FX動画

チャート初心者必見

チャート初心者必見

GMOコインはメインの取引所におすすめです!

【初心者必見】GMOコインチャートの見方から設定方法までやさしく解説

コインチェックのバナー

GMOコイン


GMOコインはメインの取引所におすすめです!

GMOコイン詳細
運営形態 国内販売/取引所・仮想通貨FX
手数料 0%
セキュリティー 資産の分別管理,
コールドウォレット使用,チャート初心者必見 マルチシグ対応,
2段階認証,定期的なセキュリティテストなど
取り扱い通貨 5種類
レバレッジ 5倍・10倍
スマホ対応 アプリあり(iOS,Android)

東証一部上場企業の「GMOグループ」が運営しているため、セキュリティは万全です。

また、手数料が他の取引所に比べて圧倒的に安く、取引手数料や入金・出金手数料がなんと無料。

さらに、スマホアプリが初心者でも使いやすいと評判です。

\メインの取引所として最適 !/

GMOコインのチャートは見にくい?口コミを調査


GMOコインのチャートは見やすい・使いやすいのでしょうか?

すると、GMOコインのチャートは「見やすい・使いやすい」という声を多数確認。

このように、仮想通貨で影響力のある方々が評価しているので、見やすさ・使いやすさに間違いはないでしょう。

\メインの取引所として最適 !/

GMOコインの「取引所」チャートの見方と設定方法

「取引所」では取引所に登録しているユーザーの間で仮想通貨の取引を行います。

取引の形態は 現物 と レバレッジ の2種類。

GMOコインの「販売所」チャートの見方と設定方法

「販売所」ではユーザーと仮想通貨取引所の間で仮想通貨の取引を行います。

取引の形態は 現物 と 仮想通貨FX の2種類。

取り扱い通貨は BTC,ETH,BCH,LTC,XRP の5種類となります。

GMOコインのテクニカル分析で使う指標について解説

①移動平均線

③ストキャスティクス

赤い移動平均線が緑の移動平均線に交わり上にきたら ”買いシグナル” 、赤い移動平均線が緑の移動平均線に交わり下にきたら ”売りシグナル” です。

⑤ボリンジャーバンド

⑥パラボリックSAR

緑色の点線が上がりきって青の点線に変わるところが ”売りシグナル” 、青い点線が下がりきって緑の点線に変わるところが ”買いシグナル” になります。

チャート分析するなら知っておきたいチャートパターンの見方とおすすめアプリ・ソフト大全

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が中長期移動平均線を下から上に交錯して抜くことを言います。ゴールデンクロスがあらわれると、株価は上昇傾向を迎えたと判断することができます。

一方、デッドクロスとは、短期の移動平均線が中長期移動平均線を上から下に交錯して抜くことを言います。デッドクロスが表れると、株価は下落傾向を迎えたと判断することができます。

チャート分析の見方・ダブルトップ

ダブルトップの売買サインは2つの高値をつけた後に、その間にできた安値を下回った地点が売りサインとなります。

チャート分析の見方・パラボリック

パラボリック(Parabolic SaR)は、SAR(Stop And Reverse)という2本の放物線状の線を用いて売買シグナルを見る、トレンド追随型のチャート分析手法です。

通常、ローソク足がパラボリックの上にある場合は「上げ相場」を示し、一方で下にある場合は「下げ相場」を示します。上昇相場でローソク足がパラボリックを下抜けから「売りサイン」、下降相場でローソク足がパラボリックを上抜けたら「買いサイン」です。

チャート分析の見方・RSI

RSI(Relative Strength Index)は、日本語で「相対力指数」と呼ばれ、一定期間における値動きの強弱を数値で表した分析手法です。直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを計測します。

通常、RSIが70%(80%)以上であれば相場は買われすぎ、逆にRSIが30%(20%)以下であれば相場は売られ過ぎであると判断されます。

チャート分析の勉強法

上では、様々なチャート分析手法とその見方について簡単に説明してきました。しかし、チャート分析はただ読めるようになるだけではなく、仕組みを理解して使いこなせるようにしなければなりません。以下では、チャート分析におすすめの本について紹介していきます。

初心者必見|おすすめのチャート分析インジケーターを3つ紹介!【厳選】

仮想通貨トレード

インジケーターとは?

インジケーターとは「価格の変化に対して特定の計算式などを当てはめることで売買の助けとして活用する指標」のことを言います。

そこで インジケーターというフィルターを通してチャートを覗くことによって、値動きに影響してくる要因を客観的に捉えることができる チャート初心者必見 のです。

おすすめインジケーター①移動平均線

まず最初にご紹介するインジケーターは「移動平均線」です。

移動平均線とは 「価格推移を平均化した線」 のことを言います。

そこで価格の推移を平均化することによって、客観的に値動きをとらえる事が出来るようになるのです。

移動平均線の詳しい説明はこちら!

おすすめインジケーター②ボリンジャーバンド

続いてのおすすめインジケーターは「ボリンジャーバンド」です。

ボリンジャーバンドは現在の相場が買われすぎているのか、売られすぎているのかを教えてくれるインジケーターです。

ボリンジャーバンドは レンジ相場(一定の価格幅の中で上昇と下落を繰り返す相場)において非常に威力を発揮します。

ボリンジャーバンドの詳しい説明はこちら!

おすすめインジケーター③RSI

最後のおすすめインジケーターは「RSI」です。

ボリンジャーバンドとの違いは、 現在の相場の過熱度合いを数値的に表してくれる ことです。

なのでボリンジャーバンドと組み合わせて使えば、より精度の高い取引が可能になります。

RSIの詳しい説明はこちら!

RSI(Relative Strength Index)とは、チャートの「買われすぎ」「売られすぎ」を示すテクニカル指標。オシレーター系(逆張り系)の指標でもっとも有名なRSIとは何なのかや、その使い方について解説します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる