであるダブルボトムの存在を確認しました。
  1. ボリンジャーバンドのロワーバンドをブレイクする可能性がある(しかし常にではありません)下降のリアクションが形成され、少なくともロワーバンド近くまで安値を形成する動きが見られます。
  2. 価格がSMA(ミドルバンド)付近に戻ります。
  3. 価格の再下落が発生し、条件1で形成された最初の安値を更新してより低い位置の新安値を形成します。しかしながらこの2度目の新安値形成ではロワーバンドをブレイクには至りません。
  4. 価格が強い動きでミドルバンドへ戻ります。条件2の下落によって形成された上値抵抗線を突破するとブレイクアウトの可能性があります。

バンドウォーク

強い上昇トレンドの間、価格がアッパーバンドにタッチしたり突破したりする動きが繰り返される場合があります。これは売りシグナルではなく、上昇の動きが全体的に強い事を示しています。

同様に強い下降トレンドの間、価格がロワーバンドにタッチしたり突破したりする動きが繰り返される場合があります。これは買いシグナルではなく、下降の動きが全体的に強い事を示しています。

ボリンジャーバンドの見方を理解し、値動きを見極めよう!

money

ボリンジャーバンド1

ボリンジャーバンドの参考図

ボリンジャーバンド2

それでは、ボリンジャーバンドの見方について触れていきましょう。

上図を用いて、ボリンジャーバンドが表示する線のそれぞれ名前と意味をご説明します。

先ずは、中心の線が移動平均線になります。
この線を中心にバンドが 収縮 や 拡大 をして行きます。

次に-3から+3までの線をσ(シグマ)と言います。
標準偏差を表しており、この線が重要な線になります。

シグマは移動平均線から
1番近い上下線(+、-1σ)の間でレートが動く確率)= 約68.3%
2番目の上下線(+、-2σ)の間でレートが動く確率 = 約95.5%
3番目の上下線の間(+、-3σ)でレートが動く確率 = 約99.7%

ボリンジャーバンド3

ボリンジャーバンドの見方をもう少し詳しくみていきましょう。

上図を参考にしながらご説明します。

なお、ファンダメンタルズ等で非常に大きなトレンドの波(急騰や暴落)
が起こった場合は 値動きが早すぎてまともに機能しない事もあります ので、
その点は注意が必要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる